プロペシアは使うと慣れてくるの?その耐性に迫る

気になるプロペシアの耐性

プロペシアの耐性について

果たしてプロペシアに耐性はあるのか?と感じている人は少なくありません。

耐性」とは慣れることによって、薬が効きにくくなってしまうことを意味します。

薬の効果が効きにくくなることは、薬を利用している人にとっては非常に大きな問題となりますよね。

本当にそんなことがあるのでしょうか?

しかし実際のところ、耐性については無視することができないといえるでしょう。

使いはじめと、使い続けている状況では、薬の効果に差が出てくることは決して珍しいことではありません。

しかし、すべての人が耐性を持つということではなく、薬に慣れることで耐性を持ってしまい、効きにくくなってしまう人もいるのです。

そもそもプロペシアとは?

そもそもプロペシアとは?

プロペシアは、酵素5αリダクターゼの機能を阻害し、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果を持ちます。

メカニズム的に非常に効果があるとされており、大きな効果が期待できるAGA専門の治療薬です。

薬に対しての信頼性は高く、AGAの治療と言うと、まずこのプロペシアが候補に挙がってきます。

しかし高い効果が期待できる一方で、副作用のリスクも伴っていることを知る必要があります。

そのためプロペシアは医療医薬品に指定されており、日本では医師の診察を受けなければ手に入れることができない薬となります。

プロペシアに慣れるとは?

プロペシアに慣れるとは?

「プロペシアに慣れる」とは、プロペシアの効果を体が感じにくくなることです。

これはプロペシアだけでなく、ほかの薬の場合にも生じることがあります。

長い間、同じ薬を使用していると、その薬では効果を期待することができなくなることがあるのです。

特に使用量が多い薬や、効果の強い薬でそのようなことが起こりやすいといえます。

この場合には専門家の指導の下、薬を変えていく、薬を中止するなどの工夫が必要になってきます。

当然のことながら、プロペシアにも同じことがいえるのです。

慣れによって薬の効果が期待できなくなっていることを見極めるのはとても難しいため、医師の診断が必要だともいえます。

長年プロペシアを使っている人の口コミ

長年プロペシアを使っている人の口コミ

プロペシアに慣れてしまい、薬が効かなくなってしまう可能性があることを説明してきました。

実際に使用している方は、どのように思われているのでしょうか?

ここでは、プロペシアを使用している方の生の声をご紹介したいと思います。

効果は変わらず出ている人

プロペシアの服用2年で20代後半の方の体験談。 
プロぺシアを服用することで額と頭頂部の中間あたりは 
薄毛が改善されたが、頭頂部と生え際にはほぼ効果がなく、 
頻尿の副作用もあるようです。

出典 : プロペシア通販ナビ

効果が出てきている人の口コミはたくさん存在します。

薬に慣れてしまったために起こる耐性が心配ではありますが、耐性によってプロペシアの効果が薄れない方もいます。

プロペシアは継続して使用していないと効果を発揮することはありません。

また効果が出たと使用をやめてしまうと、再び薄毛は進行してしまいます。

効果が下がってきていると感じてる人

ただ、爆発力というのは長く続かないため、 
一般的には、プロペシアの服用を開始して、1年程度がピークのようで 
そこから2年目、3年目と少しづつその効果も薄れていきます。

出典 : AGA治療院で本気の抜け毛対策・体験談写真付き!<本当の効果・口コミ>

こちらの口コミは、耐性を如実に物語ったものですね。

耐性によって、薬の効果が効きにくくなる時期は誰にでもあるといえます。

効果が下がってきていると感じた人は、そのまま副作用のリスクばかりを背負うことになりかねません。

必ず医師に相談して、自分に合った改善策を見つけましょう。

プロペシアの慣れでは無く、老化が原因かも

プロペシアの耐性に関しては、専門家によって意見が別れることがあります。

しかし、耐性がないと判断している専門家も、効果が低くなる可能性はしっかりと理解されているようです。

したがって、薬は長く継続していると、慣れてしまい基本的に効果は落ちてくると考えておくと良いでしょう。

ただ、効果が低くなる原因が耐性や慣れだけであるとは言えないところに、注意が必要になります。

その原因としては、老化や生活習慣の悪化がなどが挙げられます

薬が効かなくなってきているのは、慣れや耐性であるのか?それとも他の何かが影響しているのか?

