M字ハゲの末期とはどんな状態?【手遅れにならない為の方法は?】

M字ハゲの末期を知っておくのは大事!

M字ハゲの末期を知ろう!

M字ハゲは、額の生え際がアルファベットのM字のように後退していく薄毛の症状です。

M字ハゲは初期症状が分かりにくく、生え際の剃り込みが深く進行してから、薄毛が広がっていることに気付くケースが少なくありません。

M字ハゲは進行性である可能性が高く、自然に進行が止まってくれることは残念ながらありません。

今の自分の薄毛の状態とM字ハゲの末期の状態を比較して、進行度を確認しておきましょう。

進行度を確認したら末期段階になる前に、適切な治療をするようにしましょう。

M字ハゲが末期になっている時の状態

M字ハゲの末期状態とは?

M字ハゲが末期になっている時、私達の髪の毛や頭皮は、どのような状態なのでしょうか?

つづいて詳しく見ていきましょう。

毛根が死滅している状態

可能性としては非常に低くはなりますが、毛根が死滅している状態はM字ハゲの末期状態と言えるでしょう。

しかし、毛根は非常に強いので、火傷やケガなど余程のことがなければ死滅してしまうことはありません。

薄毛になっている部分をよく観察してみて下さい。

M字ハゲなどの薄毛部分に、薄っすらと産毛のようなものが生えているでしょうか。

薄毛部分に小さい産毛でも生えていれば、まだ回復できる可能性があります。

M字ハゲの末期段階でも、適切な治療であれば、まだ回復できる可能性があるのです。

ヘアサイクルが機能していない状態

AGA(男性型脱毛症)になると、髪の毛が生え変わる周期(ヘアサイクル)が乱れて、髪の毛が抜けやすくなります。

健康な人は発毛してから「2年から6年」は髪の毛が成長します。

ところが、AGAを発症して、ヘアサイクルが乱れてしまうと「数ヶ月から1年」しか髪が成長しなくなります。

ヘアサイクルが乱れて髪が成長しない状態になると、髪の毛が「ミニチュア化」すると言われています。

ミニチュア化した髪の毛は、毛根が小さくなり、髪も細く弱くなり抜けやすくなるのです。

ヘアサイクルが正常に機能していない時には、生え変わる髪の毛は産毛のようになっていくのです。

生え際などの薄毛部分を確認して、産毛のようなものが多くなっている場合は、M字ハゲの末期段階である可能性が高いでしょう。

適切な治療であれば、まだ回復できますので早めに治療を行うようにしましょう。

M字ハゲが末期に到達している可能性がある人

末期状態の判断法は?

M字ハゲがどのくらい進行すると「末期」と呼べるのでしょうか。

明確な定義はありませんが、症状を段階ごとに確認しておきましょう。

おでこに手を当てて手のひらがすっぽりはいる状態

「おでこ」は元々広い人もいますので、一概には言えません。

なので、眉毛から生え際まで6cm以上あればM字ハゲが進行していると考えていいでしょう。

おでこに手を当てて、手のひらがすっぽりはいる状態は、M字ハゲの初期段階と言えます。

生え際などの抜け毛が多くなっている時期で、徐々に前髪のコシが弱くなり、ボリュームも減ってきます。

この段階は育毛剤やAGAクリニックなどで、早急な治療が必要な時期ですが、まだ十分に回復させることができます。

髪の地肌が完全に見えている

前頭部の髪のボリュームがかなり減ってきて、地肌が見えている状態は危険な中期段階と言えます。

抜け毛が全体的に多く、生え変わる髪が細い産毛のようなものばかりで、M字ハゲも更に後退している状態です。

M字ハゲの中期段階は、頭頂部も薄毛の進行が始まっている可能性があります。

この段階では育毛剤では回復が難しくなってきます。

AGAクリニックなどの治療であれば、まだ十分に回復できますが、予断を許さない状況です。

頭頂部からもハゲていてもはやM字で無くなっている

M字ハゲだけではなく、頭頂部からも薄毛が進行したため、M字ハゲと呼べない状態。

薄毛とも呼べないハゲの状態は、M字ハゲの末期段階と言ってもいいでしょう。

ほぼ全体に広がったハゲは、育毛剤などでは回復が難しい手遅れの段階です。

AGA治療薬などを使うのが一般的な治療であり、ある程度は回復できるかもしれません。

しかし、生え際部分は毛細血管が少ないため、M字ハゲの回復できる確率が低下します。

末期段階になる前に治療をはじめる方が、薄毛は回復する確率も上がるのです。

M字ハゲが末期の人がやるべき3つのこと

末期状態からの対策とは?

