AGAの高校生ができること6選【早期治療が大事!】

AGAに悩む高校生が増加中?

若くてもAGAになる可能性があります

現在、AGA(男性型脱毛症)で悩む男性は1200万人を超えていると言われています。

その中でも、実は高校生未成年など10代で薄毛に悩む人が増加しているのです。

AGAはⅡ型5α-リダクターゼとテストステロンが結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)へ変換されることで引き起こされます。

思春期を迎えることで男性ホルモンは増加していきますが、これらは精子形成や骨・筋肉の成長に必要なものです。

なので10代で安易に抑制することは望ましくなく、AGA治療薬であるプロペシアなどは未成年者は使用することができません。

まずは自分の薄毛がAGAによるものなのか確認し、高校生がどのような薄毛対策を取るべきか考えてみましょう。

高校生でAGA(男性型脱毛症)になったかチェック!

この現代ストレス社会で、多くの高校生が薄毛(AGA)に悩んでいる現状があります。

したがって、まだ高校生だからAGAにはならないだろうと思っていると、薄毛が進行してしまう可能性があります。

高校生に限らず、AGAを始めとする薄毛はとにかく早期に対策することが大切です。

まずは自分の髪の状態をしっかりとチェックしましょう。

そこで、どんなことをチェックすればよいのか、以下の項目紹介していきますね。

抜け毛の量

抜け毛の量

頭髪はヘアサイクルに沿って成長期から後退期、その後休止期を迎えます。

この休止期にある髪が新しい髪に押し出され抜け毛になりますので、抜け毛が多くなるタイミングはあります。

髪は通常1日100本程度は抜けると言われており、個人差もありますから神経質になりすぎる必要はありません。

しかしAGAはヘアサイクルが乱されることによって起こる脱毛症です。

短期間で急に抜け毛が増えた場合は、AGAでヘアサイクルが乱れている可能性がありますので、注意しましょう。

抜け毛の太さ

抜け毛の太さ

細いままの髪が抜けてしまっている場合は、成長期にしっかりと髪が育っていない可能性があります。

ヘアサイクルの乱れが起こっていると、本来元気に生えてくるはずの髪の毛に元気がありません。

これは成長期が短くなっているのが原因なので、早急にヘアサイクルを整える必要があるといえます。

抜けた髪の毛をチェックすることも大切ですよ。

髪のボリューム

髪のボリューム

同じ髪の本数でも、それぞれが細いとボリュームが少なくなり薄毛に見えてしまいます。

また、髪が十分に育つ前に抜け落ちてしまうのが原因かもしれません。

髪の毛のボリュームが減ったと感じた時は、自分の髪の毛の状態をよく観察してみましょう。

今後比べることができるように、スマホなどで頭髪の状態を記録することもお勧めします。

生え際の状態

生え際の状態

以前より、生え際が後退しているような感じがしていませんか?

そこで気のせいだろうと放置してしまうのは禁物です。

生え際から薄毛の症状が出ている場合、AGAの前兆である可能性が高いといえます。

この症状を実感している場合は、できるだけ早く治療に取り掛かりましょう。

頭頂部の状態

頭頂部の状態

AGAは生え際同様に、頭頂部から症状が出ることが多いと言われます。

生え際は自分で確認することができますが、頭頂部は自分で確認ができません。

人に指摘されたり、気づいたら症状が進んでいたことも少なくありません。

定期的に鏡などで頭頂部をチェックことも忘れずに行いましょう。

髪のセットの違和感

髪のセットの違和感

朝髪をセットする時に、違和感を感じることはないでしょうか?

頭皮がべた付いていたり、ハリがないなど日々の変化をしっかりと観察しましょう。

少しでも違和感がある場合は、頭皮に何か問題を抱えている可能性があります。

そのまま放置することで薄毛の症状が進んでしまいますから、変化がないかしっかりと観察することが大切です。

頭皮の状態やボリュームなど、上記のようなポイントに注意してみましょう。

少しでも変化や違和感を感じた場合はすぐに適切な対策を取ることをお勧めします。

AGAの高校生ができることって?6つ紹介!

AGAの治療といえばプロペシアなど医薬品の服用が代表的です。

しかし、未成年に対してはその安全性が確立されていないため、クリニックで処方されることはありません。

では、高校生や未成年でAGAや薄毛を改善したい場合は、どのような対策をすればいいのでしょうか?

AGAや薄毛の症状が現れる原因はさまざまです。

以下のような点を見直し改善していきましょう。

食生活の見直し

食生活の見直し

高校生など若い人に特にみられがちなのが、食生活の乱れです。

毎日ファーストフードや栄養価の低いもの、高脂質な食べ物ばかり食べていませんか?

