髪の毛が痩せるのは何で?対処法も徹底解説

髪の毛が痩せるってどういうこと?

髪の毛が痩せるとはどういうことなのでしょうか?

髪の毛が痩せるという言葉を見たり聞いたりしたことはありませんか?

なんとなく良くないイメージですが、実際に髪の毛が痩せることで悩んでいる方も多いようです。

実は髪の毛が痩せることで、何かしらの症状を引き起こしてしまうことがあり、抜け毛や薄毛などの原因になってしまう可能性があります。

そこで今回は、髪の毛が痩せるとはどういうことなのか、どんな症状を引き起こしてしまうのか、詳しくご紹介します。

そして髪の毛が痩せる原因や対処方法まで徹底解説します!

髪の毛が痩せるとは?

細くなったりハリやコシがなくなったるすることです。

髪の毛が痩せるとは、いったいどういうことなのでしょうか?

いわゆる痩せ髪とも言われており、ハリやコシ、ツヤなどが無くなり細くなってしまったことをいいます。

以前より細く痩せることで、ボリュームダウンした状態になり、年齢よりも老けて見られたり不健康に見られたりします。

やはり、髪の毛は太くハリやコシ、ツヤがある方がいいですよね。

ただ、もともと細い人でもキューティクルが整っていてハリやコシがあれば、痩せ髪ではありません。

髪の毛が痩せるのはなぜ起こる?

なぜ、髪の毛が痩せるのでしょうか?

