海外の育毛剤・発毛剤の輸入代行【そのサイトと気になる危険性を解説】

海外の育毛剤・発毛剤を輸入したい!

海外の育毛剤を輸入したい

「日本の育毛剤はどれも同じ…。」「何を使ってもパッとしない結果」など、限界を感じると気になるのが海外製の育毛剤ではないでしょうか。

海外製の方がよりたくさんの有効成分が入っていたり、成分が濃いイメージを持っている人もいるかもしれません。

実際に、身体が日本人より大きいことから、日本製より多くの成分が配合されています。

そう聞くと、今すぐにでも試したくて、早速ネットで検索した人もいるのではないでしょうか。

今回は、海外の育毛剤・発毛剤の輸入代行について紹介します。

育毛剤や発毛剤の輸入代行とは?

輸入代行とはこんなサービス

いくらインターネットが発達したとはいえ、海外の商品を購入するとなれば言葉の壁や、遠く離れた場所から本当に届くのか心配になりますよね。

しかも、自分で輸入する場合、関税や消費税、輸送保険など最低限の知識も必要になります。

「○○育毛剤が欲しい」と伝えるだけで、簡単に輸入して欲しいですよね。

それを叶えてくれるのが輸入代行業者なのです。

安い値段で購入できる

安く購入したい

輸入代行店は海外の製薬メーカーや輸出業者に発注の手続きを仲介するので、通常より安い値段で購入できます。

たとえば、AGAの治療をする場合、日本では病院で診察をして処方箋をもらいます。

もちろん、健康保険は適用になりませんから診察料と薬代で1カ月1万円程度はかかります。

ですが、輸入代行サービスを利用すると、1カ月で5,000円で薬が購入できてしまいます。

さらに、ジェネリック薬品を選ぶと、1カ月900円程度なので、輸入代行なら1年分の薬が購入できてしまいますね。

当然、円高のときを選んで買うと、よりお得にゲットできます!

送料無料になる代行ショップもあり、海外の方が日本よりはるかに安く育毛剤や発毛剤が購入できるのです。

日本で買えない商品も手に入る

日本にない商品も手に入る

日本では、薬品レベルの育毛剤・発毛剤は医師から処方されなければ入手できません。

ですが、1つだけ例外なのが輸入代行なのです。

しかも、日本では認められていな未承認医薬品も輸入代行できるので、攻めのケアがしたい人にはありがたいシステムかもしれませんね。

海外ではすでに有用性が認められ、発毛効果を実感しているにもかかわらず、日本の薬事法の基準により国内で手に入らない魅力的な商品はたくさんあります。

本気で育毛に取り組む人ほど、輸入代行は当たり前の時代になっているのかもしれません。

輸入代行で話題になる育毛剤・発毛剤

輸入代行の人気の育毛剤・発毛剤とは?

