若ハゲ防止の方法10選|ハゲの進行を抑えるために重要なこと

早い人は10代から!若ハゲは早めに防止しよう

薄毛は40代~50代の方に多い悩みというイメージがありますよね。

しかし最近では、10代~20代で若ハゲ(若年性脱毛症)に悩む方が増加傾向にあります。

若ハゲの進行が悪化しないよう、早めに若ハゲを防止しましょう。

そのためにも、まずは「なぜ若ハゲになるのか」を理解する必要があります。

若ハゲの原因は一つではありません。

複数の原因が重なり、若ハゲ発症にいたるケースが多いようです。

以下では若ハゲの主な原因3つについて解説していきたいと思います。

(すぐに防止方法が知りたい方はこちら

①AGA(男性型脱毛症)

AGA若ハゲ発症の原因として、最も多くみられるのが男性ホルモンによる影響です。

テストステロンという男性ホルモンの過剰分泌が、AGA発症の引き金となり得ます。

テストステロンは、酵素の5αリダクターゼと結びつくことで、ジヒドロテストステロン(DHT)という強力な男性ホルモンに変換されます。

DHTは毛乳頭に存在する男性ホルモン受容体と結びつき、ヘアサイクルを乱して脱毛を促します。

これがAGA(男性型脱毛症)のメカニズムになっています。

②乱れた生活習慣

乱れた生活習慣二つ目は、生活習慣についてです。

健康な髪の毛を育てるためには、頭皮環境を良好に保つ必要があります。

頭皮環境を悪化させる要因は以下の通りです。

  • 睡眠不足
  • 偏った食生活
  • 運動不足
  • 喫煙
  • ストレス

これらの習慣は、頭皮の血行不良や髪の毛の栄養不足を招き、結果として若ハゲを進行しかねません。

年齢が若い頃には無茶をしがちですが、若ハゲに大きな悪影響を与えてしまうので注意が必要です。

③遺伝

遺伝最後は、遺伝による影響です。

遺伝子によって、ホルモンの生まれつきの分泌量や感受性は決定されます。

遺伝の影響で、5αリダクターゼの量が多い方、または感受性が高い方は、若ハゲになりやすいようです。

しかし全ての人が必ず遺伝で若ハゲになるわけではありませんので、ポイントとして抑えておきましょう。

自分が若ハゲかチェックする方法

若ハゲは、ある日突然始まるわけでなく、ハゲる前に何らかの兆候があらわれます。

いつもと通りの生活をしているはずなのに、頭皮や髪の毛の症状に異変が現れたら要注意です。

若ハゲの前兆といえるポイントが以下の4点になります。

  • 【症状1】毛が細くなる
  • 【症状2】抜け毛が増える
  • 【症状3】ふけが多くなる
  • 【症状4】皮脂の分泌量が増える

一つでも当てはまる方は、早めに若ハゲ対策をした方が良いかもしれません。

これら若ハゲ症状を引き起こすメカニズムについて、簡単にまとめました。

【症状1】毛が細くなる

自分は若ハゲ?チェック方法を教えて頭皮環境が悪化すると、毛根のはたらきが鈍くなり、コシのない細毛になってしまいます。

また、AGAが進行した場合は、ヘアサイクルが乱れ、毛が太く成長する前に抜けてしまいます

その結果、細い毛が目立ち始め、若ハゲにつながっていきます。

髪の量が変わらなくても、毛質が細くなると全体のボリュームが低下し、若ハゲに見られやすくなります。

【症状2】抜け毛が増える

抜け毛の増加ヘアサイクルが乱れると、髪の毛の成長期が短くなってしまい、若ハゲにつながります。

髪の毛の成長期間が短くなるということは、生えてくる髪の毛に対し抜け毛の量が増えることを意味します。

抜け毛の増加は、ヘアサイクルの乱れのサインです。

この状態を放置すると、抜け毛がどんどん進行し、新たな髪が生えにくくなってしまうため若ハゲを助長させます。