それは様々な原因により、ヘアサイクルが乱れてしまうことが主な要因としてあげられます。

その他に、頭皮や髪の毛に大きな負担がかかることも原因になります。

痩せ髪になる原因は1つだけではなく、日頃の生活習慣のなかに多くの原因が重なっていることが多いです。

また、痩せた状態をそのままにしておくと、薄毛や抜け毛へと進行してしまうことも。

それでは、髪の毛が痩せる主な6つの原因を、詳しくご紹介していきましょう。

加齢

加齢は髪の毛が痩せる原因です。

加齢によって髪の毛や頭皮の老化現象が進むことが、痩せる原因の1つです。

男性の場合は20歳前後、女性の場合は30歳前後が太さのピークと言われています。

頭皮の老化現象により、毛母細胞の働きが弱くなったり、頭皮のハリが無くなったりして痩せることになります。

また、加齢によって血管も老化しますので、酸素や栄養素を運ぶ血液の流れが悪くなります。

そのため、頭皮に充分な栄養素が行き渡らなくなり、髪の毛が細く痩せてしまうことが多いです。

頭皮の血行不良

頭皮が血行不良を起こすと髪の毛が痩せてしまいます。

髪の毛が痩せる原因のもう1つは、頭皮の血行不良です。

頭皮が血行不良を起こしてしまうと、必要な栄養素が運ばれにくくなります。

そのため髪の毛が、細く痩せる原因になってしまうのです。

人の身体も、きちんと食事をしないと栄養素が足りなくなり痩せてしまいますよね。

また先ほどの血管の老化以外にも、たくさんの血行不良になる要因があります。

例えば過度なストレス、喫煙、運動不足、睡眠不足など頭皮の血行不良になる原因は、普段の生活習慣のなかにたくさん潜んでいますよ。

偏った食生活

偏った食生活は髪の毛が痩せる原因です。

偏った食生活を続けていることも髪の毛が痩せる原因です。

栄養バランスの良い食事は、健康な身体や健康な髪の毛を維持するために欠かせません。

タンパク質やビタミン、ミネラルといった必要な栄養素が不足することで痩せてしまうのです。

特に脂っこい食べ物は血流を悪くし、さきほどご紹介した頭皮の血行不良につながります。

また皮脂の過剰分泌を引き起こす可能性があり、髪の毛の成長を阻害することで痩せる原因になります。

過度なダイエット

過度なダイエットは、身体が栄養不足になりやすいです。

過度なダイエットもまた、髪の毛が痩せる大きな原因の1つです。

栄養バランスの良い食事と運動を行いながら適度にダイエットをするのであれば大きな問題はありません。

ただ、極端な食事制限をしてダイエットをする場合は注意しましょう。

過度なダイエットを続けることで、身体が栄養不足の状態になり頭皮まで必要な栄養素が届かなくなってしまいます。

また、極端な食事制限をすることでストレスが溜まると、頭皮の血行不良につながり痩せる原因です。

ヘアカラーやパーマのしすぎ

ヘアカラーやパーマのしすぎは大きな負担がかかります。

そしてもう1つの痩せる原因は、ヘアカラーやパーマのしすぎです。

これらは頭皮にも負担がかかっており、実は想像以上にダメージがあります。

ヘアカラーやパーマをすると、キューティクルがはがれ髪の毛の成分であるケラチン(タンパク質)が外に出てしまいます。

そのため、髪の毛の栄養素や保湿する成分が無くなってしまい痩せることになるのです。

またヘアカラーやパーマは頭皮にも付着し、毛根を痛めてしまうことで健康な髪の毛の成長を妨げてしまいます。

紫外線の浴びすぎ

紫外線の浴びすぎはダメージが大きいです。

髪の毛が痩せる原因、6つめは紫外線の浴びすぎです。

先ほどのヘアカラーやパーマのしすぎにより、キューティクルがはがれてしまうことと同じく、紫外線の浴びすぎでも同じことが言えます。

一度はがれてしまったキューティクルは元には戻りませんので、新しく生えてくるまでは、痩せた状態ということになります。

また、頭皮も紫外線により日焼けをすることで、頭皮の乾燥や老化現象を引き起こしてしまいますので注意しましょうね。

髪の毛が痩せていたら気をつけたい症状とは?

いくつかの原因によって髪の毛が痩せてしまうとご説明してきました。

実は、髪の毛が痩せていたら気をつけたい症状があります。

痩せるということは、なんらかの症状を引き起こしている可能性があるのです。

気づかずにいると症状がさらに悪化してしまう可能性もありますので、早めに原因を突き止めて対策することが大切です。

これから髪の毛が痩せていたら気をつけたい症状をご紹介していきますので、確認していきましょう。

抜け毛や薄毛

抜け毛や薄毛の症状を引き起こします。

髪の毛が痩せることで、抜け毛や薄毛の症状を引き起こしてしまう可能性があります。

今までご紹介した様々な原因によって、頭皮環境が悪化している状態です。

その悪化した状態が続くことでヘアサイクルが乱れ、いずれは抜け毛になってしまいます。

抜け毛が増えると髪の毛の密集度が減り、薄毛の状態になります。

以前に比べて痩せて細くなってきたと感じたら、それは抜け毛や薄毛になる一歩手前ですので早めの対策が必要です。

AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)の可能性も。

AGA(男性型脱毛症)の症状を引き起こしていることも考えられます。

男性ホルモンの過剰分泌によりヘアサイクルが大きく乱れることによって、抜け毛が増え、薄毛になってしまう男性特有の症状です。

遺伝なども関係が深いですが、普段の生活習慣によってAGAの進行が加速することがあります。

また、AGAは年齢に関係なく症状が出ますし、AGAの初期は髪の毛が痩せたことで気づくことができます。

抜け毛が増えたり薄毛になったりする前に早めに対策をしましょう。

FAGA(びまん性脱毛症)

FAGA(びまん性脱毛症)は女性特有の脱毛症です。

AGAが男性特有の脱毛症であるなら、FAGA(びまん性脱毛症)は女性特有の脱毛症のことです。

AGAもFAGAも男性ホルモンの過剰分泌によって、抜け毛や薄毛の症状が進行します。

ただ、両者の違いの特徴は抜け毛が起きる部分です。

男性のAGAの場合は、主に前頭部や頭頂部などの一部です。

FAGAの場合は頭部全体の髪の毛が痩せて細くなり、薄毛が目立つようになります。

また、男性ホルモンの過剰分泌以外にも様々な原因によって、FAGAが引き起こされることも特徴の1つです。

髪の毛を太くするにはどうすれば良い?

ここまでの話の中で、髪の毛が痩せる原因として思い当たることはありましたか?

以前より髪の毛が痩せていることに気づいたのであれば、早めの対策をすることで改善を見込めます。

痩せた髪の毛を太くするための対策を、これから具体的に紹介しますので参考にしてくださいね!

規則正しい生活習慣

質の良い睡眠や適度な運動が大切です。

髪の毛を太くするには、普段の生活習慣を見直しましょう。

特に大切なことは質の良い睡眠時間の確保です。

髪の毛を太くするための成長ホルモンは寝始めの3時間に分泌されます。

特に、眠りについてから30分から1時間後の、ノンレム睡眠の中でも1番深い眠りの時に多く分泌されます。

髪の毛を太くするには、成長ホルモンが分泌している時間にぐっすりと眠れているかどうかが大切です。

質の良い睡眠は、血行促進やストレスの解消にもつながります。

また、適度な運動をすることも、血行促進やストレスの解消に効果がありますのでおすすめですよ。

バランスのとれた食事

意識的にバランスのとれた食事を心掛けましょう。

食生活を見直しバランスの良い食事を心掛けることで髪の毛を太くすることができるでしょう。

三大栄養素と言われる、タンパク質、ビタミン、ミネラルを意識して摂取することが大切です。

特にタンパク質(ケラチン)は髪の毛の主成分ですので、積極的に摂取することをおすすめします。

肉や魚、大豆、乳製品などが主にタンパク質が豊富な食べ物です。

なかなかバランスのとれた食事をとることが難しい人は、サプリメントなどで足りない栄養素を補ってもいいですね。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージは血行促進に効果的です。

