薄毛やハゲに育毛作用がある飲み物とは?

ハゲにいい飲み物ってあるの?

薄毛やハゲにとって効果が期待できる育毛剤や食べ物というのは良く紹介されています。

しかし、ハゲにとって良い飲み物悪い飲み物というのはそこまで紹介されていません。

飲み物は普段口にする必要不可欠な物ですので、それを常用的に摂取することで差がでてくるのは当たり前のことでしょう。

普段食事にしか気を使っていない方もそうでない方もハゲにとって良い飲み物を理解していくことで、少しでもハゲ改善に役立てていきましょう。

そもそもどうしてハゲるの?

ではハゲにとって良い飲み物を紹介するまえに、ハゲてしまう要因について説明しなければいけません。

ハゲる要因は人それぞれ違ってきますが、そのどれもに似た特徴を持っています。

ハゲる要因にはどのようなものがあるのでしょうか。

男性ホルモンの影響

その一つに男性ホルモンの影響があります。

その男性ホルモンは、ジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンで、男性ホルモンであるテストステロンと5-αリダクターゼと呼ばれる酵素が結合したときに生成されます。

このジヒドロテストステロンは、髪の毛が成長期であるにも関わらず強制的に脱毛を促し、髪の毛が生えてくる量よりも抜け落ちてしまう量を多くしてしまいます。

主に頭頂部と前頭部にジヒドロテストステロンの受容体が多く影響を受けやすいとされています。

髪の毛に栄養が行き渡らない

髪の毛を構成する物質はケラチンと呼ばれるタンパク質です。

このタンパク質を構成するためにはアミノ酸とそれを合成する補助の役割をもつミネラルやビタミン類が必要です。

これらは体内で作ることができないものが多いため、体外から摂取して合成しますので、栄養の少ない食生活をしている方は髪の毛に栄養が行き渡らずハゲてしまうことがあります。

また、頭皮まで栄養を送るのには血液の流れが必要不可欠です。

運動不足によって血行不良が続いていると、せっかく栄養バランスの取れた食事をしていても栄養が頭皮にいかないので無駄になってしまい薄毛が進んでしまうこともあります。

頭皮環境の悪化

栄養不足や血行不良、男性ホルモンの影響以外にも頭皮環境が悪化しているとハゲの要因となってしまいます。

頭皮には、皮膚常在菌が棲みついており、普段は外部から侵入してくる菌を退治したりと有用的な働きを見せます。

しかし、皮脂の過剰分泌や汚れを放置していることによって、皮膚常在菌がそれをエサに大量増殖してしまうと途端に頭皮環境は悪化してしまいます。

増殖した皮膚常在菌によって、頭皮で炎症が起きてしまうことや、皮脂が大量分泌されることにより起こる脂漏性皮膚炎を引き起こし、それが続くと炎症部分の髪の毛が抜けてしまい薄毛につながります。

栄養摂取がハゲ改善には必要!

