育毛剤で女性ホルモンを補給できる?詳しく解説

育毛剤による女性ホルモンの補給は可能?

育毛剤による女性ホルモンの改善は可能!?

女性特有の薄毛には、FAGA、産後脱毛症などが挙げられます。

それらの薄毛の原因としては、ホルモンバランスの乱れによる女性ホルモンの減少が挙げられます。

特に産後や更年期になると女性ホルモンは急激に減少してしまいます。

すると、どうしても抜け毛が増えやすくなるので、どうにかして女性ホルモンを補給したいところですよね。

本来、頭皮環境の改善のために使用する育毛剤ですが、女性ホルモン配合の育毛剤で体内の女性ホルモンを補うことはできるのでしょうか?

以下で説明していきたいと思います。

【本題】女性ホルモン配合の育毛剤はない

女性ホルモンが減少することで、薄毛が引き起こされてしまう可能性は高くなっています。

そこで、女性ホルモンを補うことができれば、薄毛を改善できるのでは?との答えにたどりつきますよね。

しかし、女性ホルモンに似た働きをする成分は存在していますが、女性ホルモンそのものを配合した育毛剤は存在しません

また育毛剤に限らず、女性ホルモンを摂取することは難しくなっています。

もし、そうしても女性ホルモンを体内に摂取したい場合は、ホルモン注射などが必要になっています。

女性ホルモン配合の育毛剤が無い理由

薄毛の多くは、女性ホルモンの減少が原因である可能性が高くなっています。

薄毛の原因がある程度わかっているのですから、女性ホルモンを摂取すれば簡単に改善できると想像ができますよね。

答えはわかっているのに、なぜ女性ホルモンが配合されている育毛剤が無いのでしょうか?