抜け毛が増えたと感じたら、できるだけ早く防止することが肝心です。

【症状3】ふけが多くなる

ふけが多くなるストレスや栄養不足などで肌の機能が低下すると、古い角質から新しい角質への生まれ変わりがスムーズにいかなくなります。

たまった古い角質は、大量のふけとなって頭皮の毛穴をつまらせ、若ハゲの原因となる炎症を引き起こすことになります。

ふけは、若ハゲの危険サインかもしれませんので、見逃さないように防止しましょう。

【症状4】皮脂の分泌量が増える

皮脂の分泌量が増える毛穴からは適量の皮脂が分泌されており、肌に適度なうるおいを与えて保護する役割を担っています。

しかし、睡眠不足やストレス、偏った食生活などによってホルモンバランスが乱れると、必要以上に皮脂が分泌されるようになります。

頭皮の場合、洗髪のしすぎも皮脂の過剰分泌の原因になります。

過剰な皮脂が毛穴に詰まると、頭皮環境が悪化し、若ハゲの引き金となりますので注意が必要です。

【番外編】これから若ハゲになる可能性がある人

若ハゲになりやすい人の特徴とは?ここまで紹介した4つの症状のうち、どれか1つでも当てはまる場合は若ハゲの可能性があるので注意が必要です。

しかし、現状では該当しなくても、今後そういった症状を発症する可能性がある人も存在します。

これから紹介する3つに該当する人は、まだ若ハゲが気になっていないかもしれませんが薄毛予備軍といえる方たちです。

できるだけ早めの若ハゲ防止が必要かもしれません。

①仕事や勉強でずっと椅子に座りがちな人

受験前の学生や、デスクワーク中心の仕事をされている方は、身体を動かす機会が少なくなりがちですよね。

デスクワークでパソコンは不可欠ですし、現代人にとってスマホやタブレットは日常で欠かせない存在になりつつあります。

運動不足や目を酷使する行為は、血行不良を招きます。

血行不良になると、栄養や酸素が頭皮に行き届かなくなり、結果として抜け毛を招くことにつながってしまいます。

肩こり腰痛冷え性などの症状がある方も、頭皮にも栄養が十分行き届いていない可能性があります。

これらに該当する方は若ハゲに注意が必要です。

②毎日コンビニや外食で食事をすませる人

日々の食生活は、頭皮の健康に大きく影響します。

食事のほとんどを外食やコンビニ弁当で済ませている人は、若ハゲを進行させている恐れがあります。

特にラーメンやジャンクフードなどを利用する機会の多い人は注意が必要です。

脂肪分や塩分の多い食生活は、頭皮の皮脂過剰分泌や血行不良を招きます。

また、外食メニューの多くは、満足感を得られるよう量が多く計算されています。

食べすぎは肥満につながり、肥満は慢性的な血行不良につながります。

そしてコンビニ弁当などには食品添加物が含まれていることが多いと言われています。

これらに頼りっきりの食生活を続けていると、若ハゲを助長する可能性がありますので防止していきましょう。

③ストレスを我慢してしまう

ストレスの抱えすぎは、若ハゲを進行させる恐れがあります。

過度なストレスによって緊張状態が続くと、血管が収縮します。

すると、血行不良による酸素・栄養不足を招いてしまします。

また、髪の毛の成長に必要な栄養素の一つである亜鉛は、ストレスにより消耗すると言われています。

といっても、生活の中でストレスを完全に避けることは、現実的ではありません。

できるだけストレスがかからないような生活を心がけていくことで、若ハゲを防止していきましょう。

若ハゲ防止におすすめの方法10選

ここまで若ハゲになる原因について解説してきました。

若ハゲを防止するには、具体的にどんなことに気をつけたら良いのでしょうか?

