チャップアップを使うのは朝?夜?最も良いのはいつ?

チャップアップは朝と夜ならどっちが良いの?

チャップアップを使うタイミングは、必ず髪の毛乾いた状態です。

乾いているといっても、汗をかいている状態の頭皮に使うことは、頭皮に浸透する量を減らしてしまうことに繋がるので注意が必要です。

まずお風呂に入って、しっかり頭皮の汚れを落としましょう。

しっかり乾かす理由は、頭皮の水分とチャップアップが混ざるのを防ぐためです。

【本題】チャップアップは夜が基本!?

チャップアップを使う時間帯は、夜の方がいいという意見と、朝の方がいいという意見があります。

簡単に言うと、朝に使うメリット・デメリット、夜に使うメリット・デメリットが存在します。

入浴後に頭皮の血行を良くして使うことも効果的と言われているので、一般的に考えて夜にお風呂に入る人が多いというのも、夜に使うメリットの1つです。

しかし、お風呂に入った後の頭皮は非常に敏感な状態になっており、それと同時にチャップアップを使用するのは抵抗があるというケースもあります。

考え方は人それぞれですが、夜に使用する場合と朝に使用する場合の効果の違いは気になりますね。

夜に使った方がいいという理由は他にどんなものがあるでしょうか? 詳しく解説していきたいと思います。

夜に使用したほうがいい理由

チャップアップは朝に使うことも可能です。

しかし、朝にはいろんなデメリットが潜んでいます。

まず、朝に入浴すること自体が、頭皮にあまり良くありません。

朝に入浴をしてしまうと、1日頭皮を守ってくれる皮脂がなくなってしまうのです。

シャワーを浴びて、しっかり乾かした状態でチャップアップを使用しても、外に出てホコリや紫外線のダメージを受けてしまっては、せっかく入浴後にチャップアップを塗布しても意味がありません。

ですので、やはりしっかり塗布したあとに外に出ないためには、夜に使用した方が効率の良い育毛が期待できるというわけです。

基本的に夜に入浴する人が多いということを前提にお話し致しますが、入浴後の頭皮は、当然洗浄されて綺麗な状態です。

その頭皮に薬を使用すると、効き目が得られやすいというのも納得がいきますね。

朝にチャップアップを使ってもいいのか?

チャップアップは朝に使うことも可能です。

しかし、朝にはいろんなデメリットが潜んでいます。

まず、朝に入浴すること自体が、頭皮にあまり良くありません。

朝に入浴をしてしまうと、1日頭皮を守ってくれる皮脂がなくなってしまうのです。

シャワーを浴びて、しっかり乾かした状態でチャップアップを使用しても、外に出てホコリや紫外線のダメージを受けてしまっては、せっかく入浴後にチャップアップを塗布しても意味がありません。

ですので、やはりしっかり塗布したあとに外に出ないためには、夜に使用した方が効率の良い育毛が期待できるというわけです。

朝と夜の2回に分けて使ってもいいの?

朝と夜、両方チャップアップを使用するという方法はどうなのでしょうか?1日に2回使用することにもメリットはあります。

チャップアップの効果は、1日中は続かないということが言えるからです。

こまめに塗布することによって、効果をより長持ちさせるというメリットがあります。

しかし、チャップアップを多く使用すれば効果が上がるということではありません。

そこは勘違いしないでください。

量が多いと、頭皮の成分のバランスが崩れてしまいます。

そして、公式のサイトには、1日1回の使用がマニュアルだという記述がされています。

マニュアル通りの使用が、1番無難であるということです。

最後にチャップアップの使用フローをまとめ!

丁寧な予洗い

8度前後のぬるいお湯で、3分程度まずは何も付けずにで洗いましょう。

指先を使わずに、指の腹で頭皮を押すように洗っていきます。

この洗いによって、8割程度の頭皮の汚れを落とすことができます。

爪を立てて洗うと、頭皮を傷つけてしまい、チャップアップの副作用が起こりやすくなったり、髪の毛の成長を妨げたりする原因になります。

ほかの部位の皮膚を洗う時と同じように優しく洗ってあげると良いでしょう。

シャンプーをする

しっかり予洗いが出来たら、シャンプーをしていきます。

いきなりシャンプーを頭皮に付けずに、手の上でしっかり泡立ててから、髪の毛の上に乗せるように付けていきます。

泡立てる前に頭にシャンプーを付けてしまうと、毛穴にシャンプーが残ってしまいやすくなり、チャップアップの効き目が悪くなったり、頭がかゆくなる原因になったりしてしまいます。

シャンプーの泡立て方も、指の腹を使って頭皮を揉みこむようにして行いましょう。

爪を立てると頭皮が傷ついてしまいます。

そして、シャンプーのすすぎ残しを防ぐために、必ず3~5分程度をかけて洗い流しましょう。

毛穴にシャンプーを残さないように意識しましょう。

ドライヤーで髪を乾かす

しっかりシャンプーを洗い流したら、ドライヤーで乾かしていきます。

この乾かしの工程がとても重要です。

まずはタオルで頭を押さえるように、軽く髪を拭いていきます。

髪の毛とタオルの摩擦をなるべく少なくすることを意識して、両手で髪の毛を挟むように拭いていきましょう。

また、ドライヤーで乾かす時間を少なくするという効果もあります。

温風のドライヤーで、まず8割程度髪を乾かします。

温度が高いと髪の毛が傷むので、ドライヤーと髪の毛は20センチほど離して乾かすようにしましょう。

このときも、頭を掻くように爪を立ててはいけません。

ほとんど乾いたら、今度は冷風のドライヤーで乾かしていきます。

冷風によって、頭皮の過剰なほてりを抑え、育毛剤の効果を増大させます。

チャップアップを使用する

ここでいよいよ、チャップアップを使用します。

必ずパッケージに書かれている適量を塗布するようにしてください。

特に薄毛が気になるという部分に付けるのですが、その部分だけでなく、少し外側にはみ出すぐらいの範囲に塗布しましょう。

そうすることで、自然な育毛を促しやすくなります。

シャンプーとは反対で、チャップアップは直接地肌に付けましょう。

頭皮にアプローチすることがチャップアップの役目です。

というのも、チャップアップは髪の毛ではなく、あくまで頭皮に浸透させることが大事だからです。

天然成分を使用しているため、抵抗なく頭皮まで浸透させられますね。

頭皮マッサージをする

最後の工程は、頭皮マッサージです。

頭皮に付けたチャップアップを馴染ませるように、指の腹でマッサージしていきましょう。

このときも、爪をたててはいけません。

頭皮を傷つけないように注意しましょう。

これによって、頭皮の血行が良くなり、チャップアップの持っている成分をより浸透させることができます。

指の腹で押すと言っても、力を入れすぎてはいけません。

自分で気持ちいいくらいの強さでマッサージしましょう。

頭皮にしっかり馴染ませることが目的なので、時間をかけてゆっくり行いましょう。

これらの工程を、最低でも3ヶ月は継続して行うことが大事です。

途中でやめてしまったり、期間をあけてしまうと効果が得られなくなってしまいます。

まとめ

朝と夜、両方のメリット・デメリットを考えると、総合的に見て夜に使用することをおすすめします。

やはり夜の方が、育毛にかける時間をゆっくり取れる上、その後の頭皮に与える影響も少ないと言えるからです。

すべての工程にしっかり根拠があります。

意味を理解して、正しいチャップアップの使用を心がけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です