実際に輸入代行で購入している人たちは、どのような育毛剤・発毛剤を選んでいるのでしょうか。

フィンペシア

海外の男性用医薬品で、前立せん肥大症やAGAの治療薬に使われ内服タイプの薄毛治療薬です。

日本では、プロペシアがAGA治療の内服薬が有名です。

実は、フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品なので、配合されてる成分は同じです。

フィンペシアは日本で未承認のため臨床実験はありません。

プロペシアは臨床実験が行われているので、十分に男性型脱毛症の効果があることが分かっています。

フィンペシアはプロペシアと同じ成分が配合されているのにもかかわらず、プロペシアよりも安く買えてしまいます。

このことから、同じ有効成分で低価格で購入できるフィンペシアが人気商品になっていますよ。

長期間使用ことで多くの方が、発毛を実感しています。

一方で、長期にわたって飲み続けた場合は様々な後遺症があることも報道されているので危険性もあります。

副作用の1つに性欲減退を実感する人が多く、子供を作る予定のある人には向かない薬でもあります。

ミノタブ

一時期、ミノキシジル配合の発毛剤が大ブームになりました。

発毛効果があると期待されていましたが、実際はイマイチだった人も大勢いるかもしれません。

もともと、ミノキシジルは血圧を下げる内服薬でした。

なので、頭につけるより内服したほうが体全体の血行を促進してはるかに効率的です。

このミノキシジルのタブレットを略してミノタブと呼ばれるようになりました。

発毛効果が高く、髪が生える威力を体験している人も多くみられます。

一方で、髪の毛だけでなく体毛が濃くなる副作用も出てしまうこともあります。

また、血圧を下げるお薬なので、下がり過ぎてしまうとめまいや身体のむくみ、動機などの不調を感じることがあります。

発毛剤として効果を発揮しますが、副作用の心配も考える必要がありますね。

ロゲイン

ロゲインは、アメリカの食品医薬品局(FDA)で育毛と発毛効果が認められています。

主な有効成分はミノキシジルで、血管を拡張させ血流を改善させて髪に栄養を届けたり、毛母細胞の分裂を促すことで効果を発揮します。

本来は血圧を下げる薬でしたが、副作用として毛が生えてくる症状がみられたことで育毛剤への研究が進められました。

内服薬のミノタブでは、髪への効果も高い一方で体毛が濃くなったり、体調不良の報告があります。

しかし、ロゲインは頭部に塗布する発毛剤なので、ミノタブほどの副作用はないとされています。

もちろん副作用の可能性はゼロではないので注意が必要です。

海外の育毛剤・発毛剤の輸入代行サイトはここ!

輸入代行サイトはここ!

輸入代行サイト大手といえば、オオサカ堂です。

1997年から営業をはじめ、海外のあらゆる医薬品から生活雑貨など豊富な商品が低価格でそろえられています。

さらに、当初から正規品を看板にかかげており、薬の成分鑑定を行いニセモノが流通しないよう企業努力もされています。

また、クーポンやキャンペーン、まとめ買い割引などお得な情報もあり、クレジット払いも可能なので、通常のネットショッピング感覚で注文できますよ。

オオサカ堂の人気検索ワードは、フィンペシアやミノキシジルがトップです。

育毛剤や発毛剤の購入を考えるならベストなショップといえますね。

輸入代行の流れや、よくある質問も分かりやすく掲載しているので、初心者でも安心して利用できるのではないでしょうか。

海外からの輸入で失敗した体験談を紹介

これまでの話を聞くと、輸入代行はメリットだらけに感じるでしょう。

しかし、慎重に考えて購入しないとこんな危険もあるのです。

「個人輸入で安く手に入る」という情報を見て、「これだ!」と思ってさっそく試してみました。 
しかし、いくら飲んでも効果は一向に現れず…。生えているかどうかもわかりませんでした。 
しばらく経って、購入していた輸入代行業者が非正規ルートでプロペシアを入手していた事がわかり、商品が偽物だと分かりました。

出典 : 個人輸入で失敗!:薄毛対策の失敗談ヘアメディカル

個人輸入でプロペシアを安く買っていたところ、輸入代行業者が非正規ルートで入手していたことが発覚。

しばらく続けても全く効果がなかったことから、ニセモノの商品を買ってしまったようです。

どこよりも安く買えるとなれば、嬉しくて直ぐに注文してしまう気持ちもわかります。

ですが、信頼のおけない輸入代行業者は危険なこともあるので、口コミや評判なども確認して慎重に購入しましょう。

知っておくべき海外の育毛剤・発毛剤の輸入代行の危険性

輸入代行の危険性は?

安くて効果の高いAGAの治療がセルフでできてしまう輸入代行に魅力を感じるのは当然かもしれません。

しかし、メリットに伴ってデメリットもあるのでよく考えてみてください。

副作用などが自己責任

副作用は自己責任

日本国内で販売されている医薬品は全て、薬事法により安全性や有用性が確認されています。

しかし、輸入代行で購入した海外製の育毛剤や発毛剤は、日本人の身体に安全であるのか有効なのかは一切確認されていません。

どんな副作用が起きるのか、どんな健康被害があるのか把握できない部分もあるので、使う場合には全て購入者の自己責任になります。

万が一、命の危険にさらされても、販売者や製造メーカーに責任を問うことはできないのです。

偽物が出回っている可能性がある!?

ニセモノが出回る!?