数多く存在する若ハゲ防止方法から、AGA通信がおすすめする若ハゲ防止方法を10個セレクトしてみました。

ご自分に合った若ハゲの防止方法を行っていきましょう。

①髪に良い食べ物をバランスよく摂取

髪の毛を増やすためには、まず髪の毛を作るための栄養素を摂る必要があります。

ダイエットなどによる行き過ぎた食事制限や栄養バランスの偏りは、頭皮環境に大きく影響します。

栄養素をバランス良く摂れる食習慣を心掛けましょう。

健康な髪の毛のために積極的に摂りたい栄養素は、たんぱく質・ビタミン・ミネラルです。

毎日の生活の中で、これらを含む食べ物を取り入れてくださいね。

→ すぐ具体的な食べ物が知りたい方はこちら

②サプリメントで効率よく栄養を摂取

髪の毛の健康にとって、日々の食生活は重要な要素です。

しかし、毎日バランスが良く、完璧な食生活を送るのは、何かと忙しい現代人にとって厳しい部分でもありますよね。

そこで、髪に必要な栄養を効率よく摂取するためのおすすめの方法があります。

食生活での栄養バランスはできるだけ改善する努力をし、その上でサプリメント活用していく方法です。

こちらが最も現実的で、効率の良い方法だと言えるでしょう。

若ハゲ防止に効果のある栄養成分を以下の表にまとめました。

たんぱく質 髪の主成分はケラチンというたんぱく質です。
ケラチン合成には、シスチン・メチオニンというアミノ酸が特に重要となります。
オメガ3脂肪酸 髪の毛を作ったり、頭皮や髪の毛の乾燥を防いだりします。
不足してしまうと、頭皮や髪の乾燥、フケ・痒みを引き起こしたり、
髪の成長が遅くなったりします。
ビタミン 他の栄養素の働きを促進する作用があります。
健康で美しい髪を作るためにも欠かせない存在です。
ビタミンは、ほとんど体内で生成できないため、
食事やサプリメントから摂る必要があります。
ミネラル 髪の栄養素の働きをスムーズにする働きがあります。
髪の毛の健康に関連するミネラルは13種類存在し、
中でも重要な役割を担う栄養素が亜鉛・鉄・カルシウム・ヨウ素です。

サプリメントは、あくまでも補助する役割として上手に活用しましょう。

また、栄養素によっては過剰摂取によって若ハゲを悪化させるものもあります。

目安量を守りながら、継続的に摂取しましょう。

→ すぐに若ハゲ防止に効果的なサプリメントが知りたい方はこちら

③20代からのタバコやお酒はほどほどに

タバコやお酒はほどほどにしないと…?喫煙は、テストステロンの増加・血行の悪化・頭皮の乾燥などを引き起こす原因となり得ます。

また、喫煙により、体内のビタミンCが破壊されます。

ビタミンCには抗ストレス作用があるため、不足するとストレスを溜めやすくなり、結果として若ハゲを進行させる恐れがあります。

過度な飲酒は肝臓にダメージを与えます

内臓機能が悪くなると、髪の毛の健康にも悪影響を及ぼします。

また、お酒に含まれるアルコールは過度な摂取により、良質な睡眠を妨害し、髪の成長にも悪影響を及ぼしてしまいます。

晩酌で少し飲む程度なら問題ありませんが、飲み過ぎには注意が必要です。

喫煙や飲酒の習慣が長い人ほど、髪の毛や頭皮へのダメージは大きくなります。

若ハゲ防止のためには、若いうちからのタバコやお酒は控えた方が良さそうです。

④適度に運動をする

適度に運動をするストレス解消には、適度な運動が効果的です。

運動による達成感や満足感は、自己の肯定にもつながり、精神的ストレスの解消が期待できます。

過剰なストレスは、血行不良の引き金となり得ますので、運動習慣をつけてこまめに解消しましょう。

また、運動によって全身の血流を促すことも、若ハゲ予防に効果的です。

血流改善によって、頭部にも栄養が行き届き、健康な髪の毛・頭皮へと導いてくれます。

寝る前にストレッチをする、テレビを見ながら足踏みをするなど、日常生活に取り入れられる運動から始めてみてください。

⑤目の疲れはホットタオルで癒やす

パソコンやスマホの画面を見すぎなど。目を酷使する行為は血行不良を招きます。

しかし、日常の中で目が疲れる場面は多々存在します。

今回は、そんな目の疲れを癒す方法をご紹介します。

【必要なもの】小さめのタオル1枚/普通のタオル1枚/ポリ袋/電子レンジ

1.小さめのタオルを水で濡らして絞り、両目の上にかぶさるくらいの大きさに畳んでポリ袋に入れます。
2.ポリ袋に入れたタオルを、電子レンジで30秒から1分くらい温めます。
3.仰向けにリラックスできる椅子やソファ、またはベッドに寝た状態でポリ袋から出したタオルを目の上にかぶせます。
4.温めたタオルの上から、もう1枚の乾いたタオルを4つ折にしてかぶせます。
5.そのまま3分間くらいリラックスします。

出典 : 目の疲れ克服ガイド

疲れが蓄積すると、若ハゲにつながりかねません。

目に疲れを感じた日はホットタオルを使用し、リラックス効果を得るようにしましょう。

⑥学校や仕事のストレスを解消する時間をつくる

学校や仕事のストレスは放置しないで日常の中で、いかにストレスを抱え込まないかが、若ハゲ防止には重要です。

ストレス解消の時間を確保し、ストレスを上手にコントロールしましょう。

ストレス対策方法には以下のような方法があります。

  • 適度に運動する
  • 大声を出す
  • 瞑想する
  • 話す、相談する
  • 泣く
  • 趣味に没頭する
  • 質の良い睡眠をとる

ストレス源は人それぞれ違うように、効果的なストレス解消法にも個人差があります。

自分に合ったストレス解消法を見つけ、日々のストレスと上手に付き合い、若ハゲを防止しましょう。

⑦早寝早起きで健康に!睡眠時間をしっかり確保

睡眠時間をしっかり確保髪の毛の成長とは、毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことを意味します。

