プロペシアは何歳まで服用できるの?徹底リサーチ

プロペシアを服用できる年齢制限と年齢毎の効果を解説!

ストレス社会とも言われる現代、年代を問わずにハゲ・薄毛に悩む人が多くいらっしゃいます。

プロペシアはそんな薄毛の治療薬として多くの人に使われ、ご存知の方も多いでしょう。

この記事をご覧になっている方の中には、服用を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ただ服用を検討している方からはよく、「プロペシアには年齢制限はあるの?」という疑問の声も聞こえてきます。

この記事ではそんな年齢に関する疑問点を解消!

一体プロペシアは何歳から何歳まで服用することができるのか。

そして、プロペシアによる効果は年齢ごとに違いがあるのか。

若い方もご年配の方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

プロペシアは何歳まで服用可能?

プロペシアは何歳まで服用可能か?

果たしてプロペシアは何歳まで利用をすることができるのでしょうか?

基本的に、20歳以上であれば年齢に関係なく使用することができます

ただし、高齢者の場合、何かしらの持病があるという方も少なくありません。

特にプロペシアは、少なからず肝臓へ負担をかける薬として知られています。

そのため、肝臓に疾患のある方は服用できないケースもあります。

添付文書にも、「高齢者は生理機能が低下しているので注意する必要がある」という旨の記載もされています。

服用できないわけではありませんが、高齢者の方は若い方よりも注意が必要であることを留意しておきましょう。

プロペシアの効果に年齢の違いはある?

20歳未満の方以外であれば、何歳まででも服用できるプロペシア。

しかし、実際のところプロペシアは年齢によって効果に違いは生じるのでしょうか?

次は若年層・高齢層に分けて、効果についての違いについて説明していきます。

服用を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

若年層が期待できる効果

一昔前までは薄毛=中高年以降の男性が発症するもの、というイメージが染み付いていました。

しかし、現代では20代〜30代という若い年齢層でもAGAを発症してしまう方は決して少なくありません。

もちろんプロペシアは、そんな若ハゲにも効果を発揮してくれます。

むしろ若ければ若いほど、早い段階でAGAの進行を止めやすいというメリットも。

若い時はヘアサイクルの乱れが浅く、薄毛の改善もそこまで難しくないと考えられています。

ただしプロペシアは市販はされておらず、クリニックや病院で処方してもう必要のある薬。

若い人ほど薄毛によるコンプレックスを抱えがちで、どうしても診察を要するクリニックを敬遠する傾向にあります。

改善する余地は十分にあるとはいえ、AGAは放置しておくとたとえ若くてもどんどん進行していってしまいます。

薄毛の進行に気がついたら、なるべく早めに服用することをおすすめします。

高齢者が期待できる効果

続いては高齢者に期待できる効果もご紹介します。

若くても高齢者であっても、基本的にプロペシアによる効果に違いはありません

ただし、細胞の老化が進んでいる高齢者は、若い人に比べたらプロペシアの効果が表れるまでに多少時間がかかると考えられています。

また、髪の毛を生やす組織である毛包にも寿命があり、ずっと発毛しつづけられるわけではありません。

高齢者で薄毛の進行が進んでいる方は、毛包の寿命を迎えてしまっているケースもあります。

このような場合はいくらプロペシアを服用しても、残念ながら髪の毛が完全に復活することはできません。

高齢者の方は特に、薄毛の進行度合いが浅いうちに治療するように心がけたいですね。

若年層と高齢者ならどっちが効果がある?

若年層と高齢者層、どちらもプロペシアがもたらす効果自体には違いがないことが分かりました。

では若年層と高齢者層なら、どちらがプロペシアによる恩恵を受けやすいのでしょうか?

答えから言うと、やはり若い年齢の方が効果を実感しやすいと言えるでしょう。

やはり1つ1つの細胞も若いだけあり、改善のスピードも早いと考えられます。

とは言え、AGAの進行具合などは個人差にもよるので、一概に年齢だけで差が出るわけではありません。

また、年齢に関係なくプロペシアは継続した服用が必須な薬。

経済的余裕がない若い方だと継続できず、プロペシアによる効果を実感できる前に中断してしまったという声もよく聞きます。

プロペシアを服用する前には、継続し続けられる金額かどうかも確認しておくことが大切ですね。

プロペシアの注意点

プロペシアは継続して服用すれば、抜け毛の抑制に効果を発揮してくれる薬です。

しかし、医薬品なだけあっていくつか注意点もあります。

実際に服用を始める前に、チェックしておきましょう!

