ヘルメットでハゲや薄毛になるの?【バイクは大丈夫!?】

ヘルメットは危険!?ハゲや薄毛に関係あるの?

薄毛になる?!

ヘルメットや帽子をかぶるとハゲや薄毛になるって耳にしたことがありませんか?

実際にはどうなんでしょうか?

現在のヘルメットは昔のものと比べて、通気性がよくなっています。

そのため、蒸れ具合も軽減はしているのです。

それでは、ヘルメットが本当に危険なのかどうか解説していきましょう!

バイクによく乗る方は、特に必見ですよ!

ハゲや薄毛の原因がヘルメットにあるのかどうか、知る機会となりますよ。

ヘルメットとハゲの関係とは

ハゲとの関係性について

それでは、ハゲの関係について解説していきましょう。

バイクに乗る皆さんは、頭が蒸れた経験があるのではないでしょうか?

バイクに乗っている間は、直射日光を直接浴びるため日差しを避けることができません。

そのため、頭が蒸れてしまいますよね。

この蒸れがハゲの原因とも言われています。

でも、実はヘルメットは直接的なハゲの原因にはならないようです!

しかし、以下の状況下にあるとハゲや薄毛が進行する可能性がありますよ。

ヘルメットが汚れている

汚れもハゲの原因に?!

ヘルメットが汚れているのに放置したり、かぶり続けていませんか?

汗や皮脂で汚れたままかぶることで、その汚れが直接頭皮に接触してしまいます。

その結果、頭皮まで汚れてしまうのです。

インナーパッドはこまめに拭いたり洗う必要があります。

汗や皮脂を放置していると、ニオイも発生するため不衛生です。

インナーパッドの汚れが目立ってきた時は、取り替えるようにしてくださいね。

常に清潔をキープし、使う度に拭くことをおすすめしますよ。

気温が高い夏などの使用

夏は特に注意!

気温が高い夏は、気度も上がり汗をかきやすくなりますよね。

頭は直射日光を浴びて、さらに熱くなっています。

それにより細菌が発生しやすくなるため、不衛生になるのです。

汗や皮脂でベタベタしたままかぶり続けると、ニオイも発生しますよね。

これは雑菌が繁殖している証拠です。

定期的に汗を拭いたり、頭を冷やすなど工夫をするようにしましょう。

汗で蒸れた頭皮を放置していると、脂漏性皮膚炎になる可能性もあります。

それにより毛穴が炎症を起こしてしまい、薄毛になるケースがあるのです。

特に気温が高くなる夏は注意が必要ですよ。

バイクのヘルメットはハゲを引き起こす?

薄毛になるの?

このように場合によっては、ヘルメットがハゲを引き起こす原因になりかねないことがわかりましたね!

ただし、少しの時間だけ使うくらいなら大丈夫です。

短時間使用の場合も、汗や皮脂、汚れは毎回拭くようにしてくださいね。

また、長時間使う場合も休憩を挟んだり工夫をしてください。

こまめな対処がハゲを予防することにつながりますよ!

ヘルメットによるハゲや薄毛を避けるには?

防止する方法とは?!

バイクに乗る際は必ずヘルメットを着用しなくてはいけませんよね。

当然ですが、着用を避けることができません

それでは、ハゲや薄毛をどうすれば防ぐことができるのでしょうか?

普段から着用する方はぜひ知りたいですよね!

できるだけ換気する

換気しましょう!

ヘルメットを着用する際は、換気をこまめにすることで薄毛を予防することができますよ!

汗や皮脂により雑菌が繁殖するため、清潔なタオルやハンカチでふき取るようにしてくださいね。

バイクに乗る際は、日差しを直接浴びてしまうため特に夏は汗をたくさんかきますよね。

夏に限らず、どれだけ寒くても知らず知らずのうちに実は汗をかいているのです!

季節を問わず、ヘルメットの中では汗をかいてしまうため高温・多湿状態になっています。

換気をせずに蒸らした状態で長時間過ごすと不衛生です。

できるだけ換気をし、頭皮環境を悪化させないように気を付けてくださいね。

ヘルメットの中は必ず清潔にする

清潔に保ちましょう!

汗や皮脂で蒸れやすいヘルメットの中は、想像している以上に汚れているのです。

着用中は常に汚れ・高温と戦っていることを忘れないでくださいね。

しかし、清潔をキープすることで薄毛を予防することはできます!