ハゲを改善すると考えた時に重要なのは栄養を摂取していくということです。

髪の毛を構成するタンパク質を形成するには体内で作ることができない栄養素を補給することで効率良く形成できるようになります。

皮脂の過剰分泌も、ビタミンB群を補給することで皮脂のコントロールを補助してくれますし、それにより頭皮環境の改善もある程度できるようになります。

つまり、髪の毛にとって必要である栄養素を摂取していくことで、薄毛の改善はある程度期待できるものなのです。

そこで今回はハゲや薄毛にとって効果が期待できる飲み物ということなので、次にそれらの栄養素が入った飲み物はどういうものがあるのかを見ていきましょう。

ハゲにいい飲み物【6つ】

ハゲにとって良い飲み物は、脱毛を抑える成分が入っている、あるいは髪の毛の生成や合成を補助してくれる成分が入っているものだと言えます。

ではその成分とはどういったものであるのか、どんな飲み物に含まれているのかを見ていきましょう。

緑茶

緑茶は日本人が愛飲している飲み物の一つですが、この中に含まれているカテキンという成分が頭皮にとって良い効果が期待できます。

カテキンはまず一つ目に抗酸化作用が期待できます。

ヒトは生きていく中でどうしても活性酸素が体内で発生してしまいます。

この活性酸素は、細胞の働きを衰えさせてしまうので、抗酸化作用のある成分を取り入れることで細胞の働きを活性化させることができます。

二つ目に血圧の上昇を抑える作用があります。

血圧が上昇しているということは、血管が狭くなっているために頭皮まで栄養が届かない可能性があります。

その上昇を抑えることで、血液を頭皮にまで送り髪の毛の根本にある毛母細胞の働きを活性化させます。

コーヒー

コーヒーに含まれるポリフェノールの一種であるクロロゲン酸は、血行を促進させる作用を持っています。

血行を促進させることで、頭皮に栄養を送ることができますので薄毛の改善に期待できます。

それ以外にもコーヒーにはカフェインが含まれていますが、このカフェインも血行促進作用があります。

それだけでなく、利尿作用もあり脱毛促進ホルモンであるジヒドロテストステロンを排出する作用もあります。

牛乳

牛乳に含まれている有名な成分はカルシウムですが、カルシウムはイライラを抑える効果があります。

ストレスは薄毛の原因になりますので、それを軽減する意味でもカルシウムは利点の一つとなります。

その他にも牛乳にはタンパク質が豊富に含まれているので、髪の毛を構成する成分になりますし、皮脂の分泌量のコントロールをするビタミンBも入っていますので頭皮環境の改善に役立ちます。

豆乳

豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと同様の働きをします。

女性には薄毛の方が少ないですが、その理由として女性ホルモンの働きによって脱毛を抑制することができるからなのです。

男性にとって体内で女性ホルモンを増やそうとなると難しい話になってきてしまいますので、この豆乳を摂取することで簡単に女性ホルモンの量を増やすことができます。

きな粉を含む飲み物

きな粉も大豆から出来ていますので、大豆イソフラボンの効果によってハゲを改善できる効果が期待できます。

それだけでなくきな粉にはビタミンやミネラルが豊富に含まれていますので髪にとって必要な栄養素が含まれていると言えるでしょう。

少量のアルコール

アルコールは身体にとって良くないものと思われがちですが、昔から酒は百薬の長と呼ばれ、少量のアルコールであれば身体にとって良いものとされてきました。

少量のアルコールは、血管を拡張して血行促進をする作用がありますし、ストレス緩和にもつながります。

ついついお酒は飲みすぎてしまうと思いますが、少量に抑えることでハゲ予防に役立ててみましょう。

飲まないほうがいい飲み物もある?

飲んだ方がいい飲み物もあれば、注意をしなければいけない飲み物も中にはあります。

食事は気にしているけども飲料水が飲まない方が良いものを飲んでいた場合、効率が悪くなってしまうのは言うまでもありません。

ではどういったものが飲まないほうが良い飲み物なのでしょうか。

缶コーヒー

コーヒーは薄毛にとって良い飲み物だとしていたにも関わらず、缶コーヒーが髪にとって良くない飲み物というのは矛盾しているのではないかと思われてしまいます。

しかし、缶コーヒーには多量の砂糖が使用されているため、その砂糖が薄毛の原因となってしまいます。

砂糖は体内に入ると分解するために栄養素を消費してしまうため、控えるべき成分ですが、缶コーヒーの種類によっては多量に含まれています。

砂糖だけでなく、甘みをだすために人工甘味料も配合されていますので自律神経系を崩してしまいがちになります。

そのため、コーヒーを飲むならば缶コーヒーではなくドリップや焙煎したコーヒーを飲むように心がけていきましょう。

ジュース

ジュースと大まかに分類しましたが、砂糖がはいっている飲み物は控えなければいけません。

缶コーヒーの説明で書きましたが、砂糖を摂取することで体内の栄養を消費してしまうことになります。

ジュースは美味しいものがたくさんありますので、ついつい飲んでしまいがちですが、この砂糖が薄毛の進行を早めてしまうことになりますので毎日飲むのは控えるようにしましょう。

