急にハゲが来た!落ち着いて原因を探り対応しましょう

急にハゲてきて不安…

あれ?髪の毛少なくなってね?ハゲてきた?

出典 : Twitter

最近周りの人にハゲてきとるよって言われて嘘やと思ってたけど 
今日、脳天がハゲてきてる父親に突然「遺伝ってするもんやなって」言われて真面目に焦るんだけど

出典 : Twitter

急にハゲてきた、と頭を悩ませてはいないでしょうか。

実は、急にハゲてきてしまうのはよくあることなのです。

実際には、ハゲてきたことにある日突然気づく人が多いでしょう。

他人に指摘された、枕元の抜け毛の量が増えたなど、気づくきっかけは人それぞれです。

しかし、気づいた時が対策の始め時です。

対策が遅れると、その分改善が難しくなってしまいますよ。

正しい対策をするためにまずは自分のハゲの症状を確認しましょう。

まずは症状の確認!

放射線治療などによる脱毛をのぞけば、急激に脱毛・薄毛が進行する原因は大きく分けて2つ。

それは、AA(円形脱毛症)とAGA(男性型脱毛症)です。

(ここでは主に男性のハゲについて解説します。もし女性の薄毛について知りたい場合は、下記の記事を御覧ください。)

1.円形脱毛症(AA)

円形脱毛症について

ある日突然、頭部に円形の脱毛部分があらわれる脱毛症です。

俗に「十円ハゲ」などとも呼ばれますが、大きさは数ミリから五百円硬貨ほどとさまざまで、年齢や性別に関係なく発症します。

進行すると1か所だけでなく複数個所に、また頭部のみでなく全身に起こる場合もあります。

再発しやすい疾病であるため、回復後も経過観察が必要です。

2.男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症について

AGAとは典型的なM字、O字、U字パターンを描いて薄毛が進行する脱毛症です。

前髪の生え際や頭頂部の髪の毛が細く柔らかくなることから始まるので初期の段階は気がつかない人がほとんどです。

実は、男性のハゲのほとんどは、このAGAだと考えられています。

このAGAは遺伝が大きく関係していると言われていますが、その直接的な引き金を引くのは生活習慣や食生活であることがほとんどです。

具体的な原因はのちに説明しますが、早期のうちに対策をしていれば予防することができると言われていますよ。

AGAの原因を今すぐ知りたい方は「こちら←
(円形脱毛症についての章をスキップします)

円形脱毛症の方の原因

円形脱毛症の原因について

円形脱毛症の原因は、主に自己免疫反応によるものと考えられています。

「免疫」とは、体内に入ってきた細菌などの異物を攻撃し排除する機能です。

しかし、その機能を持つリンパ球がなぜか異物ではない毛包を攻撃してしまう現象を自己免疫反応といい、その結果ひきおこされる脱毛が円形脱毛症です。

アレルギー体質との関連や、遺伝の要因なども指摘されていますが、なぜそのような自己免疫反応が起こるのかは不明です。

かつて原因と考えられていたストレスは、現在では、発症の引き金のひとつにすぎないと認識されています。

円形脱毛症の方がやるべきこと

円形脱毛症の対策について

軽い円形脱毛症は、ストレスから解放されることが大事です。

場合によっては、いつのまにか症状が無くなることもあります。

栄養バランスのとれた食事や、頭皮のマッサージによる血行促進などとあわせて、ストレスフリーの生活を心がけることで改善が期待できます。

重い症状や、いつまでも治らない場合は、皮膚科(または精神科)での専門的な治療が必要です。

発症のメカニズムが解明されていないため、根本治療ではなく、対症療法が中心となるようです。

AGAと思われる方の原因

ここからは、AGAが進行する原因について解説していきます。

少し難しい話になりますが、
AGAの直接的な原因は悪性の男性ホルモン(DHT)が作られることにあります。

このDHTが成長しきる前の髪の毛を抜け毛にしてしまうため、どんどんハゲていってしまうのです。

では、どうやったらDHTが作られてしまうのでしょうか。

実は、身近なところにある「生活習慣の乱れ」がDHTを多く作ってしまう原因になっているのです。

偏った食生活

まず、最大の原因になっているといってもいいのが食生活の乱れです。

脂質の多い偏った食生活

三食きちんと栄養の整った食事を取れている自信はありますか?

