チャップアップは頭皮にニキビがあっても使って大丈夫?

チャップアップとニキビの関係について

チャップアップとニキビの関係

チャップアップなどの育毛剤を使っていたらニキビができてしまった!という経験はありませんか?

またはチャップアップを使いたいけど、頭皮にニキビがある場合、果たして育毛剤を使用してもいいのか悩んでしまいますね。

今回は頭皮にニキビができた場合でも、チャップアップなどの育毛ケアをしても良いかどうか?について解説します。

公式サイト

チャップアップは頭皮にニキビがあっても大丈夫?

ニキビがあっても大丈夫?

ニキビは、頭皮にある毛穴に皮脂が詰まることがきっかけで発生します。

皮脂の過剰分泌や頭皮の角質層が分厚くなっていると、毛穴の出口を防いでしまう場合があります。

すると毛穴のなかで皮脂が貯まり、この皮脂を栄養分としてアクネ菌が繁殖していくことになるのです。

アクネ菌はこの皮脂を分解するときに、遊離脂肪酸と呼ばれる物質を作り出します。

この遊離脂肪酸が炎症を起こすため、ますます頭皮の角質は厚くなり毛穴が詰まりを促進させていくことになります。

またアクネ菌が排出するボルフィリンには、紫外線に触れることで大量の活性酸素を発生させる作用があります。

するとこの活性酸素が毛穴に詰まった皮脂を酸化させて、過酸化脂質に変えてしまいます。

過酸化脂質には炎症を引き起こす作用があるため、遊離脂肪酸と一緒になって周辺組織を破壊しニキビを悪化させていくのです。

このようにニキビのできた頭皮はとても敏感になっているので、少しの刺激でもニキビを悪化させる可能性があります。

頭皮にニキビができてしまったら、チャップアップなどの育毛剤による頭皮ケアはいったん中止しましょう。

公式サイト

チャップアップを使わないほうがいい理由

ここまで、頭皮にニキビがあってもチャップアップを使用して大丈夫なのか?について解説してきました。

ニキビができてしまったら、いったんチャップアップの使用を中止した方がよいことはおわかりいただけたかと思います。

そこで、ここでは育毛剤の使用がおすすめできない具体的な理由について、詳しく確認していきましょう。

公式サイトに注書きが書いてあるため

添付文書を確認してみましょう

チャップアップの公式HPをみてみると、頭皮にニキビなど湿疹がある場合のチャップアップの使用に関する質問が寄せられています。

そのような質問に対して公式サイトでは、使用しないように注意が促されています。

このことから、メーカーもニキビがあるときの使用を推奨していないことがわかります。

このため、ニキビが完全に治ってからチャップアップでの育毛ケアを開始するのがおすすめとなります。

ニキビに指が触れてしまうから

指が触れてしまうから

またチャップアップの育毛ローションは、髪につけるのではなく、頭皮につけることが前提となっています。

薄毛が気になる部分にしっかり育毛ローションをもみこむことで、有効成分を頭皮に浸透させる狙いがあるのです。

このようにチャップアップで育毛対策をするには、育毛ローションで頭皮マッサージをする必要があります。

ところが頭皮にニキビがあると、頭皮による刺激によってニキビが悪化してしまう可能性があります。

このため、ニキビがあるときのチャップアップはおすすめできないのです。

育毛効果が期待できないから

育毛効果が期待できないから

頭皮にニキビがあるということは、頭皮の毛穴が詰まって炎症を起こしている状態です。

このような状態では、せっかくチャップアップを使用してもその有効成分が頭皮に浸透していくことは期待できません

そのため、チャップアップを使用する前に、まずニキビを改善することが大切なのです。

頭皮にニキビができてしまったら

以上から、チャップアップで育毛ケアをするには、頭皮ニキビの無い状態である必要があることがわかりました。

しかし、もし使用中に頭皮にニキビができてしまったらどうすればいいのでしょうか?