以下では、育毛剤に女性ホルモン配合がされない理由について解説していきます。

技術的に配合できない

技術的に配合できない

現在、女性ホルモンに関して、多くの点が解明されていないといえます。

そのため、女性ホルモンを構成している成分と、全く同じ物質を作り出すことが技術的に不可能になっています。

作り出すことができないので、育毛剤に配合する段階にまできていないのが現状といえます。

このように技術的な理由が、育毛剤にホルモンが配合されない要因になっています。

女性ホルモンをバルジ領域まで送ることができない

女性ホルモンをバルジ領域まで送ることができない

バルジ領域は2000年に発見された新しい部位、毛根の少し浅い部分に存在しています。

このバルジ領域には、毛包幹細胞と色素幹細胞と呼ばれる2つの細胞があります。

これらの細胞が分裂して、種々の器官に運ばれることにより毛母細胞や色素細胞になります。

このバルジ領域を刺激してどんどん毛母細胞を作り出すことによって、髪の毛が成長していくことになるのです。

そのため、バルジ領域が活性化されないことには髪の毛は上手く育ちません。

そこまでは分かっていないるのですが、バルジ領域に確実に送る成分は開発されていないのです。

頭皮から女性ホルモンを注入したとしても、髪の毛の成長に関わることができるのかは不確定要素になっているのが現状です。

育毛剤に女性ホルモンが配合されるのは、ちょっと未来の話になるかもしれません。

逆にホルモンバランスが崩れる可能性がある

逆にホルモンバランスが崩れる可能性がある

女性ホルモンを外部から補給すると、かえってホルモンバランスを崩してしまうことが想定されます。

身体の中では常に絶妙なバランスでホルモンは調整し合っています。

それが崩れたからといってそのままではなく、体内ではそれを修正しようと絶えず調整するよう働いています。

そこに女性ホルモンを強制的に注入してしまうと、その均衡が崩れてしまいます。

すると、体内で分泌する女性ホルモン量は十分だと勘違いをして、かえって減少させてしまう可能性があります。

そうすると、結局ホルモンバランスの崩れが長引いてしまう結果になりかねません。

女性ホルモンによる脱毛の対処法

女性ホルモンの減少が薄毛につながっていることはわかりましたね。

また、女性ホルモンを外部から摂取することは難しいこともおわかりいただけたかと思います。

かといって、なにも対策を行わないと症状は進行してしまう可能性が大きくなります。

そこで、ここでは育毛剤以外で、どのような薄毛改善の方法があるのかご紹介していきたいと思います。

適度な運動をする

運動習慣がない人は、血行不良によってホルモンバランスが乱れている可能性があります。

血液は酸素や赤血球といった物質だけではなく、各器官に必要な栄養素も一緒に運搬しています。

その運搬されてきた栄養素を吸収して、細胞の分裂や代謝を活性化させて健康を保ちます。

そのため、血流が悪くなると細胞の働きも低下し、ホルモンを分泌させる指令をだす組織も上手く機能しなくなるのです。

結果として、髪の毛がやせ細り抜けやすくなってしまいます。

そこでオススメなのが、適度な運動です。

それも体に大きな負担をかける運動ではなく、ウオーキングや簡単な体操などで十分です。

血流が良くなり、ホルモンバランスが整う効果が期待できますよ。

毎日継続して行える運動を生活の中に取り入れて行っていきましょう。

生活リズムを整える

規則正しく生活はホルモンバランスの安定にも繋がり、健康でいられる秘訣になります。

規則正しいリズムで生活を送ることによって体内環境が安定し、薄毛改善にも非常に有効的だと言えます。

生活リズムを整えるためには、起床時間、就寝時間を、ある程度決めましょう。

また、食事の時間を一定にすることで、最小限の消化機能で済みますので、ホルモン分泌に悪影響を及ぼすことは少なくなります。

また食事の場合も高脂質のものばかり摂取している方は注意が必要です。

皮脂が過剰に分泌されて、頭皮トラブルの原因にもなってしまいます。

また、生活リズムが整っている状態で育毛剤を使用すると、よりよい効果を期待できます。

ストレスを発散する

ストレスが溜まると、女性ホルモンへの影響が大きくなるといえます

脳がストレスを受けると、ホルモンを分泌する為の指示が正常に行えなくなります。

正常な指示がないと、ホルモン分泌も正常に行われなくなり、女性ホルモンの減少に繋がります。

女性ホルモンの減少が起こると、女性ホルモンの一種「エストロゲン」も同様に減少します。

女性らしい身体を作るのに必須のホルモンであり、髪の毛の成長にも関与しています。

エストロゲンの減少により、髪の毛への成長が上手くいかず、結果、抜け毛が増えてしまうのです。

女性ホルモンの減少を防ぐためには、ストレスを溜めないことが必須です。

難しいことではありますが、上手にストレスを発散することが、抜け毛への予防にもなります。

女性ホルモンの分泌を促す成分を摂取する

女性ホルモンを外部から補給することはそれ相応のリスクを伴ってしまいますよね。

そこで、女性ホルモンの分泌を促す成分を摂取することを心がけるようにしましょう。

一つ有名な成分としては「イソフラボン」があります。

その中でも大豆イソフラボンは大豆製品に含まれている成分で、手軽に摂取しやすい薄毛対策法として用いられることが多いです。

この大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと類似の働きを示します。

摂取することによって女性ホルモンの分泌を助け、ホルモンバランスに干渉せず髪の毛の成長や健康を保つ補助をしてくれます。

他にもビタミンEにはホルモンが分泌される脳下垂体や卵巣に働き、分泌量をコントロールして整えてくれる効果があります。

また、ホルモン分泌の調整だけではなく抗酸化作用もあります。

細胞が酸化して機能が衰えている部分の活性酸素を除去して、働きを活性化させる役割も担っています。

それから、キャベツにも女性ホルモンを活性化させる成分が含まれており、ボロンと呼ばれる成分です。

ボロンはホウ素と呼ばれる成分で熱に弱いため、できるだけ生で新鮮なキャベツをサラダにして食べるのが良いでしょう。

サプリメントを摂取する

サプリメントの摂取で、女性ホルモンの分泌を促すことが可能です。

注意すべき点は、サプリメントで女性ホルモンを直接増やすことは不可能なところです。

あくまでも、女性ホルモンの分泌を促す成分や、似た効果を発揮する物を摂取することになります。

有名な「イソフラボン」は、先ほどご説明した「エストロゲン」と似た働きをすると言われています。

また、滋養強壮のイメージが強い「マカ」は女性ホルモンの乱れを改善する作用があると言います。