安くて美味しい食べ物ほど栄養が偏っているものです。

たまにならいいですが、毎日そういったジャンクフードを食べているとハゲの原因になってしまいますよ。

髪を育てる栄養素は、たんぱく質、ビタミン、ミネラルです。

髪の毛に必要な栄養が不足していたらもちろん健康な髪の毛を育てることができません。

いずれも髪に不可欠な栄養素ですが、体内でつくることができないため、食物として摂る必要があります。

特に、不足しがちなのが「ビタミン」です。

少し気にして成分表示を眺めるだけでもだいぶ違ってきますよ。

もっと詳しく食生活について知りたいという方にぴったりの記事がありますのでチェックしてはいかがでしょうか。

睡眠不足

睡眠不足について

1日どのくらい寝れていますか?

人によって個人差はありますが、1日の目安の睡眠時間は7~8時間と言われています。

仕事が忙しく8時間も寝られない方は睡眠の質を意識してみましょう。

寝る前にスマホを使ってはいませんか?

実はスマホから発されるブルーライトは睡眠の質を下げることがわかっています。

寝る30分~1時間前にはスマホを触るのはやめてみましょう。

寝つきや次の日の目覚めがだいぶ違いますよ。

運動不足

運動不足について

頭皮に栄養を送るのは血液の役割です。

せっかく食生活を正して睡眠時間を確保しても血行が悪く髪の毛に栄養を送れなかったら意味がありません。

運動は、そんな血行不良の改善に期待できます。

1日30分程度のウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか。

他にも運動にはストレス解消効果や、先ほど説明したDHTを減らす直接的な効果もあります。

続けるのは難しいですが、続けたら運動の効果を実感できると思いますよ。

ストレス

ストレスについて

ストレスは、その反応としてストレスホルモンを分泌させます。

ストレスホルモンは自律神経を興奮状態に導き、睡眠を妨げます。

睡眠不足はさらにストレスの原因となって、悪循環に陥ることもあります。

過度なストレスは、頭皮や消化管への血流が減少した状態がつづくため、抜け毛の原因となります。

ストレスの発散方法は人それぞれだとは思いますが、ストレスがハゲの原因になっていることは知っておくといいでしょう。

AGAと思われる方がやるべきこと

それでは次に、AGAの可能性がある方の対処法を見てみましょう。

定番の育毛剤の紹介から、先ほど「AGAと思われる方の原因」で説明した生活習慣の対処法まで解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

亜鉛とビタミンを積極的に摂取

髪の栄養素について解説

強い髪を育てる基本は、髪の原料を絶やさないことです。

肉や魚のたんぱく質は体内でアミノ酸に分解され、からだの各部にに送られ、再びたんぱく質として合成されます。

頭皮のコラーゲンや、毛髪のケラチンも再合成されたたんぱく質です。

このたんぱく質の合成に不可欠なミネラルが亜鉛です。

亜鉛欠乏のもとでは、たんぱく質が豊富でも、髪がつくられることはありません。

髪を形成するケラチン蛋白合成の際、亜鉛の働きを補酵素として助けるのがビタミンB群、とくにビタミンB6です。

その他、ビタミンA、C、Eにも血管を拡張、血行を促進する作用があるため、髪のために摂取したい栄養素です。

22:00~2:00の間は寝る?

