薄毛でも似合うメンズヘア!男性にお勧めの髪型といえばコレ

薄毛でもおしゃれに見えるヘアスタイルの三原則とは?

髪が薄くなってきたと感じた時、とりあえずその部分を隠そうと思ってしまう方が多いのではないでしょうか。

しかし、無理に薄毛の部分を隠そうとすると逆効果になることもあるんです!

まずは、薄毛でもおしゃれなヘアスタイルにしたい時の三原則を確認しておきましょう。

三原則① 中途半端に前髪を下ろさない

前髪は中途半端に下ろさないようにしよう

最初の原則は、無理に前髪を下ろさず逆に前立ち上げて額を見せることです。

生え際が気になる場合でも、前髪を中途半端に下ろすとかえって注目されてしまいますので、立ち上げてしまいましょう。

前髪を立ち上げるころでショートヘアの爽やかさが増し、人から見られる際の目線も上の方に誘導することが出来ますのでお勧めです。

三原則② 毛の流れを散らす

毛の流れに動きをつけて

2つ目の原則は、毛の流れを散らすことです。

髪の毛の方向を一定の方向に流すと、毛の量が少ない場所が際立ってしまうことがあります。

そのため、スタイリングの際は髪の毛を様々な方向に動かしてみましょう。

三原則③ 錯視効果でボリュームアップ

錯視効果を利用しよう

3つ目の原則は、錯視効果でボリュームアップしているように見せることです。

錯視というのは視覚上の錯覚のことです。

ヘアスタイルにおいては、下を短く刈り込んだツーブロックがおすすめです。

サイドや襟足をすっきりとして見せることで、トップの髪量をボリューム感があるように見せることができますよ。

この三原則を守ることで、薄毛であってもおしゃれなヘアスタイルを楽しむことができるでしょう。

やってはいけないNGのヘアスタイルは?

薄毛の人が注意したいNGなヘアスタイル

三原則の逆で、やってはいけないヘアスタイルというのもあります。

薄毛となった場合や、生え際が後退した時に頭皮を露出することに不安を感じるのは当然です。

しかし、髪を伸ばして隠すのはNGです。

理由としては、まず一部分を隠すことで返って人の視線がその場所に集中して悪目立ちしてしまいます。

また、汗をかいてしまった時に髪が束のようになり、見た目の生活感が損なわれます。

さらに隠していることが強調されてしまい、結果的に隠せなくなります。

髪を伸ばすと他人の目線を下げてしまう効果があるため、むしろ隠したい場所に視線を誘導することになってしまいます。

ロングヘアは髪の量が少ないと似合いませんし、トップがより薄く見えてしまうため薄毛のひとは避けた方がいいでしょう。

おすすめの髪型の例は?

薄毛でも似合う髪形はどんなもの?