そして、毛母細胞の分裂活動には、成長ホルモンが大きく関与します。

成長ホルモンが多く分泌する時間帯は、夜10時から深夜2時ころにかけてとされています。

あるいは、成長ホルモンの分泌量のピークが、眠りはじめの最初の3時間と言われています。

身体のためにも、睡眠時間は6時間以上確保することをお勧めします。

また、良質な睡眠を得るためには、生活リズムを整える必要があります。

規則正しい生活リズムを送るために重要なポイントは、以下のような部分になります。

  • 毎朝決まった時間に起床(仕事が休みの日でも)
  • 朝食をしっかり食べる
  • 午前10時頃までに、日光を浴びる
  • 睡眠時間が規則的

自分自身の体内時計を整えることは、若ハゲ防止のために重要です。

若ハゲ防止のため、毎日のルーティンを大切にしましょう。

⑧毎日数分の頭皮マッサージ

頭皮マッサージを毎日数分取り入れよう頭皮のマッサージは、血行不良の予防と改善の効果が期待できます。

健康な髪の毛と頭皮に必要な酸素と栄養素は、血流にのって運ばれます。

そのため、頭皮への血流を良好な状態に保てば、丈夫で強い髪の毛を育てることができるようになり、若ハゲの防止につながります。

ストレスの感じやすい方や、仕事で身体を動かす機会の少ない方は、血行不良に陥るリスクがあります。

3分~5分程度の頭皮マッサージを、毎日の習慣に取り入れることをおすすめします。

流れ①まずは耳の上

側頭部から頭頂部へのマッサージです。

右のすぐ上に3本の指の第一関節を揃え、頭皮をしっかり押さえます。

頭皮を動かすよう意識しながら、6回ほど上下させましょう。

そのまま指を少しずつ上にずらし、同じように動かします。

頭頂部まで3回くらいに分けて行うのがおすすめです!

流れ②最後に頭頂部の百会を押す

頭頂部の白会のツボを押そう頭頂部までたどり着いたら。百会(ひゃくえ)と呼ばれるツボを中指で垂直に押しましょう。

ツボを押すのは1回3秒、回数は3回程度が目安です。

ちなみに、マッサージをする際に手が冷えていると、頭皮が温まらないため、あまり良くありません。

まずは両手を擦り合わせるなどして、手を温めてから行いましょう。

使う指は、人差し指・中指・薬指の3本です。

⑨育毛シャンプーで頭皮をケア

育毛シャンプーは、使用すると髪の毛が生えてくるシャンプーではありません。

育毛シャンプーとは、頭皮環境を整える成分が含有されたシャンプーです。

市販のシャンプーよりも頭皮に優しく、無添加で低刺激につくられているところが特徴です。

市販されている安価なシャンプーのほとんどが、高級アルコール系という頭皮への刺激が強すぎるタイプの界面活性剤が使用されています。

高級アルコール系の界面活性剤は、頭皮にとってのダメージが大きく、頭皮環境に悪影響を及ぼしかねません。

また、シリコンが配合されているシャンプーも髪にダメージを与えます。

シリコン入りのシャンプーでは、仕上がりがツルツル・サラサラになるため、ダメージを与えているとは思えませんよね。

育毛シャンプーは汚れを落とすだけでなく、頭皮のケア効果も期待できます。

普段使用しているシャンプーを、育毛シャンプーに置き換えるだけなので、誰でも簡単に始められる若ハゲ防止対策です!