それほど頻繁にあることではありませんが、効果の高い医薬品ほどニセモノが出回る可能性もあると考えていいかもしれません。

実際に、バイアグラのニセモノが出回りニュースで報道されたこともあります。

いってしまえば、見た目で本物かニセモノなんて専門機関で成分をチェックしないかぎり分かりません。

単純に何の薬効もないニセモノであるなら人体に影響がなくてすみますが、質の悪い薬品を使い健康被害がでる恐れがあればそれこそ危険です。

少しでもリスクを下げるためには、口コミの多いショップや実績のある輸入代行業者を選ぶようにしましょう。

海外商品の輸入代行がおすすめできない人

輸入代行がおススメできない人たち

効果の高い海外の育毛剤や発毛剤を使ってみたい気持ちもわかりますが、このような人たちはおすすめすることはできません。

10代の方

男女問わず、未成年者がAGAの治療をしたり特定の有効成分が配合された育毛剤を使うことは禁止されています。

特に、プロペシア(フィナステリド)ミノキシジルドゥタステリドの成分が配合された育毛剤は、パッケージにも使用禁止と記載されています。

10代で抜け毛や薄毛があると、確かに症状としては深刻かもしれません。

ですが、これらの成分は男性ホルモンに影響しやすく、成長途中の身体に悪影響を及ぼす危険性があるので禁止されているのです。

成人男性でも性欲減退や精子減少の副作用が報告されているため、未発達の身体はさらに深刻な影響を及ぼす可能性があります。

育毛剤や発毛剤を考えるより、低刺激なシャンプーや生活習慣などをメインに改善をはかってみてはいかがでしょうか。

妊娠中の女性

妊娠や出産で抜け毛が多くなることはよく知られているので、妊娠中から育毛剤でケアしておきたい人もいるかもしれませんね。

もちろん、妊娠中でも使える育毛剤はあります。

しかし、これは国産であることや、無添加などを考慮したうえでのことなので、当然、海外製の育毛剤や発毛剤はおすすめできません。

さらに、国産であってもミノキシジルやプロペシアが配合された男性用の育毛剤を使うのは危険です!

これらの成分は男性ホルモンに作用するので、胎児の成長をさまたげ、生殖器に異常が出る可能性もあります。

そもそも、妊娠中は発毛剤自体の使用が禁止されています。

育毛剤に頼らなくても、しっかり栄養が足りていると、抜け毛もそこまで酷くはならず直ぐに回復できることもあります。

妊娠中はたくさん美味しいものを食べて栄養で満たしておくのが育毛や抜け毛予防にもつながりますよ。

安全に育毛剤・発毛剤を購入するなら?

比較的に安全に購入できる育毛剤と発毛剤

安全を重視するなら、日本のクリニックで育毛剤や発毛剤を処方してもらうのが一番です。

海外の商品は手に入りませんが、確かな効果を実感することができるのではないでしょうか。

AGAヘアクリニック

AGAの魅力は、初診料、再診料、テレビ電話相談、ドクターによる相談が0円なところ。

そのため、不安点や疑問点を満足いくまで相談しやすいクリニックではないでしょうか。

料金やサービス、院内の雰囲気などをオープンにして通いやすいクリニックを目指しています。

しかも、美容整形クリニックでも取り入れられているテレビ電話での治療も行っています。

クレジットや銀行振り込みで支払いが可能で、お薬も後日自宅に郵送されます。

これは、忙しくて通院する時間がない人や通院に抵抗のある人などには、嬉しい制度ですね。

必要のない治療法などが無理に提案されることもないため、安心して通うことができそうですね。

公式サイトはこちら

AGAスキンクリニック

実際に薄毛に悩んだドクターが使って効果のあった治療を患者に提供している男性専門の発毛クリニックです。

発毛実感率は驚異の99.4%と治療に来た多くの人が変化を感じています。

治療開始から1カ月で髪にコシが出て、3カ月程度で抜け毛の減少や産毛の増加、6カ月になると見た目やイメージが変わります。

その後、薬を減らしても改善した毛髪は維持できるほど高い治療が行われています。

しかも、全国展開しているクリニックなので、急な引っ越しでも継続して治療が可能です。

公式サイトはこちら

銀座総合美容クリニック

医学的な発毛と育毛治療を行う、AGAや薄毛治療専門のクリニックです。

基本的に内服薬による治療と、成長因子を投与する治療を行い、写真と比較し確認しながら治療を行います。

ですので、実感がないなどムダな時間になることはありません。

また、ホームぺージには、全ての治療費を公開しているので、施術後に思わぬ追加料金が発生するなどの心配もありません。

カウンセリングと再診は無料なので、とりあえず相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

海外の育毛剤・発毛剤の輸入代行についてのまとめ

輸入代行についてのまとめ

輸入代行で海外の医薬品レベルの育毛剤や発毛剤を購入するのは、違法ではありません。

しかし、今回紹介したAGA治療薬は効果と副作用どちらも持ち合わせているので、何かが起きてしまっても自己責任になります。

また、商品がニセモノか本物か判断できないので、常に危険と隣り合わせかもしれません。

安全重視で薄毛治療や育毛を考えるなら、専用のクリニックで処方してもらうのがベストといえますね。

施術料金や薬代をオープンにしているクリニックを選ぶと安心して治療が行えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です