では、実際にどのようなヘアスタイルが薄毛のメンズに似合うのでしょうか。

薄毛と言ってもどこが薄いのかで似合うヘアスタイルが違ってきます。

また、全体の髪の量やなりたいイメージによっても違ってくるでしょう。

美容院で美容師さんと相談しながら決めてもいいかもしれませんね。

ソフトモヒカン

まず、頭頂部の髪は薄くない、という方であればソフトモヒカンはいかがでしょうか。

後頭部の髪を短めにカットして頭頂部を立てることで、後頭部の薄毛を目立たなくすることができます。

ある程度長さがあるのでスタイリングによって変化をつけることもでき、おしゃれ感を重視する人には特におすすめです。

ツーブロック

頭頂部がやや薄くなっている場合には、ツーブロックはどうでしょうか。

サイドをしっかりと短く刈りあげて、限りなくタイトにすることで頭頂部のボリュームを際立たせて薄毛を目立たなくしてくれます。

ソフトモヒカンに比べると、スポーティで男らしい印象を与えます。

おでこが広い場合にも似合うのではないでしょうか。

ツーブロックモヒカン

2つのヘアスタイルを合わせたツーブロックモヒカンは、サイドを刈りあげてトップを立たせているので、トップのボリュームとの対比をよりはっきりと出すことができます。

眺めに残したトップはパーマをかけて動きを出したり、ソフトモヒカンのスタイリングをする楽しみもあってセクシーな男らしさも出せるスタイルです。

ツーブロックのトップの髪をあまり立てずに前髪を下ろした前髪下ろしツーブロックは、通常のツーブロックよりも少し落ち着いて見えます。

誠実な印象を与えるのでビジネスシーンにぴったりです。

眼鏡との相性もいいヘアスタイルですね。

オールバック

髪全体を後ろに流したオールバックは大人っぽい印象を与えるヘアスタイルです。

長めの髪を後ろに流すことで、頭頂部や後頭部の薄毛をカバーすることもできます。

前髪や生え際は大丈夫だけど頭頂部が薄い、という方に似合うヘアスタイルです。

特にクセがない直毛の方が後ろに流しやすく、きれいにまとまります。

おしゃれ坊主

全体的に短く刈りこんだおしゃれ坊主は、全体的に短くしながらもトップをやや長めに残したり全体をつんつん立てたりすることでデザイン性を意識できます。

あまり短くするのには抵抗があるかもしれませんが、中途半端な長さにするよりもかえって潔くて格好良くなりますね。

ショートレイヤー

どうしても前髪を垂らしたい人やあまり短すぎるヘアスタイルには抵抗がある、という人にお勧めなのはショートレイヤーです。

全体的には髪に段差を付けるレイヤーカットでカットして、サイドは耳にギリギリかかるくらいの長さにしたヘアスタイルです。

きれいなシルエットにするにはある程度の毛量が必要となりますが、生え際が薄いのをカバーしてくれる髪型です。

スキンヘッド

顔のパーツがハッキリしている人は、思い切ってスキンヘッドにしても似合うと思います。

ヒゲとの相性もいいので、ヒゲを伸ばしている人は一度チャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

ただし頭の形によっては似合わない場合もあるので、似あうかどうか一度美容師さんに相談してから決めた方がいいでしょう。

ネオモヒカン

ソフトモヒカンと比べて前髪からつむじに向けてだんだんと長くするヘアスタイルをネオモヒカンといいます。

M字ハゲの人には特におすすめのヘアスタイルで、大人っぽい雰囲気が出てきます。

それに加えてカラーリングを行うと、さらにおしゃれ度が増していきます。

トレンチベリーコート

前髪はセンターを立て、横の髪を少し立てるようにしたトレンチベリーコートは、少しワイルドな雰囲気で大人っぽさが出ると思います。

薄毛の人が避けるべきヘアスタイルは?

避けるべきヘアスタイルはどんなもの?

上記ではおすすめのヘアスタイルを紹介しましたが、薄毛の人がしない方がいいヘアスタイルもあります。

余計に薄毛が目立ってしまうような髪型は避けるべきですね。

ボリュームのあるサイド

サイドにボリュームがあるヘアスタイルは、頭頂部が薄毛であればサイドとの対比によって頭頂部がつぶれて見えてしまうので、薄毛が目立ってしまいます。

薄毛が気になる時は、サイドをスッキリとタイトにしたヘアスタイルをおすすめします。

前髪を垂らす

また、前髪を薄く前に垂らすようなヘアスタイルも避けた方がいいでしょう。

薄くて長い前髪は薄毛を強調することになり、貧弱な印象を与えてしまいます。

前髪は垂らすよりもバッサリと切ってしまった方が薄毛を目立ちにくくしてくれます。

やっぱりツーブロックは人気!?

上記のヘアスタイルの中でも、最近は特にツーブロックが人気のようです。

トップに量感を持たせながらも、生え際が後退している場合やM字にはげてきた方であってもアレンジで対応できるバリエーションの豊富さが人気の秘訣でしょうか。

また、ツーブロックは年代を問わずに対応できるヘアスタイルでもあります。

ビジネスシーンであっても違和感なく通用しますね。

髪が細い薄毛の人に似合うヘアスタイルは?

髪が細い人でも似合うヘアスタイル

薄毛の中でも、特に髪が細くくせ毛という人に似あうヘアスタイルはどういったものでしょうか。

髪の毛が細いと、実際の髪の量よりもさらに薄く見えてしまいます。

また、細い毛は猫毛などクセが強い髪も多いので、より注意してヘアスタイルを選ばなければいけません。

髪が細く薄毛の人にお勧めの髪型は?