ニキビができていると、毛穴が皮脂が毛穴周辺で固まってしまい髪が十分に成長することができません。

このため放置しておくと、抜け毛の原因になってしまいます。

頭皮にニキビができてしまった時に行うべきポイントが6点ありますので、ご紹介していきたいと思います。

皮膚科にいく

皮膚科に行きましょう

頭皮にできるニキビは髪に囲まれていることもあって、治りにくいとも言われています。

このため頭皮の炎症が悪化し、赤みや腫れがあったり痛みを感じる場合は、皮膚科を受診するのがおすすめです

ニキビは尋常性ざ瘡と呼ばれる皮膚疾患に該当するため、保険適用範囲となり治療費も比較的安くなります。

さらに皮膚科では直接頭皮のニキビを診察した上で、それぞれの状態に合わせた薬を処方してもらえるのもメリット。

そのため、薬局などで市販薬を購入するよりも効率的なニキビ治療ができます

皮膚科で処方してもらえる薬には、ニキビの原因であるアクネ菌を退治するための抗生物質。

そのほか炎症を鎮める薬、ビタミン剤や漢方薬などが存在しています。

シャンプーはやさしく

シャンプーはやさしく行いましょう

頭皮ニキビができてしまう原因として、洗浄成分が強いシャンプーを使用していること、シャンプーのしすぎが挙げられます。

洗浄成分の強いシャンプーは、頭皮のバリア機能に必要な皮脂まで奪ってしまうため、頭皮が乾燥する原因になってしまいます。

その結果、さらに皮脂分泌が促進されるため、炎症が起きやすくなってしまうのです。

シャンプーは1日1回までを限度とし、洗い残しが無いようにしっかりとシャンプーを洗い流すことも大切です。

またシャンプーの成分でニキビができている場合には、頭皮に優しい成分が配合されたシャンプーに変えるのもおすすめです。

整髪料は控える

整髪剤は控えましょう

ニキビのできた頭皮はとても敏感になっています。

そのため、普段使っている整髪料がニキビに与える刺激は、想像以上に大きなものになっています。

ニキビを早く治したいのであれば、整髪料の使用を控えることも大切なポイントになります。

睡眠時間を確保する

睡眠時間を確保しましょう

実はニキビと睡眠時間には密接な関係があります。

人は夜眠っている間に成長ホルモンが分泌され、昼間に受けたダメージを修復して新しい皮膚を作る作業が行なわれています

これは、もちろん頭皮も例外ではありせん。

ところが睡眠時間が不足すると、この修復作業が十分に行わなくなって頭皮のターンオーバーが乱れてしまいます。

その結果、頭皮にニキビができてしまうのです。

また睡眠不足自体がストレスとなって、男性ホルモンの分泌量を増やすこともわかっています。

その結果、皮脂が過剰分泌となり、毛穴が詰まって炎症の原因となってしまうのです。

以上の原因から、睡眠不足を解消し、睡眠時間を確保することもニキビの予防や改善に必要と言えます。

ストレスを発散する

ストレスを発散しましょう

ストレスが引き金となってニキビができる場合もあります。

人間の体は、ストレスを受けると自律神経が影響を受け、体の機能を活性化させようとする働きが起こります。

そのため、体内に男性ホルモンや、ノルアドレナリンと呼ばれるホルモンが増加することがわかっています。

この男性ホルモンやノルアドレナリンには皮脂分泌を促進させる働きがあります。

さらに男性ホルモンには、皮膚を固くする作用があるため、毛穴が詰まりってニキビができやすくなってしまうのです。

このようなストレスの影響を避けるには、やはり日常生活で上手くストレスを発散することが大切です。

週末に趣味やスポーツを楽しむなどして、ストレスを発散できる環境をつくりましょう。

食生活の見直し

食生活を見直しましょう

ニキビの改善には、食生活を見直すことも効果的です。

食事から摂取できる栄養素には、ニキビの原因である皮脂分泌や活性酸素の抑制、炎症を鎮める効果などが期待できます。

仕事が忙しく食事に気を配る余裕がない方は、食事にプラスして野菜ジュースやスムージーなどでビタミン類を摂取するのもおすすめです。

また皮脂の分泌を促進させる食べ物として、甘いお菓子類や脂っこい食べ物が挙げられます。

これらの食べ物は炎症を悪化させる原因となりますので、ニキビができているときは控えるようにしましょう。

チャップアップを使う前に頭皮の状態をチェックしよう!

いかがでしたか?今回はチャップアップとニキビの関係についてご紹介しました。

ニキビが頭皮にできていると、頭皮がとても敏感になっているため、チャップアップを使用することはおすすめできません

かえって症状を悪化させてしまう場合も考えられます。

チャップアップで育毛ケアをするときは、頭皮に炎症ができていないか事前に確認してから使用するようにしましょう。

公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です