学校帰りに友達とファーストフード店でおしゃべりしたり、ゆっくりと過ごすのは楽しい時間ですよね。

しかしジャンクフードは栄養価が低いだけではなく、高脂質のものばかりです。

高脂質のものばかり摂取していると、頭皮が脂っぽくなるなどトラブルを引き起こしてしまいます。

髪に必要な栄養が不足しますので、偏った食事を見直し野菜など栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

睡眠時間の確保

睡眠時間を確保しましょう

高校生の頃は体力もありますので、夜更かしや徹夜などをしても大きな支障はありませんよね。

しかし、意識していない部分には大きな負担がかかっているのです。

十分な睡眠がとれないことで、交感神経が常に優位な状態になり、脳や体が十分に疲労回復を行えなくなります

交感神経が優位な状態が続くと、筋肉や血管が収縮し血行不足に陥りますので、抜け毛の原因にもなってしまいます。

また寝る前のスマホも、交感神経が活発になりますから注意しましょう。

ストレス発散

ストレスを発散しましょう

ストレス薄毛の大きな原因となります。

思春期である高校生は数多くのストレスを抱えています。

受験や友人関係、さらには薄毛に悩むことでストレスが増長されてしまうこともあるかもしれません。

あまり思い悩まずに、適度な運動をするなど、うまくストレスを発散させることが必要です。

整髪料を控える

整髪料を控える

髪をセットする際に、ワックスなどの整髪料を使用している人も多いのではないでしょうか?

整髪料が頭皮につくことで、毛穴をふさいでしまったりべた付いてしまったり、頭皮に悪影響を与えることがあります

また、皮膚の弱い人にとっては、整髪料が刺激となり炎症やかぶれを引き起こすこともあるんですよ。

過度な使用は控え、使用した際は必ずきちんと洗い落とすようにしましょう。

育毛剤を使う

年齢の関係上、高校生では発毛剤を使用することはできません。

そこで、育毛剤を使用してみてはいかがでしょうか?

頭髪環境を整え、育毛効果が期待できる成分を含有した育毛剤がたくさん発売されています。

育毛剤は頭皮に刺激を与えにくい自然由来の成分を使用しているものが多く、頭皮に負担を最小限にすることができます。

少し薄くなったきたなと感じた時は育毛剤を早めに使用し、対策することで症状を抑えることができるでしょう。

AGAの高校生ならこの育毛剤!

高校生などの未成年者は、医療用医薬品であるプロペシアなどは使用することができないことは説明しました。

AGAに悩む高校生のみなさんには、自然由来の成分を使用した頭皮に優しい育毛剤をおすすめします

いざ探そうと思っても、多くの種類があるので迷ってしまいますよね。

そこで、人気の高い育毛剤として、プランテルEXをご紹介したいと思います。

プランテルEXは、2018年6月に大型リニューアルを実施したばかり。

リニューアル後はAGAに悩める男性の味方として、絶大な人気を誇っているんですよ。

その理由は、独自配合成分のペブプロミンαにあります。

これは、AGAの原因である5αリダクターゼを阻害すると言われる3つの成分を組み合わせたもの

安全性も高いため、高校生でも安心して使うことができますよ。

発毛剤も治療薬も使えないけど、早めにAGA対策をしたい…!とお考えの高校生は、ぜひプランテルEXでケアを始めてみてくださいね。

ただし、プランテルEXは予想を大幅に上回る売れ行きのため商品の生産が追いついていないようです。

下記のボタンからアクセスし、公式サイトが問題なく表示されれば現在は注文可能ですが、ここ数ヶ月間は表示されない状態が続いています…

もしかすると今は買えるかもしれないので、ぜひ一度アクセスして確認してみてくださいね。

AGA通信スタッフ

公式サイトはこちら

高校生の段階でAGAを対処したほうが良い理由

高校生の段階でAGAを対処したほうが良い理由

薄毛治療はとにかく早期の発見と対策が重要です。

症状が進行してしまうと、育毛剤などで与えた有効成分や栄養素がきちんと届かず、育毛や発毛に繋がらなくなってしまいます。

20歳をこえれば専門のクリニックへ相談し、医薬品の服用などさらに複数の治療を検討することができるでしょう。

若い人ほど代謝などの体内サイクルの影響が速く出ますから、進行が早い人もいるでしょう。

抜け毛や髪のボリュームに違和感を覚えた時は、少しでも早く対策をすることが大切なのです。

高校生のAGAについてまとめ!

健康的な生活を送りましょう

高校生でAGAなどの薄毛に悩む人は、かなりの数いると思われます。

デリケートな問題ですから人目を気にしたり、誰にも相談できなかったり心的なストレスも抱えてしまいます。

自分の頭皮や髪に不安を感じたら、まずは生活習慣や食生活を見直し、健康的な生活を送るよう心がけましょう。

また10代は男性ホルモンが非常に大切な時期です。

男性ホルモンを抑制するような薬品は使用せず、体に負担のない自然由来の有効成分を配合した育毛剤の使用をお勧めします。

早期に対策することで、AGAなどの薄毛は改善する可能性は高まります。

必要以上に悩んだりストレスを抱えず、明るく前向きな学生生活を送ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です