髪が細いと、髪を伸ばしたときにボリュームが少なく見えてしまいます。

また、髪質もふんわりとしているために髪の毛がまとまりにくくセットが大変です。

そのため、ショートヘアがお勧めです。

また、パーマを当てるとセットも簡単になり、ボリュームも手軽に出すことができます。

では、具体的にどのようなヘアスタイルがあるでしょうか。

アシメウルフ

まず、ペタンとしやすい髪質の人にお勧めなのがアシメウルフです。

特に直毛で髪がやや薄い、丸顔の人に向いているヘアスタイルです。

時間が経つとボリュームがなくなってしまう髪質は、スタイリングを維持するのが難しいんですが、アシンメトリーにセットした前髪を重視すると解消可能となります。

また、トップに動きを付けて襟足を長めにすることで丸顔をカバーすることもできます。

ショートセイムレイヤー

くせ毛で髪が少なめ、輪郭が面長という人にお勧めなのは、ショートセイムレイヤーです。

特に、細い髪質で悩んでいる人には適したヘアスタイルの定番だと思います。

外国人に多いヘアスタイルですが、日本人がやると個性的なヘアスタイルになります。

可能ならカラーリングをすると、より軽さや動きを表現できます。

ベリーショートソフトモヒカン

大人の男性らしく見せたい、という人にはベリーショートソフトモヒカンがお勧めです。

直毛で髪が少なめの、輪郭が普通か面長という人にはとても良く似合います。

ペタンとしやすい髪質の人は短めのソフトモヒカンが合いますね。

眺めで細い髪質の人はこうした髪型をしようとするとボリュームが出にくいのですが、髪の長さをベリーショートにすると毛を立体的にスタイリングできます。

ミディアムセイムレイヤー

先ほど紹介したショートセイムレイヤーより襟足を長くしたミディアムセイムレイヤーは、くせ毛で髪が少なめの丸顔という人にお勧めの髪型です。

こうした髪質の場合は、髪が伸びてくるとすぐ下に貯まりやすくなってしまいます。

セイムレイヤーはトップやサイドが短めなので、伸びてきてもシルエットを作りやすくなる髪型です。

くせ毛を活かしてトップからサイドへとボリューム感を持たせ、遊ばせた長めの襟足で丸顔の輪郭を包み込んだ柔らかい髪質の魅力を引き出したスタイルですね。

ふんわりとした印象を与えたいという人にお勧めです!

 

髪の毛が細くても、アレンジ次第でいろいろな髪型を楽しむことが出来ます。

もしスタイリングが上手くいかない時などは、一度美容師さんに相談してみてはいかがでしょうか。

きっと髪質にあったヘアスタイルを考えてくれますよ。

今からでも大丈夫!40代、50代に似合うヘアスタイル!

40代、50代でもお洒落にきまるヘアスタイル

40代、50代になってから、最近髪が薄くなってきたと悩む人も多いでしょう。

しかし、今まで床屋に通っていて、今更美容院に行くのはちょっと抵抗がある、と思う人は少なくありません。

でも薄毛はなんとかごまかしたい、とは思うでしょう。

どうせなら薄毛になったから仕方なくではなく、ちょうどいいイメチェンの機会としてみませんか?

薄毛の40代、50代でも似合う髪型は?

若者にも若者の良さがありますが、40代50代と年齢を重ねてきた人だからこそ似合うヘアスタイルもあるものです。

薄毛をカバーしつつ、年代に合った髪型を選んでみましょう。

40代、50代でもビジネスシーンに影響なく薄毛をカバーできるヘアスタイルをご紹介します。

40代、50代でも似合う髪型「ソフトモヒカン」

ソフトモヒカンは若者にも似合いますが、40代、50代以降であってもよく似合います。

特に頭頂部や後頭部の薄毛が気になる人に向いています。

サイドを刈りあげないことで大胆さを抑え、爽やかでスポーティでありながら誠実な印象を与えることができます。

40代、50代でも似合う髪型「ショートレイヤー」

頭頂部の薄毛と生え際の後退が気になるという人には、サイドを刈りあげるショートレイヤーがお勧めです。

男性的な髪型で、上の毛を短く、頭皮に近づくにつれて長くしていくスタイルです。

前髪ができるので、おでこが気になる人にぴったりです。

40代、50代でも似合う髪型「ウルフスタイル」

頭の形に自信がない、という人には、サイドを大胆に短くして頭頂部から襟足にかけて髪が長くなるウルフスタイルはいかがでしょうか。

後頭部の髪の毛もある程度の長さを残すので、頭の形もカバーできます。

40代、50代でも似合う髪型「ツーブロック」

ツーブロックは年代を問わずに薄毛をカバーできるヘアスタイルですね。

サイドを刈りあげてトップのボリュームを際立たせるので、頭頂部の薄毛が気になる人にピッタリ。

アレンジもいろいろあるので、40代50代の方でも気軽にチャレンジできます。

40代、50代でも似合う髪型「ボウズスタイル」

いっそ坊主にしたら楽じゃないか、と考えている人もいるかもしれませんが、会社の立場として坊主はちょっと無理、という人もいるかと思います。

そんな人にもお勧めなのが、「ボウズスタイル」と呼ばれる髪型です。

おでこが気になる人も、この髪型では思い切りおでこを出した方が格好良くなりますよ。

スタイリングも簡単でいいですよね。

少し美容院に抵抗がある人はどうすればいい?

