プロペシアがヘアサイクルに与える影響とは?

プロペシアとヘアサイクルの関係

プロペシアとヘアサイクルの関係性について

薄毛治療においてヘアサイクルを知ることは、とても大切といえます。

そもそもAGAを原因とした薄毛は、生成されたDHTがヘアサイクルを乱すことによって起こります。

そこで、なぜプロペシアがAGAを原因とした薄毛の特効薬といわれているのでしょうか?

プロペシアは、DHTを阻害し、その乱れたヘアサイクルを元に戻す働きを担っているからなのです。

この二つの関係性を知ったうえでAGAの治療を行わないと、思わぬデメリットに遭遇することもあります。

今回は、プロペシアとヘアサイクルの関係性につて解説していきたいと思います。

そもそもプロペシアで期待できる効果とは?

プロペシアの効果とは?

プロペシアに期待できる効果は、主に発毛や抜け毛の予防です。

AGAの原因とされるDHT(ジヒドロテストステロン)は、抜け毛の原因になる男性ホルモンです。

このDHTは、テストステロンと酵素5αリダクターゼが結びつくことによって生成されます。

プロペシアは、この5αリダクターゼを抑制する機能を持っており、それによって抜け毛の原因であるDHTを抑制するのです。

DHTを抑制し、抜け毛が減ることによって髪の毛が育ちやすくなり、結果的に発毛に至ります。

そして同時に、ヘアサイクルを元に戻していく働きも期待することができます。

そもそもヘアサイクルとは?

上記でプロペシアと、ヘアサイクルの関係性について説明してきました。

プロペシアの働きはわかったかと思いますが、ヘアサイクルとは一体どのようなものなのでしょうか?

頭髪に悩んでいる方にとってはヘアサイクルについて知ることも大切なことになります。

続いてはヘアサイクルについて解説していきたいと思います。

生えては抜けるの繰り返し

ヘアサイクルを理解しましょう

抜け毛といえば悪いことのように思われがちですが、通常で一日50~100本の髪の毛が抜けるといわれています。

髪の毛が抜けるのは薄毛の方だけではないので、ご安心くださいね。

むしろ古い髪の毛が抜けることで、新しく元気な髪の毛が生えてくることができるんですよ。

しかしAGAに場合は、また事情が違ってきます。

AGAになると成長期を飛ばして、ただ抜けるだけになってしまうのが問題なのです。

成長期の特徴

成長期の特徴

成長期は、髪の毛が元気に育っていく時期です。

この時期に育つことができないと、髪の毛は弱々しいものになってしまいます。

髪の毛が太くなる時期でもあるので、この成長期をどれだけしっかりと確立させていけるかが薄毛治療においてはとても大切です。

AGAの方の中には、治療中に細い毛が生えてきたため喜んで対策を辞めてしまう人がいらっしゃいます。

それは非常にもったいないことであり、むしろ生えたその時から本当の対策が必要になってくるともいえるのです。

退行期の特徴

退行期の特徴

退行期は、髪の毛が抜けていく時期のことを指します。

ここまでに髪の毛がしっかりと育っているのであれば、特別この退行期を恐れる必要はありません。

十分に髪の毛が育っていく環境ができあがっていると考えても良いでしょう。

しかし、ここまでに十分に髪の毛を育てきることができていない場合、この退行期はなかなか恐いものになります。

ただ、この退行期を避けて通ることはできません。

抜け毛よりも髪の毛を育てるほうに関心を向けていく必要があります。

休止期の特徴

休止期の特徴

休止期は、毛根で髪の毛を生やす準備をする段階です。

ヘアサイクルがここで止まっていると薄毛へとつながります。

成長期が十分でない髪の毛は、この休止期でヘアサイクルが止まってしまう可能性が高くなっています。

ただ休止期は、髪の毛を生やす土台はしっかりとある髪の毛の状態です。

よく毛根が死滅したなどの情報が流れていますが、余程のことがない限り、毛根が死滅することは滅多にありません。

対策をすることで、ヘアサイクルを再度復活させ、成長期に突入させることは十分に可能です。

プロペシアがヘアサイクルに与える影響!

プロペシアAGA治療に大きな効果が期待できる発毛剤です。

プロペシアはAGAの原因であるジDHTを抑することで、成長期に髪の毛を育てる環境を作り、退行期で正常な脱毛を促す働きをするのです。

そこで髪の毛がしっかりと育ち、抜けていくことができれば薄毛になることはありません。

プロペシアは、ヘアサイクルを正常に戻してくことに特化したAGA治療薬なのです。

プロペシアがヘアサイクルに影響を及ぼさないケース

プロペシアはAGA専門の治療薬なので、AGA以外の薄毛に対して効果を期待することはできません

プロペシアを使用する場合は、自分がAGAであることを見極めたうえで使用するようにしましょう。

仮に高齢による自然脱毛であった場合AGAではないので、プロペシアの効果を感じることが難しくなります。

それでもと飲み続けた場合、効果が現れないのに、副作用のリスクだけを負ってしまう可能性があります。

プロぺシアは発毛効果が期待できる反面、副作用に注意が必要な薬です。

場合によっては重篤な症状になることもあるので、副作用を理解したうえで使用するようにしましょうね。

最後にプロペシアの活用方法をチェック!

ここまでプロペシアについて説明してきました。

プロペシアは大きな効果が期待できる反面、副作用のリスクも考慮しなければならないことがわかりました。

そのようなプロペシアですので、副作用を理解しつつ、より大きな効果を得られるよう活用したいですよね。

どのような活用法があるのでしょうか?

続いてはプロペシアの活用法について説明をさせていただきたいと思います。

効果的な服用の時間

プロペシアの活用方法をチェック!

服用の時間として、夜、寝る前が効果的と言えるでしょう。

なぜかといえば、プロペシアは場合によって眠気を催すことがあるからです。

寝る前に服用すれば、眠気が出た場合も大きな問題にはならず、薬の効果を得ることができますね。

ただ、晩酌をする方には、この方法をオススメすることはできません。

お酒の分解で肝臓に負担をかけているところ、プロペシアの分解でさらに追い打ちをかけるかたちになります。

お酒を飲む習慣のある方は控えるようにするか、別の時間帯で服用していくようにしましょう。

効果的な服用周期

効果的な服用周期

プロペシア効果を発揮する時間は24時間です。

したがって毎日同じ時間帯に服用することができないと、薬の効果が失われている空白時間を作ることになります。

上記のような理由があればこそ、毎日同じ時間に服用することをお勧めしています。

効果的な服用時間として、夜、寝る前をオススメさせていただきました。

しかし、それぞれの生活習慣によって夜に服用することができない方もいらっしゃいますよね。

そのような方は一番最初に服用される際、必ず毎日服用できる時間帯を決めていきましょう。

24時間を1つのポイントにして、その周期を守りながら薬を服用していくことがとても大切になります。

ヘアサイクルを理解して正しいプロペシアの服用を!

正しいプロペシアの服用を!

ここまでヘアサイクルプロペシアについて説明してきましたが、おわかりいただけましたか?

ヘアサイクルを理解すればこそ、プロペシアの効果的な使用法について知ることができます。

AGA治療薬のプロペシアは発毛剤なので、副作用も存在しています。

正しく使用することで、安心安全に効果を得られるようにしていきましょう。

そして、せっかく服用するのであれば、より高い効果が期待できるように心がけたいですね。

またヘアサイクルを知ることで、抜け毛が気になっていた方も安心感が得られたことと思います。

正しい知識を正しく理解したうえで、AGA治療を行っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です