髪の毛のバシバシの対策方法!やっぱりトリートメントが大事!?

髪の毛のバシバシを治したい!

髪の毛のバシバシ、嫌になっちゃうなあ…

街中で髪が綺麗な人を見ると思わずじっと見てしまいますよね。

清潔感を感じ、顔も見ていないのに綺麗な人なんだろうなという印象を抱いたことがある人も多いのではないでしょうか。

…というように、髪から与えられる印象はとても大きいです

印象に影響のある髪の毛がバシバシだったら、相手にどんな印象を与えるのでしょうか。

きっと多く女性の方は、サラサラな髪に憧れていろんな努力をしているでしょう。

なので今回はバシバシな髪の毛を治すために、髪の毛についてお話していきます。

そもそも髪の毛がバシバシとは?

バシバシの要因ってなに?

髪がバシバシになるのは、水分不足が大きく関係しています。

しっとり潤いのある髪の毛の理想の水分量は、約11%~13%といわれています。

それ以下であると、バシバシした髪の毛になってしまします。

髪の毛は、水分が逃げないようにするキューティクルという膜で覆われています。

そのキューティクルがダメージを受けて、キューティクルが剥がれると、水分が外に逃げてしまうのです。

それにより、髪が乾燥してバシバシになってしまうのです。

また、洗浄力の強いシャンプーなどにより、髪に必要な油分まで洗い流してしまうことでも、髪の毛はバシバシしてしまいます。

髪の毛がバシバシする原因

髪の毛の水分不足や、必要な油分がなくなると髪の毛はバシバシします。

髪の毛をバシバシにしたい!と思って髪を傷めることをする人はあんまりいませんよね。

では一体、私たちの普段の生活の中で、どんなことがバシバシにさせる原因になっているのでしょうか?

その原因をいくつか紹介します。

紫外線の浴びすぎ

紫外線の浴びすぎはバシバシの原因です。

外に出ると髪は直射日光を一番浴びてしまいますね。

紫外線は髪の毛にとって、よくありません。

髪が浴びる紫外線の量は、顔の約2倍といわれています。

紫外線によって、髪の毛のキューティクルはダメージを受け、壊されます。

キューティクルが壊れ、剥がれてしまい、髪の毛の水分は逃げてしまいます。

そして髪の毛は乾燥し、バシバシな髪の毛になってしまうのです。

また、枝毛や切れ毛の原因にもなります。

1度ダメージを受けた髪の毛は、そう簡単には戻りません。

パーマやヘアカラーのやり過ぎ

髪オシャレに欠かせないパーマやヘアカラーだけど…

オシャレを楽しみたい人には欠かせないパーマやヘアカラー。

しかし、パーマもヘアカラーも髪を痛ませてしまう大きな原因になります。

パーマというのは、髪の毛のキューティクルを剥がし、髪の毛の内部にあるシスチン結合という部分をを強引に切断させます。

そして、作りたい理想の形状に再び結合させるというものです。

ヘアカラーに関しても、キューティクルを強引に開いて髪の毛の内部のメラニン色素を脱色し、色を入れていきます。

パーマもヘアカラーもキューティクルを壊しているので、髪の毛はバシバシに傷んでしまいます。

ドライヤーによる熱

毎日のドライヤーも髪を傷ませてしまう

お風呂に入ってシャンプーをしたあと、毎日必ずといっていいほどみなさんドライヤーをしますね。

しかし、そのドライヤーも髪をバシバシにする原因の一つです。

髪の毛のキューティクルは熱に弱いという性質を持っています。

一般的なドライヤーの温度は、100度~110度といわれております。

100度以上の熱を長時間髪に当てるということは、どうなるかおわかりでしょうか?

キューティクルは、壊れてしまいます。

なので、ドライヤーをする際は、対策などをすることが大切です。

強めのタオルドライ

強く拭かないで!

お風呂から上がったら必ずといっていいほど、髪をタオルドライしますね。

髪が濡れたままだと頭皮にホコリやカビを引き寄せ、雑菌が繁殖し、頭皮環境は悪化してしまいます。

ですので、タオルドライはとても大切なのですが、ゴシゴシと強く拭くのはよくありません。

強く拭くとキューティクルが剥がれ落ちてしまうんです。

強く拭いたほうが早く乾くと思い、強く拭く人は多いと思います。

ですが、キューティクルを守るためにも優しく包み込むように拭きましょう

洗浄力の強いシャンプー

毎日使うシャンプーも気をつけて

みなさんが毎日使うであろうシャンプー。

洗浄力の強いシャンプーを使っていませんか?

洗浄力の強いシャンプーは、髪によくありません。

髪や頭皮は、毛穴から分泌された皮脂や常在菌により守られています。

しかし、洗浄力の強いシャンプー使用していると、必要な皮脂や常在菌も落とされてしまいます

そして乾燥してしまい、髪の毛のキューティクルを壊す要因になります。

洗浄力が強いほうが髪の汚れが落ちると思うのかもしれません。

しかし、髪の毛の汚れは強い洗浄力のシャンプーでなくても、洗い方さえしっかりすれば落ちますよ。

髪の毛のバシバシの対策方法

対策方法を教えて!

ここまでは髪がバシバシになる原因について触れてきました。

思い当たる部分がある人も多かったのではないでしょうか?