今更美容院に行くのは抵抗がある、という人は、床屋でもできるヘアスタイルを選んでみましょう。

ボウズスタイルはもちろん、ソフトモヒカンも床屋でやってくれるところは実は結構あります。

それ以外の髪型も可能であれば対応してもらえるので、床屋に行った時に写真で希望する髪型ができるかきいてみましょう。

薄毛を気にし続けるなら、一度チャレンジしてみてはどうでしょうか。

ヘアスタイルに悩む40代50代の方におすすめの薄毛対策

ここまではヘアスタイルで薄毛をカバーする方法をご紹介してきました。

薄毛の原因によっては症状が進行していくものもあるため、ヘアスタイルでカバーしながらしっかりと薄毛対策をしていくことが重要です。

薄毛対策の方法はいろいろとありますが、特に頭皮環境を改善していく育毛剤でのお手入れがおすすめです。

今回は40代、50代の方におすすめの育毛剤をご紹介します。

プランテルEX

まず一番におすすめしたい育毛剤は、プランテルEXです。

プランテルEXはAGAの原因である5αリダクターゼの生成をブロックします。

副作用の心配がないため、気軽に使用することができますよ。

9,700円と少し値段は高いですが、30日間の全額返金保証があるので試してみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

ブブカ

まず一番におすすめしたい育毛剤は、ブブカです。

全部で59種類の頭皮ケア成分が配合されており、40代、50代の老化が気になる頭皮環境を整え、育毛のサポートをしてくれます。

また、男性の薄毛の原因に多いAGAを予防する和漢植物エキスを配合しているので、薄毛対策としても有効ですね。

低刺激にこだわり、アルコールの配合量も大幅にカットしているので、肌が敏感な人でも比較的安心して使えます。

商品受け取りから30日間は、全額返金保証もついているので気になる方は試してみると良いでしょう。

公式サイトはこちら

チャップアップ

育毛剤は口コミで人気なものを選びたい方におすすめなのが、チャップアップです。

とにかく口コミでの評価が高く、男女年代問わず高い評価を得ている商品です。

人気のポイントは、天然成分55種、アミノ酸15種と、豊富に配合された頭皮ケア成分の多さでしょう。

頭皮の血行を促進させる成分の配合種類が多く、効果を実感しやすいと人気です。

また、これだけ豊富な頭皮ケア成分を配合しながら、1本の値段が1万円以下と手ごろなのも選ばれるポイントですね。

業界唯一と言える永久返金保証サポートもあるため、人気の商品を選びたい方は一度試してみると良いでしょう。

公式サイトはこちら

ポリピュアEX

育毛剤は継続することが大事。

継続するためにコスパ重視で選びたい!という方におすすめなのが、ポリピュアEXです。

ブブカは1ヶ月11,644円、チャップアップが1ヶ月7,400円に対し、ポリピュアは1ヶ月3,400円と費用がかなり抑えられています。

独自成分であるバイオポリリン酸を中心に、40代、50代の頭皮環境を改善するための成分はしっかり配合されており効果にも期待ができます。

シリーズ累計4,000,000本の販売数が、愛用者の多さを物語りますね。

とにかく費用を抑えたい方は一度試してみると良いでしょう。

公式サイトはこちら

薄毛であってもおしゃれは大切

薄毛だからこそおしゃれにカバーしよう

たとえ薄毛になっても、おしゃれなヘアスタイルを諦める必要はありません。

薄毛には薄毛に合うヘアスタイルがあるので、その中から自分に合ったヘアスタイルを探していきましょう。

また、新しいヘアスタイルに挑戦する場合、美容院に行った時に気を付けなければいけないことがあります。

それは薄毛であることを隠さないことです。

美容師さんは髪を切る際、薄毛に気が付かないはずがありません。

ですから事前に、薄毛が目立たないような髪型にしたいと相談すれば、しっかりとそのイメージに合う髪型からあなたに合うものを選んでくれます。

恥ずかしがらずにしっかりと伝えましょう。

また、髪型を変えた場合はそのスタイリングについて、どうやるかを美容師さんに質問しておきましょう。

自分でうまくできなければそのヘアスタイルの良さを生かすことができません。

おしゃれな髪型を維持できるように、ちゃんと確認しましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です