プロペシアの副作用を理解する

まず1つ目の注意点は副作用があることについてです。

先ほども少し触れましたが、プロペシアは重篤な副作用として肝機能障害が起こるケースも報告されています。

その他にはどのような副作用が比較的起こりやすいのか、表にまとめてみました。

  • 性欲減退
  • 勃起機能不全
  • 射精障害
  • 抑うつ症状
  • めまい
  • 乳房肥大 など

プロペシアは男性ホルモンに作用するため、男性機能の低下が症状として多く挙げられていますね。

これらの症状の発症率自体はそこまで高くありませんが、口コミを見ても悩まされている人が一定数いることも事実。

妊娠を考えている男性は様子を見ながら服用するようにしましょう。

また、特に肝臓に不安を抱えがちな高齢の方も独断で服用するのはおすすめしません。

まずはクリニックで検査・診察を受けて、使用可能かどうか医師の判断を仰いでくださいね。

他の医薬品との併用について

2つ目は、他の薬と併用できるのかどうか確認していきましょう。

他の病気で服薬中の方は、プロペシアも一緒に飲めるかどうかも気になるところですね。

薬によっては飲み合わせによって、作用が強まりすぎたり逆に弱まったりして危険なことも。

しかしプロペシアには、飲み合わせ禁止の薬は決められていません

基本的には、どのような薬と併用しても問題ないと考えられるでしょう。

ただし、プロペシアと同様の働きを持つ、フィナステリド配合のジェネリック医薬品やザガーロはNG。

男性ホルモンに強く作用するため、副作用が起こりやすくなってしまいます。

抜け毛を抑制するための薬は、必ずプロペシアかその他の薬1つに絞るようにしましょう。

クリニックで処方してもらう

最後の注意点として挙げるのは、プロペシアは必ずクリニックで処方してもらうことについてです。

実はプロペシアを手に入れる手段はクリニックだけではなく、個人輸入サイトでも購入することができます。

個人輸入サイトはクリニックに比べて比較的リーズナブル、かつ通院の手間が省けるというメリットがあります。

しかし、偽業者や偽薬が混ざっているケースがあったり副作用が起きた時の対応が遅れてしまったりと、リスクが伴う購入手段です。

必ずプロペシアは専門クリニックや病院を診察した上で、処方を受けることが大切ですよ。

そこで、参考までに当サイトがおすすめするAGAヘアクリニックについてご紹介します。

AGAヘアクリニックはプロペシアも扱っていますが、フィナステリド配合のオリジナル薬を5,500円で処方しています。

診察費は一切かからないので、個人輸入サイトとさほど変わらない値段で治療を開始することも可能ですよ。

またもう1つの魅力は、遠隔診療を行なっていること。

スマホさえあればどこにいても診察を受けられるので、通院が難しい方にもぴったりですね。

リーズナブルなクリニックがいい!という方は、一度無料カウンセリングへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

高齢者でもプロペシアの効果を実感するためには?

若い者には負けん!

高齢者は若い方に比べて、プロペシアの効果を中々実感しにくいかもしれません。

では、最大限抜け毛の抑制効果を引き出すためにはどうすればいいのでしょうか?

それはプロペシア以外にも、生活習慣の見直しなどの対策を行うことです。

確かにプロペシアは抜け毛を抑える働きがあるのですが、元々の生活が乱れていてはいくら服用しても改善効果は弱まってしまいます。

特に薄毛を改善するためには以下の生活習慣を意識してみましょう。

  • 食事は1日3食、栄養バランス良く食べる
  • 睡眠時間は7~8時間ほど取る
  • ウォーキングや散歩など、できる範囲で体を動かすようにする
  • タバコは控えて、お酒も適量に留めるようにする

特に高齢者の場合は食事スタイルも変化し、体を動かす機会が減っている方も多いでしょう。

しかし、バランスの良い食事や適度な運動は、健康維持のためにもとても大切なことです。

健康のためにも抜け毛抑制の効果を高めるためにも、無理のない範囲で上記の内容を意識してみくださいね。

何歳まででも服用できるプロペシア

何歳まででもOK!

いかがでしたか?

プロペシアは基本的に何歳まででも服用することは可能です。

また何歳でも、もたらされる効果は基本的に変わらないのも魅力ですね。

しかし、医薬品である以上副作用や注意点もいくつかありました。

特に高齢の方は体の機能が弱まり、薬による影響には十分注意したいところです。

プロペシアを服用する際は、年齢に関わらず一度クリニックに相談して見ることをおすすめします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です