頭皮の血行を良くすることで、必要な栄養素が頭皮に行き渡りやすくなり、太くすることが期待できます。

せっかくバランスの良い食事で栄養素を摂取しても、それが頭皮まで届かないと効果は実感できませんよね。

そのために頭皮マッサージを毎日の習慣にすることがおすすめです。

指の腹で指圧するように刺激することで、頭部の血行促進に効果があります。

また、かたくなった頭皮を柔らかくすることにつながりますので、髪の毛が成長しやすい土台を作ることができます。

ぜひ、血行促進に効果がある頭皮マッサージを習慣化していきましょうね。

紫外線ケア

紫外線ケアをしてダメージを最小限にしましょう。

痩せた髪の毛を太くするのに意外に見落としがちなのが、頭皮の紫外線ケア

紫外線予防対策としては、帽子や日傘の使用は簡単で効果的な方法です。

また、UVカット効果がある洗い流さないトリートメントやスプレーなどは、手軽に使用できますのでおすすめですね。

そして紫外線を長時間浴びてしまった場合は、冷やしたタオルなどで頭皮のクールダウンが有効です。

シャンプー時は優しく洗うようにすることや、キューティクルの保護効果のあるトリートメントなどの使用が効果的ですよ。

カラーリングをしすぎない

カラーやパーマは間隔を空けることが大切です。

痩せた髪の毛を太くするにはカラーリングやパーマをしすぎないことが大切です。

髪の毛や頭皮の状態を確認して、一時的に控えたり、できるだけ間隔を空けたりすることが良いでしょう。

カラーリングには白髪染めも含まれますので、なかなかやめることは難しいと思います。

そのような場合は回数を減らすほかに、天然由来成分で作られたヘアカラー剤を使用することで、ダメージを最小限に抑えてみてはいかがでしょうか 。

また、自分で行うと薬剤が頭皮に付きすぎてしまうことや、洗い残しがある場合がありますので、ヘアサロンなどで美容師さんに施術してもらうことがおすすめです。

育毛剤治療

育毛剤の使用と頭皮マッサージを行うことがおすすめです。

頭皮に直接働きかけることで髪の毛を太くすることができるのが、育毛剤治療

育毛剤には、髪の毛を太く強くする成分が豊富に配合されています。

さらに抗炎症効果のある成分や、頭皮の血行促進効果のある成分が含まれていますので、育毛効果が高くおすすめです。

育毛剤の使用と同時に頭皮マッサージを行うことで、さらなる血行促進と育毛剤の成分が頭皮に浸透しやすくなります。

育毛剤は比較的、手軽に育毛効果が期待できますので、試してみてはいかがですか。

ブブカ(男性用)

ブブカは、センブリエキスなどの4種類の有効成分が配合された男性用育毛剤です。

ブブカに配合されている4種類の有効成分は、医薬部外品として承認されており、太く強い髪の毛を育てることが期待できます。

また、乾燥やダメージで弱った頭皮に、弾むようなハリや保湿効果をもたらせてくれる成分である、コラーゲンやヒアルロン酸も配合されています。

頭皮や髪の毛に良くないとされる化学物質も極力少ない配合ですので、ブブカの育毛剤は頭皮に優しく安心して使用できるでしょう。

公式サイト

ベルタ(女性用)

ベルタは、女性の髪の悩みに合わせて作られた女性用育毛剤です。

56種類もの育毛・頭皮ケア成分が配合されており髪を太くすることが期待できます。

また、センブリエキスやグリチルリチン酸など3種類の育毛有効成分が配合されているのは嬉しいですね。

その他に、無添加で天然由来成分を使用しているため、頭皮に優しいので安心です。

乾燥した頭皮を保湿する成分や、栄養を補う成分が配合されていますので、硬くなった頭皮の柔軟性を高めることができます。

公式サイト

まとめ

痩せた髪の毛から卒業しましょう!

髪の毛が痩せる原因はいくつかあり、それらが複合的に重なることもあります。

それらの原因を把握しきちんとした対策を行うことで、改善できる可能性が高まります。

やはり中心となるのは、生活習慣や食生活の見直しを行い、じっくりと取り組んでいくことが必要です。

その上で育毛剤を使用することで少しでも早く改善に向かうことができるでしょう。

また、場合によってはAGAやFAGAを疑ってみて専門クリニックを受診することもおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です