チャップアップは濡れた髪に使ってOK?詳しく解説

チャップアップは髪が濡れた状態で使ってもいいの?

チャップアップを使うタイミング

あなたは、育毛剤「チャップアップ」をどのタイミングでつけていますか?

濡れたままの状態でつけたほうが良いなんてこともきいたことがあります。

でも、人によっては、髪を乾かしてからつけていますよね。

果たしてどちらが正しいのでしょうか?

効果的にチャップアップを使うには、いったいどのタイミングなのか、調査してみました。

【本題】髪が濡れたまま使っても平気?

チャップアップを使うタイミングはいつなのか?

答えは「髪を乾かしてから」。

つまり、ドライヤーで髪を乾かしたあとに塗布するのが効果的ということです。

一昔前は、きついアルコール成分を配合している育毛剤が多かったので、乾かした状態で塗布すると、頭皮に刺激を与えすぎてしまうので、頭皮が少し濡れている状態でつけるのが良いとされていました。

実は現在も頭皮とって刺激が強い成分を配合している育毛剤もあります。

そのため育毛剤によっては、頭皮が濡れている状態でつける方が良いかもしれません。

では、チャップアップの場合は、なぜ乾かしてから塗布した方が良いのでしょうか。

髪が濡れた状態でチャップアップを使わないほうがいい理由

チャップアップは、天然成分を抽出してつくられた、頭皮に優しい育毛剤です。

実際に、副作用もほとんど起こりません。

ですから、頭皮が乾いた状態で塗布したとしても、頭皮に刺激を与えることが、ほとんどありません。

むしろ、濡れた状態で塗布すると、頭皮や毛髪の水分で成分が薄まってしまい、効果が出にくくなる可能性があります。

一方、ドライヤーで毛髪を乾かし、頭皮も適度に乾いた状態で、チャップアップを塗布すると、頭皮に育毛成分が浸透しやすくなるといわれています。

それでは、チャップアップのおすすめの使い方を紹介しましょう。

髪をブラッシングする

「育毛の基本はブラッシング!」と力を込めてブラッシングしている方が多いようにみられます。

しかし、それは逆に、抜け毛を加速してしまっているかもしれません。

そもそも、ブラッシングの効果には、「頭皮へ適度な刺激を与えて、血行を促進する」、「皮脂の分泌を促し、頭皮環境を正常に保つ」、「髪の毛に付着したホコリや汚れ、抜け毛を取る」といった効果が期待できますが、先ほど説明したとおり、力の入れすぎは、頭皮や毛根を傷つけ、かえって頭皮環境を悪化させてしまいます。

また、固い素材でできているブラシも頭皮を傷つけてしまう可能性があります。

豚や猪の毛でできたブラシは適度な硬さで、静電気を起こしにくいのでお勧めです。

シャンプー前にブラッシングをすると、ホコリやフケが落ちるので、その後のシャンプーによる洗浄効果がアップします。

丁寧に予洗いする

「予洗い」とは、シャンプー前に、お湯でおおかたの汚れを取り除くことです。

予洗いには、2分ほどかけて、じっくりと行いましょう。

ただしく行えば、髪の汚れの約8割を落とすことができるのです。指を髪の中に入れ、手のひらにお湯をため、地肌を洗っていきます。

手のひらのお湯を頭皮に直接パシャパシャとかけるようなイメージで行ってください。

また、髪をかき分け、地肌を露出させてたうえで、直接お湯をかけるのも効果的です。

シャンプーをする

よく間違っているのが、手のひらで泡立ててから地肌につけるというもの。

これだと、髪の毛の汚れは落とせるものの、地肌に十分なシャンプー剤が行き届かなくなり、結果として地肌の汚れが十分に落とせなくなる可能性があります。

かといって、チャンプー剤のノズルを直に頭に・・・というのも極端な話ではないでしょうか。

正しい方法としては、手のひらに適量のシャンプー剤をとり、倍くらいの量のお湯を加えて薄める方法です。

この方法で洗えば、シャンプー剤は伸びがよくなった状態になり、頭皮に行き届きやすくなります。無理に泡立たせる必要はありません。

洗い方のもう一つのポイントは、「下から上に指を髪の間に差し入れること」。

髪の毛は、一般的に上から下に向かって生えています。これに逆らうようにシャンプー剤をつけることで、毛根部までシャンプー剤が行きわたり、頭皮をきれいに洗うことができるのです。

ガシガシと爪を立てると頭皮が傷ついてしまうので、指の腹を使って、こすらずに、軽くなでるように洗いましょう。

イメージとしては、美容師さんが行うシャンプーの仕方です。

ドライヤーで髪を乾かす

頭皮は一定の湿気が必要ですが、余分な水分があると、雑菌が繁殖しやすくなります。

そのためにも、シャンプー後に正しく髪を乾かすことが必要になります。

でもドライヤーをかけすぎると、髪は勿論のこと、頭皮にもよくありません。長時間のドライヤー使用を避けるためにも、まずはきっちりと「タオルドライ」をしましょう。

「タオルドライ」とは、簡単にいえば、タオルで余分な水分を取り除くこと。

イメージとしては、髪や頭皮の水分の80%をタオルドライで、残りの20%をドライヤーで髪を乾かすという感じです。

ドライヤーをかける際は、噴出口から15㎝以上話すと、熱による髪の毛の蛋白変性を避け、熱によるダメージを最小限に抑えることができます。

チャップアップを使用する

ここでいよいよチャップアップの出番です。

使い方はごく簡単です。

一日一回、シャンプー・ドライヤーの後に、約30回プッシュします。

なるべく頭部全体に吹きかけるように意識しましょう。

30回のプッシュは多すぎてもったいないと、勝手に回数を減らしてしまう方もいるようですが、プッシュした量すべてが毛根に届くわけではなく、髪の毛が邪魔をして、行き届かないこともよくあります。

正しい容量を守って使いましょう。

頭皮マッサージをする

最後にマッサージをします。

最低でも1分以上はマッサージをしましょう。

特に頭頂部と側頭部を重点的に、指先に力を入れて頭皮を押し揉むような感じで行ってみてください。

チャップアップで頭皮の血行が良くなっているこのタイミングで、マッサージを行えば、頭皮の血流が良くなり、頭皮環境が正常により近づきます。

【番外編】ちゃんと使わないと効果が半減する!?

チャップアップは、医薬部外品というものに分類されるある種の薬です。

ですから、用法容量というものがあります。

つまり、使い方と、使う量が予め決められているということ。

病気をしたときに、しんどいからと、勝手に薬を増やして飲んだり、逆に減らしたり、普通はしませんよね。

育毛剤も同じです。

正しく使わないと、効果が半減します。

更に言えば、頭皮の環境を悪化させ、副作用を引き起こすことも十分に考えられます。

まとめ

皆さんは、チャップアップを何のために使用するのでしょうか?

当然薄毛の予防や改善のためですよね。

正しい使い方は、多くのデータに基づいて、製造会社が割り出した、ベストな使い方なのです。

それを勝手に自己流にして、間違った使い方をしては、前述の様に良い結果にはなりません。

せっかく前向きになって、薄毛の予防や改善に取り組むのです。

チャップアップは正しく使用して、効率よく育毛していきましょう。

公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です