それを一般の人が判断をすることは大変難しいといえます。

特に老化が原因の場合は、また別の対処法が必要になるかもしれません。

医師に相談して、適切な処置を行いましょう。

生活習慣でプロペシア効果促進

耐性ばかりではなく、老化や生活習慣の悪化が原因で、薬が効かなくなっている可能性があることを説明してきました。

老化を防ぐことは難しいといえますが、生活習慣を改善して薬の効果を最大限に得られることが出来たら嬉しいですよね

次では、具体的にどんな生活習慣を行っていけばよいのか説明していきたいと思いますす。

生活スタイルで効果促進

生活スタイルは、プロペシアの効果に大きく関係していきます。

生活習慣が崩れている人と、しっかり整っている人では、プロペシアの効果は大きくなる異なってくるといえます。

生活習慣が崩れている場合は、効果が薄くなり、効き目が悪くなったと感じる機会が増えていくことになるでしょう。

規則正しい生活は薄毛を改善していくうえで、基本中の基本です。

睡眠時間はきちんと確保できていますか?ストレスを溜めた生活を行っていませんか?

もちろん全くストレスを受けずに生活をすることは困難ですが、適度にストレス発散ができるよう心がけましょう。

不規則な生活がきっかけで、薄毛に発展している可能性も十分にあることはしっかりと理解しておく必要があります。

食生活で効果促進

食生活の乱れもまた、プロペシアに対して良いものではありません。

プロペシアが最大限の効果を発揮していくためには健康的な体が一番です。

まず体全体が健康でなければ、毛髪環境が整い、健康な髪の毛を生やすことは難しいといえます。

忙しい現代社会、手軽なファストフードやカップ麺に頼りがちですが、バランスが取れた食生活を送っていますか?

また、夜寝る前に食事や間食をしてはいないでしょうか?

食生活を変えていくだけでも、プロペシアの効果を得られる可能性が高まることを知っておきましょう。

湯シャンとコラボで効果促進

湯シャンは正しく行うことで、頭皮にとって良い影響をもたらしてくれます。

プロペシアの服用とともに行うと、相乗効果でより大きな効果が期待できるといえます。

しかし、頭皮に汚れが多くある人、ワックスなどの整髪料を多く使用する人などは、シャンプーを使用しましょう。

湯シャンは、ゴシゴシ洗うのではなく、指の腹で優しくマッサージをするイメージで行いましょう。

また、きっぱりと切り替えるのではなく、徐々にシャンプーの回数を減らしていき、湯シャンに移行することをオススメします。

湯シャンを行うことで、フケや痒みがなくなったなどの口コミが確認できます。

続ける事が大事、プロペシアで成功を収める為に

継続してプロペシアを使用しましょう

プロペシアに慣れを感じる、耐性を感じるのには個人差があります。

そもそも本当に慣れであるのかどうかというのは、一般の人には判断できないものです。

しっかりと医師と相談をし、慣れで耐性が生じているようであれば、自分に合った薄毛対策に移行していきましょう。

耐性では無い場合、効果が現れにくくなっている理由をしっかりと解明し、改善していかなければプロペシアの効果を最大限に得られることはできません。

もしプロペシアに関して不明なこと、不安なことがあった場合は、クリニックに相談されることをオススメします。

そこで、ご紹介したいのはAGAヘアクリニックです。

AGAヘアクリニックは初診・再診ともに無料。

クリニックでの診察のほか、遠方や忙しい方のためにテレビ電話での無料診察も行っています

プロペシアが気になる方は一度、HPをご覧になってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です