風通しに優れたヘルメットを選ぶこともおすすめですよ。

バイク専門店でも、通信販売でも安全性以外にも清潔さを重視したものはたくさん販売されています。

吸水・速乾性に優れたインナーパッドを選ぶことで清潔感をアップさせることができるのです。

選ぶ際は、見た目だけでなくインナーパッドの品質にもこだわってみてくださいね!

大事なのはヘルメット使用後のシャンプー!?

シャンプーの重要性について

大事なのは、ヘルメットを使った後のシャンプーなのです!

汗をたくさんかいた頭皮は皮脂で汚れています。

汗や皮脂でベタベタした頭皮は、一刻も早くシャンプーする必要があるのです。

汚れたまま放置していると、ニオイが発生し菌も繁殖しているのです。

シャンプーで皮脂や汚れをしっかり落として、頭皮や髪をケアすることが大事になってきます。

それでは、おすすめのシャンプー方法を以下に紹介していきましょう。

丁寧に予洗いする

予洗いをしましょう!

シャンプーでゴシゴシ洗うことが正しい洗髪方法ではありません。

まずは、シャンプーをつける前にぬるま湯で丁寧に予洗いしましょう!

これにより、頭皮や髪の毛についた汚れやホコリを落とすことができるのです。

また、毛穴が開いてぬるま湯で落としきれなかった汚れを落ちやすくすることができます。

髪に水分が含まれるため、シャンプー時の摩擦を減らす効果もありますよ。

水温は38~40度に設定し、冷たすぎず熱すぎない温度で洗うようにしてくださいね!

低刺激のシャンプーを使う

低刺激のシャンプーを使いましょう!

いくら汗をたくさんかいても、洗浄能力の高いシャンプーでは刺激が強すぎます。

洗浄能力の高いシャンプーは、皮脂を過剰に落としてしまうため頭皮が乾燥してしまうのです。

これらのダメージにより更に頭皮環境が悪化し、薄毛を進行させてしまいます。

薄毛が気になる方は、低刺激のシャンプーを使うことが望ましいでしょう。

おすすめのシャンプーとして「チャップアップシャンプー」があります。

公式サイトはこちら

しっかりすすぐ

シャンプーのすすぎ残しは頭皮環境を悪化させる原因になります。

シャンプー後のすすぎは、髪や頭皮についた汚れを落とすことが目的ですよね。

それと同時に、頭皮についたシャンプーを落とすことも重要になってくるのです。

すすぎ残しがあると以下の現象が起こってしまいます。

  • ・急激なフケの増殖
  • ・頭皮環境の悪化
  • ・髪の毛がやせ細る
  • ・痒みの発生

しっかりとすすぐことで頭皮や髪の毛についた汚れを落とすことができるのです。

また、シャンプーもしっかりすすぐことで頭皮が清潔に保たれます。

頭皮環境が悪化している時こそ、しっかりすすいでくださいね!

ドライヤーでしっかり髪を乾かす

しっかり乾かしましょう!

丁寧にシャンプーしたからと言っても、まだ満足してはいけませんよ。

塗れた髪の毛はダメージを受けやすい状態です。

一刻も早くドライヤーでしっかり乾かす必要がありますよ。

ドライヤーを使うことで、タオルドライだけでは乾かせない頭皮まで乾かすことができます。

乾かし残しがあると「マラセチア菌」と呼ばれるカビが過剰に繁殖してしまうのです。

菌が増えると頭皮環境が悪化し、薄毛が引き起こされてしまいます。

せっかくシャンプーでキレイに洗髪しても、しっかり乾かさないと薄毛は予防できないのです。

ドライヤーを使う際は、頭皮に近づけ過ぎず、同じ個所に当て過ぎないように気を付けてくださいね。

ヘルメットとハゲや薄毛についてまとめ

まとめ

いかがでしたか?

ヘルメットとハゲや薄毛の関係について理解して頂けましたでしょうか?

ヘルメットが直接的な薄毛の原因にはなりませんが、頭皮ケアを怠ると薄毛が引き起こされるのです。

常に清潔さをキープし、汗や皮脂はこまめに拭くように気を付けてくださいね。

また、通気性にも気を配りインナーパッドにもこだわってみてください。

汗をかいた後は丁寧に洗髪し、しっかりドライヤーで乾かすことで薄毛の原因を解消しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です