過度のアルコール

少量のアルコールは血行促進やストレス緩和の作用があるのでおすすめしましたが、過度のアルコールを摂取することは逆にハゲを早めてしまいます。

アルコールが体内に入り、体外へ排出されるまでに砂糖を分解するよりもさらに大量の栄養素を消費します。

これはアルコールが分解されたときにできるアセトアルデヒドが有毒であるために、肝臓が無毒化処理にフル稼働するために起こります。

有毒なものを体内に滞留させるのは、生命の危機に関わりますのでこのアセトアルデヒドの処理を優先的に行います。

つまり、頭皮に必要な栄養素は生命には関係がないため肝臓に送られることになってしまうので、髪の毛を生成する栄養が不足しがちになってしまうのです。

ただし飲み物だけでは不完全かも…

これまで薄毛やハゲに良い飲み物・悪い飲み物を紹介してきましたが、飲み物療法だけでは完全な薄毛やハゲ対策・予防にはなりません。

その他にも注意して改善していく必要があります。

食事改善

飲み物よりも多く栄養を補給する行為として食事があります。

食事もカップ麺やコンビニ弁当といった栄養価の低いものばかり摂取していたら、栄養不足に陥ることは明らかです。

そのため、できれば新鮮な食材を調理して食べることが理想的なので、スーパーや生鮮市場で食材を購入し、調理したものを食べるようにしましょう。

旬の食べ物というのが季節によって違いますが、旬の食べ物というのは栄養価が高くなっている食材のことを指しています。

そのため味も濃縮されて美味しさが倍増していますし、栄養も比例して豊富になっていますので、何を食べたら良いかわからないという人は、旬の食材を選ぶようにすると良いでしょう。

睡眠改善

睡眠中は、身体のメンテナンス作業を体内で行っているため、眠りの質が悪いとメンテナンスも十分に行われません。

このメンテナンスは頭皮にとっても重要で、髪の毛の根本にある毛母細胞の活性化を促す成長ホルモンを分泌するのが睡眠時なので、しっかりと質の良い睡眠をしましょう。

寝る前のPCやスマホは自律神経を刺激し身体を興奮状態にしますので寝付きが悪くなってしまうため止めましょう。

また、就寝前にホットミルクを飲むことでリラックス効果が期待でき眠りにつきやすくなります。

牛乳はハゲにとって良い飲み物なので上手く活用していきましょう。

禁酒・禁煙

過度なアルコール摂取はハゲを加速させてしまうので、適度な量で飲めるように調節しましょう。

それが無理なのであれば思い切って禁酒することもハゲ予防にとっては必要です。

また、タバコを吸うことはビタミンCを破壊し、毛細血管を縮小させてしまうので避けなければいけません。

禁煙することは中々難しいかと思いますが、自分がハゲになりやすい行為をしていることを自覚して上手く禁煙していけるようにしましょう。

適度な有酸素運動

有酸素運動は心筋を鍛えることができますので、普段の生活でも頭皮に送る血流量をあげることができます。

それだけでなく、全身運動をすることで血行を促進させ、毛母細胞の活性化につながります。

運動の習慣がない人は最初の意思だけ高く持ちすぎ、いきなりハードなトレーニングを行いがちです。

しかし、それでは長く続きませんので、まずはゆっくりなペースで30分ほどウォーキングやランニングすることから始めてみましょう。

育毛効果を発揮するには継続が大事!

育毛効果というのは、数週間や数ヶ月で発揮するものではなく、何年も継続して行うことでその効果を発揮することができます。

そのためにはモチベーションの維持が大事になりますので、自分なりに続けやすい環境と習慣を身に付けて、上手く継続できるようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です