おすすめの育毛シャンプーが気になる方は一足先にこちらの見出しをチェックしてみてもいいですよ。

⑩頭皮に使うヘアアイテムを試す

育毛剤で効果的にハゲを防止しよう頭皮に使うヘアアイテムとして、一番有名なのが育毛剤。

もちろん、若ハゲの予防にも効果的です。

育毛剤とは、頭皮環境を整え、抜け毛を予防するためのスカルプケアグッズ

「医薬部外品」に分類され、副作用のリスクも少なく、安心して使用できます。

育毛シャンプーと同じように、育毛剤も使ったらすぐに髪の毛が生えるわけではありませんので、ある程度の期間、継続して使う必要があります。

育毛剤選びでは、得られる効果やコスパの良さなどを慎重に吟味しましょう。

有効成分や価格、メーカーサポートなどのサービス内容を比較し、自分に合った育毛剤を見つけましょう。

→ すぐに具体的なへアアイテムが知りたい方はこちら

若ハゲを防止する食べ物3つ

先ほど、髪に必要な栄養を食べ物から摂取するのが大事と説明しました。

そこで、ここでは若ハゲの防止に役立つ具体的な食べ物を3つ紹介していきます。

ぜひ、参考にしてくださいね。

レバー

若ハゲ防止の強い味方:レバーレバーにはタンパク質やビタミンB群、ビタミンAなどが含まれています。

そして髪の毛に必須ともいえる亜鉛も摂取できるので、若ハゲ防止においては重要な食べ物です。

また、発毛の妨げともなり得る脂肪分が、他の肉と比較して少ないことも特徴です。

しかし、コレステロールは高いので、摂取しすぎると血流が悪くなる可能性があります。

レバーの中でも、豚レバーが最も栄養素の含有量が多く、次いで牛レバー、最後に鶏レバーとなっています。

髪の毛にとって重要な栄養素を豊富に含むレバーですが、独特の臭みや食感から、苦手な方もいるかと思います。

レバーが苦手な人は、クセが少ない鶏レバーからチャレンジしてみてはどうでしょうか。

牡蠣

若ハゲ防止の強い味方:牡蠣牡蠣は亜鉛を豊富に含む食品です。

亜鉛は特に男性に欠乏しやすい栄養素と言われており、若ハゲ防止においても重要な栄養素です。

また、亜鉛以外にもビタミンAやビタミンB群など、頭皮の環境改善に役立つ栄養素が豊富に含まれています。

亜鉛は、ビタミンCやクエン酸と一緒に摂ると、体内での吸収率が上がります。

ビタミンCやクエン酸が多く含まれる、レモン汁をかけて食べることをオススメします。

緑黄色野菜

若ハゲ防止の強い味方:緑黄色野菜緑黄色野菜には、頭皮環境を整えるビタミン類が豊富に含まれています。

人参やほうれん草などに豊富に含まれるβカロテンは、体内に吸収されるとビタミンAに変換されます。

ビタミンAは、健康な頭皮環境を維持するために重要な栄養素です。

また、粘膜保護の作用もあるため、内臓機能の障害による髪の毛や頭皮への影響を防ぐ効果も期待できます。

ビタミンC・Eには抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐ働きがあります。

髪の毛に関しては、頭皮細胞や血管細胞の酸化を防ぎ、頭皮環境を良好に保ちます。

ビタミンは熱に弱い性質があるため、1日1回は生野菜を食べることをおすすめします!

若ハゲを防止するサプリメント2つ

それでは、若ハゲで悩む方におすすめのサプリメントをご紹介したいと思います。

育毛成分の中には、頭皮に塗るよりも体内に取り込み、血液によって運ばれる方が効果を発揮する成分も存在します。

AGA通信がおすすめする若ハゲ防止育毛サプリメントは、以下の2つです!

チャップアップサプリメント

チャップアップのサプリメントは、育毛剤として有名なチャップアップが開発したサプリメントです。

最新の育毛理論から導き出された成分を、バランスよく配合し、しかも天然由来成分なので副作用の心配もありません。

ノコギリヤシ、亜鉛など、育毛に必要な32種類の成分を配合しており、他の商品に比べてかなり充実した内容となっています。

育毛剤と併用することで、相乗効果を期待することができますよ。

ボストンサプリメント

スポーツ選手なども愛用するサプリメントを開発しているメーカーの、育毛サプリメントです。

育毛に有効な、ノコギリヤシ、亜鉛、イソフラボンなどをバランス良く配合

これらの成分が、男性型脱毛症(AGA)の原因となる5αリダクターゼの抑制を促し、頭皮環境を整えてくれるのです。

大きな副作用もなく、男女兼用でお使いいただくことができるのも嬉しいポイントですね。

若ハゲを防止するシャンプー3つ

ここまで食事やサプリメントを紹介してきました。

若ハゲで悩む方には、更に毎日の頭皮ケアで育毛シャンプーを活用することをおすすめします。

それでは、AGA通信おすすめの育毛シャンプーを3つご紹介します!