薄毛の原因を突き止めるのは大変ですが、必要な栄養を摂取できるサプリメントの力は大きいかもしれません。

ちなみに、サプリメントでも副作用が起こる可能性はあるので注意が必要です。

そこで、ここではAGA通信おすすめの、サプリメントをご紹介したいと思います。

育毛剤、生活習慣の改善を同時に行えば、大きな効果が期待できるかもしれません。

マイナチュレサプリ

まず最初にご紹介するのは、女性専用育毛剤のマイナチュレサプリです。

このマイナチュレシリーズから、育毛効果を期待できるサプリメントが2種類発売されています。

サプリメント オールインワン」と「サプリメント シナジー」です。

「オールインワン」は育毛だけではなく、健康面、美容面などにも良い影響を期待できます。

代わって「シナジー」の方は、育毛に特化したサプリメントです。

このサプリメント1つで、髪の毛を元気にする大切な要素に効果を発揮すると説明されています。

マイナチュレといえば「無添加」ですが、この2種類のサプリメントも無添加です。

体への負担が気になる方には嬉しいですよね。

摂取をお考えであれば、薄毛の進行状態や、気にしている問題を考慮し、選択してみてください。

一度公式HPをご覧になってみてきださいね。

公式サイト

BOSTONレディース

グロースプロジェクトから発売されている育毛サプリメントの女性専用版が、BOSTONレディースです。

日本肌再生医学会に認定されている、女性専用ハリケアサプリメントです。

28種類の厳選された成分に、先ほどご紹介した「イソフラボン」や「プラセンタ」「プエラリア」などが含まれています。

この3種類の成分は、女性ホルモンの分泌を促すのに、大きな効果を期待することができます。

また、28種類の成分の中には「冷え」の改善効果がある成分も含まれています。

冷えによる血流不足は、頭皮にも影響を及ぼし、薄毛の進行に拍車をかけます。

若くして薄毛の悩みを持つ女性からも多く支持されているようで、シリーズ累計販売数は40万本を超えています。

公式サイト

フェルサ

全国1000店舗以上の美容サロンで取り扱われているのが、フェルサ

髪の毛を育てることに重点を置いているサプリメントです。

育毛に効果を発揮すると言われる「ノコギリヤシ」や亜鉛などを含む「ミレットエキス」が含まれています。

まさに髪の毛を強く育てる為のサプリメントという感じです。

赤みや、痒みの改善など、頭皮環境の改善にも効果があるようです。

また、サイトを閲覧すると男性専用に見えますが、女性でも使用できるのが嬉しいですよね。

毎月先着300人限定で、1本分の価格で2本購入できるサービスが行われています。

使用を検討される方はお早目の購入をお勧めいたします。

公式サイト

育毛剤で薄毛を改善!

女性ホルモンの乱れによる薄毛改善には、生活習慣の改善が有効であることは説明いたしました。

また、生活習慣の改善とともにサプリメントを使用することもご紹介してきました。

しかし、薄毛改善の対策として最もポピュラーなものは育毛剤の使用ではないでしょうか?

育毛剤には女性ホルモンそのものは配合されていませんが、似たような働きをする成分が配合されています。

それらを含んだ女性用育毛剤を使用することで、安全に減少した女性ホルモンを補うことができるでしょう。

どんな育毛剤があるのか、ご紹介したいと思います。

女性向けの育毛剤を使用しましょう

男性の薄毛と女性の薄毛の原因はそれぞれ違っています。

女性の薄毛は、ホルモンバランスの乱れや血行不良、頭皮がダメージを受けたことで硬くなってしまった等が挙げられます。

男女兼用の育毛剤はたくさんありますが、女性の薄毛に特化した育毛剤の使用をおすすめします

女性用の育毛剤を使用することで、的を絞って薄毛の改善することができるといえるでしょう。

以下では、AGA通信おすすめの女性用育毛剤をご紹介したいと思います。

マイナチュレ

先ほどサプリメントとしてご紹介した、マイナチュレシリーズの育毛剤です。

「無添加育毛剤」として女性から絶大な支持を受けています。

地肌の目立ちや、ボリューム不足、抜け毛の増加などが気になる女性におすすめの育毛剤です。

女性の抜け毛のメカニズムを考慮して作られており、天然由来の成分を中心に配合されています。

そのため、乾燥肌や敏感肌の方も、安心して使用することができ、育毛と頭皮環境の改善が同時に行えます。

またマイナチュレは、使用して早い時期から効果を実感できるとも言われています。

医薬部外品の育毛剤なので、副作用の心配もほとんど必要ありません。

更に今なら期間限定で、通常価格¥5945のとこと、初回のみ980円で購入できるキャンペーンを実施中です。

気になった方はHPをご覧の上、検討してみてはいかがでしょうか?

公式サイト

ベルタ育毛剤

続いてご紹介したいのは女性用育毛剤は「ベルタ育毛剤」です。

ベルタ育毛剤は56種類も成分配合された女性用の育毛剤なので、女性の薄毛の原因を幅広くサポートしてくれます。

また、成分浸透率を高めるために32成分をナノ化して配合しており、より毛根の奥に成分が浸透し育毛・頭皮ケアに期待ができます。

女性の肌は男性と違い敏感なので、刺激性のある成分や添加物を取り除き作られています。

妊娠中の方でも安心して使える育毛剤であるところも、大きなポイントですよね。

公式サイト

長春毛精

最後にご紹介するのは、やはり女性用育毛剤の長春毛精(ちょうしゅんもうせい)です。

他の育毛剤とは、少し違った視点で育毛にアプローチされた商品になっています。

それは「生薬」の使用です。

日本と中国の生薬が、12種類配合されていて、髪の力強さやコシを取り戻す効果に期待できるそうです。

販売元であるバイオテック独自の「ナノエマルジョン製法」。

この製法により極超微粒子化された成分が、素早く頭皮に浸透します。

また長春毛精は、ホルモン不足にも効果を発揮するとされています。

アフターケアも整っており、定期購入をすると、年に2回の特別ケアサポートを受けることができるそうです。

近くのサロンで、頭皮チェックやカウンセリングなど、専門的なサポートを無料で受けることができます。

気になった方はHPをご覧の上、使用を検討してみてはいかがでしょうか?

公式サイト

女性ホルモンは自ら作り出すことが大切!

女性ホルモンを作り出しましょう

女性ホルモンは体外から摂取するものではなく、体内で自ら作り出し安定させることが何よりも大切です。

また、ホルモンバランスの乱れによって抜け毛が多くなることは確かですが、原因はそればかりではありません。

ほかの原因も考慮しながら、薄毛対策を行っていきましょう。

効率良く薄毛対策をしていき、いつまでも健康な髪でいられるようにできることからはじめていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です