そうなると知りたいのは、髪がバシバシにならないための対策です。

ここでしっかりと、対策法を勉強していきましょう。

洗髪方法を見直す

髪の毛がバシバシにならないために、まずは洗髪方法について見直してみましょう。

1つ目にシャンプーの仕方についてです。

シャンプーは”頭皮の汚れを落とす”というイメージで行いましょう。

もちろん髪も洗うのですが、髪の毛の汚れは頭皮を洗う際にでてくる泡で十分に汚れは落ちます。

逆にシャンプーを毛先までつけて洗うと、キューティクルが剥がされてしまいます。

キューティクルが壊されないように、優しくシャンプーすることを心がけましょう。

2つ目にタオルドライについてです。

タオルドライはゴシゴシと強くこすらず、髪の毛をタオルで挟んで髪の毛の水分を取るようにしましょう。

その際は、吸水性の高いタオルを使用すると髪の毛の水分が取れやすいでしょう。

3つ目にドライヤーについてです。

高温の熱を髪に長時間あてることはキューティクルを壊す原因になります。

なのでドライヤーは低温で強風の設定にし、髪からは20~30cm離して使用しましょう。

そして頭皮を乾かすイメージでドライヤーをしましょう。

毎日行うことなので少しでも髪の毛に負担をかけないよう、紹介した洗髪方法を意識して行いましょう。

頭皮や髪に優しいシャンプーを使う

シャンプー選びは大切

シャンプー選びもとても大切になります。

髪に優しいシャンプーを選ぶなら、アミノ酸シャンプーがおすすめです。

髪の毛はタンパク質でできていて、そのタンパク質の構成に欠かせないのがアミノ酸です。

アミノ酸は髪の毛の水分補給に努め、保湿効果に期待でき、低刺激で頭皮や髪にも優しいです。

また、アミノ酸シャンプーには「アミノ酸配合シャンプー」と「アミノ酸シャンプー」があります。

アミノ酸配合シャンプーは、アミノ酸の洗浄剤が少量しか入っていないものです。

アミノ酸シャンプーには表示成分に「ココイルグルタミン酸」「ココイルアラニン」と記載されています。

選ぶ際はよく確認しましょう。

トリートメントを使う

トリートメントケアは必須!

髪の毛がバシバシにならないようにするためには、トリートメントも使用しましょう。

トリートメントには2種類あります。

「洗い流すトリートメント」「洗い流さないトリートメント」です。

洗い流すトリートメントは濡れて開いたキューティクルに、栄養を補給する役割をします。

基本的にトリートメントをつけて数分置くので、時間をかけヘアパックするものです。

洗い流さないトリートメントは、タオルドライをした後に髪に付けるものです。

洗い流すトリートメントの栄養を閉じ込める役割があります。

また、ドライヤーの熱から髪の毛を守ってくれる役割もあります。

洗い流さないトリートメントには、ミルク、オイルなどがありますが、オイルタイプが保湿が高くおすすめです。

洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメントの2種類を、しっかり使用しましょう。

バシバシした髪におすすめのトリートメント

おすすめのトリートメントは?

シャンプーと同様に、トリートメントもいろんなものが販売されています。

たくさんあるので選ぶのに迷ってしまいます。

バシバシに傷んだ髪にはどんなトリートメントがいいのでしょうか?

ここではおすすめトリートメントを3つ紹介したいと思います。

ヘアレシピ ハニーアプリコットエンリッチモイスチャーレシピトリートメント

栄養士とヘアエキスパートが共同で素材や香りにもこだわり開発したといわれ、ここ最近注目されているブランドです。

髪の毛1本1本に潤いを与え、艶を引き出し、健康的な髪に導いてくれます

特徴として、トリートメントはとても濃密で、色はオレンジ色です。

そして、香りもアプリコットとハニーの甘い香りが漂ってきます。

トリートメントをし、時間を置いてから流すととても指通りが良くずっと触っていたい髪に…。

ドライヤーをすると髪がしっとりしていて、さらにサラサラになっていることも感じ、香りも続きます!

値段は安くはありませんが、買えない金額でもないので、おすすめのトリートメントです。

Amazonで購入する

パンテーン エクストラダメージケアデイリー補修トリートメント

パンテーンのエクストラダメージケアシリースは枝毛や切れ毛に悩んでいる方におすすめのシリーズです。

蓄積していたダメージまで徹底補修し、しっとりサラサラな髪へと導いてくれます。

パサついた髪の毛もしっかりとまとまり、指通りのいい髪の毛に!!

ぱさついた髪の毛でも、このトリートメントを使用すると翌朝、髪がしっとりしていてまとまりも良くなります!

フルーティな香りも、とても評判がいいですよ。

また、値段も高くなく、容量も大きいので毎日使用するトリートメントとしてはとてもありがたいですね!

Amazonで購入する

ケラスターゼ NU ソワン オレオ リラックス

ケラスターゼといえば、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

美容院でおすすめされることもある、洗い流さないトリートメントです。

こちらのトリートメントは、バシバシになりまとまりにくい髪の毛に潤いを与え、サラサラでまとまりやすい髪の毛を実現します。

そして、広がってしまう髪の毛を独自成分の「ニュートリオイル」できれいに抑えます。

香りはフルーティの香りです。

値段は安いとはいえませんが、バシバシな髪の毛を改善した気持ちがあれば、出せない金額でもありません。

タオルドライ後の髪の毛につけるだけなので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

Amazonで購入する

まとめ

髪に優しいを心がけよう

多くの女性は、いつまでも美しく綺麗な髪でありたいと思いますよね。

髪を長く伸ばしたことがある人はわかるともいますが、長い髪をきれいに保つことは簡単ではありません

普通に生活しているだけで、髪はバシバシに傷んでしまいます。

綺麗な髪を保つためにも、髪の毛が痛む原因になるようなことは控えることが大切です。

そして、髪の毛のために普段使用しているシャンプーやトリートメントも見直してみましょう。

自分の髪に合ういいシャンプー、いいトリートメントを見つけることが重要になります。

時間は掛かるかも知れないですが、努力をすれば髪の毛は期待に応えてくれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です