チャップアップシャンプー

 

上記ではチャップアップサプリメントを紹介しましたが、実はシャンプーも発売されているんですよ。

毛髪診断士と美容師が共同して開発した商品で、育毛シャンプーの中でも特に信頼性が高いといえます。

5種類のアミノ酸系・植物性洗浄成分のみを配合しているので、敏感肌の方でも安心して使用することができます。

さらにノンシリコン無添加

そして、オーガニックエキスも10種類配合しているので、頭皮への負担軽減を追求したシャンプーといえるでしょう。

公式サイトはこちら

ウーマシャンプー

続いてご紹介るのはウーマシャンプーです。

ウーマはアミノ酸系シャンプーで、ノンシリコン、石油系界面活性剤を一切使用していません。

馬油、カゴメ昆布など独特の成分を配合し、これらが頭皮環境を整えることによって育毛への効果が期待できます。

抜け毛ケア・頭皮ケア・白髪ケアにも効果が期待でき、万能な商品といえるでしょう。

公式サイトはこちら

haruシャンプー

haruシャンプーは、ノンシリコン、無添加と植物由来にこだわった女性向けのシャンプーです。

4種のヤシ由来の洗浄成分が頭皮の汚れを取り除き、そのほかキャピキシルが弱った頭皮に元気を与えてくれる効果が期待できます。

海藻類成分フコイダンも配合されており、保湿力も高く、若ハゲ防止も期待できる育毛シャンプーです。

気になった方は公式HPをご覧になってはいかがでしょうか?

公式サイトはこちら

若ハゲを防止するヘアアイテム2つ

若ハゲ防止におすすめの育毛剤にはどんな商品があるのでしょうか?

AGA通信の調査によると、以下の2つの育毛剤が若ハゲに悩む方から支持されているようです!

プランテルEX

まず男性用の育毛剤としてご紹介したいのが、2018年にリニューアルされたばかりのプランテルEXです。

プランテルEXには、独自成分リデンシル、ペブプロミンαが配合。

これらの成分が育毛を促進し、AGAの原因である5αリダクターゼの働きを阻害します。

ほかにも3種類の有効成分、23種の植物由来成分、16種のアミノ酸が頭髪環境を整えてくれるのです。

これらの成分によって育毛効果が期待できるプランテルEXですが、発売と同時に人気が爆発。

現在では生産が追い付かず、予約のみの受付になっています。

順次配送となっていますので、使用を検討されている方は早めのご予約をお勧めしたいと思います。

公式サイトはこちら

マイナチュレ

続いて女性用育毛剤としてご紹介したいのがマイナチュレです。

マイナチュレは女性の薄毛に特化し、モンドセレクション金賞を5年連続で受賞した高品質の育毛剤です。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α-トコフェロールの3種の有効成分が薄毛の促進を予防します。

その他にも、27種の天然成分、10種のアミノ酸が頭皮環境を整える働きをします。

そして、無香料・無着色・無添加なので、敏感肌の方でも安心して使用できるのが嬉しいポイントですね。

現在、初回購入980円のキャンペーンを実施中なので、気になる方はHPをご覧ください。

公式サイトはこちら

どうしても若ハゲが止まらない人は…

どうしても若ハゲが止まらない人にはクリニックがおすすめ何をやっても若ハゲの進行がとまらない人は、クリニックでの治療がおすすめです。

クリニックとは、薄毛治療専門のクリニックです。

薄毛治療は皮膚科でも診察してもらえるのですが、どの皮膚科でもAGA治療などの専門的な治療を行っている訳でありません。

病院によってそれぞれ診療科目が微妙に異なります。

きめ細かなケアを求めるならば、やはり薄毛治療専門のクリニックがおすすめです。

薄毛治療専門のクリニックならカウンセリングも無料で受けられ、患者さん一人一人に合わせたオーダーメイド治療を行なってくれます。

また、最先端の医療器機も揃っているので、多種多様な薄毛治療を受けることができます。

セルフでの若ハゲ対策よりも費用は高くなりますが、原因がはっきりする分、効率よく若ハゲを克服できるはずです。

若ハゲは早めに防止しよう!

若ハゲは早めに防止しよう!若ハゲは、放置していても治りません。

気づいた時、すぐに若ハゲの防止を始めるのがベストなタイミングといえるでしょう。

まずは日々の生活習慣を見直すことから始めましょう。

ストレス解消のための時間を確保したり、頭皮マッサージを習慣に取り入れるなど、自分の身体をいたわる時間をつくってください。

日々のケアでは、育毛シャンプーや育毛剤の活用がおすすめです。

将来の頭皮・髪の毛のためにも、早めに若ハゲ対策を始めてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です