睡眠について解説

22:00〜2:00の間に眠っていることは、たいへんよいことでしょう。

普通の学生や会社員が、この時間帯に起きているなら、おそらく寝不足でしょうから。

ただし、成長ホルモンがこの時間帯のみに出るとの誤った認識にもとづいているのなら修正が必要です。

成長ホルモンは時間帯とは関係なく、入眠時を起点に3時間継続するレム睡眠下で多量に分泌されることがわかっています。

徹夜をした場合、翌日の昼間に分泌されることも明らかになっています。

誤りのネタ元は、1983年に刊行された『生体リズムと医療』(Biological rhythms and Medicine. A Reinberg & MH Smolensky)という本に記載された、「午前1時~午前3時 血中成長ホルモン最高」という記載です。

これが日本でも研究者によって引用され、誤解が広まったようです。

睡眠と髪の成長が密接に関係していることは間違いないので、時間帯にこだわらず、良質な睡眠を心がけることが大切です。

有酸素運動をする

有酸素運動について解説!

マラソンや球技でからだを動かす時、手足の骨格筋に含まれるアデノシン三リン酸(ATP)が使われます。

しかし、これはわずか数秒から数十秒で使い果たされてしまします。

そこで呼吸によって体内に取り入れた酸素によって、血液中の糖質や脂肪を酸化しながらATPを生成し骨格筋に送ります。

これが有酸素運動のしくみです。

適度な有酸素運動をつづけることで、肺が酸素を血液におくる機能、心臓が血液を循環させる機能が高まり、糖や脂肪を代謝することで肥満が解消されます。

頭皮などの末梢血管も拡張され、酸素や栄養素が豊富に供給されることで、強い髪を育てます。

睡眠との関連でいえば、就寝2時間前に体温を0.5~1℃上昇させるような運動をすることで、快適な睡眠ができます。

運動のかわりに入浴でもよく、就寝前にリラックスした状態で約2時間の熱放散過程を経ること。

そうすると、自律神経が交感神経から副交感神経にスイッチすることが明らかになっています。

ストレスの原因を断つ

といっても、仕事がストレスの原因なら、仕事を辞めろというつもりはありません。生活パターンを変えたり、ストレスケアに工夫をしたり、ストレスと上手につきあうことが必要です。

ストレスは、長期化・深刻化するとうつ症状や自殺願望へと発展するおそれがあり、けっして軽く考えてはいけません。

現在、さまざまなリラクゼーション手法が開発されており、ネットや書籍でも紹介されています。自分に合った方法を見つけることが、長く、無理なく、つづけるコツです。

AGAにも効果的な育毛剤を使用する

以上に、AGAの対策をご紹介いたしました。

どうでしょう。どれもお金をかけずにできることですが、日々働いているみなさまからすると実現するには難しいものばかりだと思います。

そこで多少お金はかかりますが、手軽に行えるAGA対策として最後に育毛剤の使用をご紹介します。

育毛剤に期待できる主な効果は
・頭皮の血行促進
・頭皮環境の改善
・DHTの抑制
です。

どれもきちんとした食生活、運動習慣や睡眠で改善することができるものです。

しかし、生活習慣を完璧に正すのは難しい上に一度ハゲてしまうと生活習慣を正しただけでは改善されない場合があります。

そうした場合に、育毛剤を使用すると効率よくハゲ対策をすることができますよ。

AGA対策として育毛剤を検討している方にはプランテルEXがおすすめです。

AGAに特化した独自の成分が配合されているのでプランテルにしかできない効果を実感できるはずですよ。

肌に合わなかった時のために全額返金保証制度も行っているようなのでぜひ一度公式サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

公式サイト

急に薄毛になったら自分ができることをやろう!

ある日突然、急激な脱毛や薄毛の進行に気づいたなら動揺するのは当然のことです。

しかし、まず落ち着いてこれまでの生活習慣をふりかえってみるのがよいでしょう。

脱毛や薄毛が、自分の生活に起因していたことに気付くかもしれません。

これまで紹介した方法は、専門機関でも治療と並行して実行するよう奨励される内容です。

もちろん、専門期間を受診するか否かは症状に応じ各個人の判断によります。

とはいえ、いずれにしても今日からすぐに上記の方法を実践することが、解決への早道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です