AGAはストレスで発症する!?その真相とは

AGAとストレスの関係が気になる!

無関係なの?

薄毛の代表的な原因であるAGA。

AGAを含む、薄毛が起こる理由は、生活習慣の乱れや、加齢、飲酒、喫煙と多くありますよね。

今回は、多くの理由の中から、「ストレス」をピックアップします。

果たして、AGAはストレスが原因で発症するのか。

また、AGAが進行するのかを説明していきます。

本当にストレス?AGAが発症するメカニズム

本当の原因は?

AGAは「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンの一種が引き起こす病気です。

DHTはもともと、テストステロンという男性らしさを維持するのに大切な男性ホルモンでした。

しかし、テストステロンが、5αリダクターゼという酵素の一種と結びつくと、DHTに変化してしまいます。

そしてこのDHTは、毛周期の成長期を短くしてしまう作用を持ちます。

成長期が短くなることで、髪の毛が十分に成長できなくなってしまい、抜け毛、薄毛が起きるのです。

これがAGAの大まかな理由となります。

AGAとストレスは無関係なの?

それでは今回の本題に入りましょう。

AGAとストレスの関係性についてです。

結論からお伝えすると、関係あります。

先ほど説明した通り、AGAの発症に直接関係することはありません。

しかし、ストレスはあらゆる体の不調を引き起こします。

その中には、頭皮の血流を悪くしてしまうこともあります。

頭皮の血流が悪くなると、髪の毛へ十分な栄養素を運べなくなり、結果的にAGAを進行させてしまう場合があるのです。

AGAでなくとも、薄毛になる可能性はあります。

薄毛とストレスはどうしても切れない関係にあるのです。

ストレスでAGAを進行させないためにできること

できることはあるのでしょうか。

ストレスでAGAが進行する場合があることは理解して頂けたかと思います。

続いては、AGAを進行させないためにできることをご紹介します。

AGAを発症すると、治療を行わない限り症状は進行します。

これからご紹介することは、あくまでも、進行を少しでも防ぐための努力という形になると思います。

もちろん、ストレスを溜めないことができるのであれば、それが一番です。

しかし、それはなかなか難しいですよね。

AGAでなくとも、薄毛予防にも役立つ方法なので、多くの方に読んで頂きたい内容です。

適度に運動する

運動はストレスを解消する方法として多くの方に知られています。

特に、有酸素運動はとても有効です。

運動は、脳のストレスへの反応を弱めるという実験結果も発表されています。

また、発汗すると、AGAの原因になるDHTを排出することもできます。

普段運動をしない方は、比較的すぐに始められる運動からスタートさせましょう。

ウォーキング、ジョギング、サイクリングなどは、体への負担も少ないので、おすすめです。

湯船にしっかりつかる

ゆっくりとした入浴もおすすめです。

しっかりと湯船につかり、全身を温めることで、副交感神経が優位になります。

副交感神経とは、睡眠中やリラックス時に働く神経のことで、この神経が正常に働いていると、ストレスも溜まりにくい体になります。

副交感神経が優位な状態で入眠すると、質の高い睡眠をとることができ、受けたダメージの回復を早めます。

また、全身の血行が良くなることで、頭皮の血流も改善し、毛髪に栄養素を送りやすくなります。

先ほどの適度な運動もそうですが、血行を良くすることは、体にとって良いことばかりです。

積極的に、血行を良くする生活を心掛けましょう。

深呼吸する

なんと深呼吸もストレス解消になります。

皆さんは、最後に意識して深呼吸をしたのがいつだったか思い出せますか?

意外と深呼吸ってしない人が多いように感じます。

腹式呼吸でゆっくり呼吸をすると、とても気持ちが良いと思います。

呼吸法という言葉があるくらいですからね。

正しい呼吸をし、酸素を取り込むことで、血液中の酸素濃度が高くなり、血流の改善も見込めます。

生きるのに必要不可欠な呼吸ですが、意識して行うと、大きな効果を表すのです。

誰かに悩みなどを相談する

これは非常に難しいのですが、納得のいく相談は心にとても良い影響を与えます。

勇気が出せず相談ができない方もいれば、相談のできる人がいないということもあります。

特に、相談ができる人が身近にいるが、勇気がでないという方。

その環境はとてもありがたい環境です。

勇気が出ないのもわかりますが、一歩踏み出したことが、何歩も踏み出せることに繋がるかもしれません。

人間関係の悩み、仕事の悩み、薄毛の悩み。

多くの悩みがありますが、抱え込むのは良くありません。

十分に睡眠する

睡眠は、髪の毛の成長に大きく関係します。

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、髪の毛の成長にも大きく効果があり、大切な要素です。

また、長い時間睡眠をすれば良いというわけではありません。

質の高い睡眠を行うことで、回復が早まり、薄毛の進行を遅らせる効果も発揮します。

先ほどもご紹介しましたが、適度な運動や、ゆっくりとした入浴を生活に取り入れ、質の高い睡眠をとれるようしましょう。

頭皮マッサージをする

すでに取り入れている人も多いかもしれません。

頭皮マッサージは、頭皮の血流改善だけでなく、ストレス解消にも大きく効果を発揮します。

大事なので何度でも言わせてください。

血流の改善は本当に大切です。

血流を改善すると、毛髪に栄養素が届きやすくなるだけでなく、頭皮に溜まった疲労物質も押し流してくれるそうです。

また、頭皮マッサージも行う方法が大切です。

指の腹で頭皮を掴み、前後左右にゆっくり動かしましょう。

爪を立てて行うのは、傷が付き、頭皮トラブルを起こす原因にもなり得るので良くありません。

気持ち良い、このまま寝れそうというくらいの強さで行うのがベストです。

【番外編】ストレスによるAGA以外の症状

AGA以外にも、薄毛を引き起こす病気は多々ありますが、心と体の疲労が原因で薄毛になることも多々あります。

特に、円形脱毛症はストレスが原因で起こると言われており、治療が難しい病気です。

ストレスによって、免疫が正常に働けなくなり、間違って毛根を攻撃してしまうことが円形脱毛症の原因とも言われています。

また、病名は付かなくとも、ストレスによって、体のバランスが崩れ、頭皮の血流が悪くなるのも薄毛の原因です。

現代社会はストレス社会と呼ばれるほどの社会ですが、自分なりのストレス解消法を見つけ、薄毛予防だけでなく、より良い生活が送れるようにしましょう。

AGAとストレスに関してまとめ

今回はAGAとストレスの関係についてご紹介しました。

AGA、薄毛に大きく関わっていることを理解していただけたでしょうか。

また、今回ご紹介した方法ではAGAの治療は不可能です。

AGAになってしまった場合は、医療機関で専門的な治療を受けるようにしましょう。

疲労を溜めない努力はとても大切ですが、その努力が、逆に疲労に繋がらないよう気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です