M字ハゲも末期段階になると、対策方法も限られたものになってしまいます。

続いてはM字ハゲの末期の人にもおすすめの対策方法を紹介します。

AGA治療の専門医に相談

M字ハゲや薄毛の90%以上は、AGAに該当すると言われています。

AGAは、AGAクリニックなどのAGA治療であれば、末期段階のM字ハゲでも回復できる可能性があります。

AGA治療には、医薬品のAGA治療薬を使ったものが一般的です。

代表的なAGA治療薬(成分)には、以下の2つがあります。

プロペシア プロペシアの有効成分フィナステリドには、AGAの原因を抑制してヘアサイクルを正常にして、脱毛を改善する効果があります。
ミノキシジル ミノキシジルには、毛乳頭細胞や毛母細胞に働きかけて発毛を促進させる効果があります。

AGAを改善するには、AGAの原因を抑制してヘアサイクルを正常にすることが最優先事項です。

更に眠っている毛根に働きかけて発毛を促します。

AGA治療薬を使った治療は、現時点で最も効果的な治療法であり、かなり進行した薄毛の状態でも改善していくことが可能です。

植毛で髪を復活させる

植毛のメリット、デメリットとは

植毛は、自分自身の後頭部や側頭部から毛根をくり抜き、ハゲている部分に移植する「自毛植毛」と言われる手術が主流になっています。

自毛植毛は末期まで進行してしまったハゲでも、高い確率で改善できる方法です。

続いて、自毛植毛のメリットとデメリットについて解説したいと思います。

自毛植毛のメリット

  • 自毛植毛で移植した部分の髪の毛は、半永久的にAGAになることなく成長する
  • 怪我や火傷でAGA治療でも発毛できない人でも植毛することができる
  • AGA治療よりも早く発毛させることができる
  • 90%以上の高い定着率で、発毛の確実性が高い
  • 自分の髪の毛が生えるので嬉しい

自毛植毛のデメリット

  • 手術料金が高額になる
  • 移植した部分は抜け毛にならないが、他の部分は薄毛が進行するので、追加で自毛植毛しなければならない
  • 移植元や移植先に傷跡が残ることがある

自毛植毛は治療ではなく「手術」になります。

しかし定着率が高く、移植した髪は薄毛になることなく安心ですが、上記のようなデメリットも存在します。

しかし、AGA治療薬でも効果が出なかった人においては、有効的な薄毛改善の手段といえるでしょう。

育毛は諦めて坊主でM字ハゲを目立たなくする

育毛や発毛だけがM字ハゲの改善方法ではありません。

潔く坊主にしてしまうのも、M字を目立たなくする改善方法のひとつです。

特に何も手入れをする必要もなく、経済的にも負担が無いのでおすすめです。

M字ハゲが末期ではない人がやるべき3つのこと

まだ末期じゃなかったときは?

M字ハゲなどの薄毛は、適切な治療で回復させることができますが、末期に近づくほど回復できる確率が低下していきます。

末期になる前に対策をする事が大事

末期に近づくほど薄毛治療の回復確率が低下していきます。

特にM字ハゲは、額の生え際に毛細血管が少ないことから、治療薬などの効果が届きにくいので回復が難しいと言われています。

M字ハゲは特に、末期段階になる前に対策をすることが重要です。

初期段階であれば、育毛剤でも回復できる可能性がありますが、中期段階以降はAGA治療薬を使った治療が最も効果的です。

手遅れになる前に早めに対策をするようにしましょう。

生活習慣の見直しで対策

初期段階であれば、生活習慣の見直しでM字ハゲをある程度改善することができるかもしれません。

そこで生活習慣の具体的な部分について解説していきたいと思います。

生活習慣の見直しには

不規則な睡眠時間の改善と睡眠不足の解消 不規則な生活を改善して、6時間以上の睡眠を取るように見直しましょう。
ストレスの軽減や解消 ストレスは血行不良を引き起こしますので、育毛や発毛に必要な栄養素が届かなくなります。適度にストレスを解消するようにしましょう。
運動不足の解消 運動不足は新陳代謝の低下や血行不良の原因になりますので、髪が育ちにくくなります。適度な運動をするように見直しましょう。
食生活の見直し 食事が偏ると、髪の毛が成長不良になります。たんぱく質やビタミン、亜鉛などをバランスよく摂取できるように、食生活の見直しをしましょう。
喫煙や過度な飲酒を止める 喫煙や過度な飲酒は、育毛や発毛に必要な栄養素を消費してしまうので、髪の成長が阻害されてしまいます。禁煙と適度な飲酒を心掛けましょう。

生活習慣が乱れることによって、育毛や発毛を妨げてしまうことがあります。

1つでも心当たりのある方は見直すようにしましょう。

育毛剤で対策

末期でない限りは育毛剤も有効な手段です。

ただ、有効といっても育毛剤は最低でも3ヶ月~半年ほど使い続けてようやく効果が出てくるものです。

さらにいくら効果が出ても、使用をやめればまたハゲは進行してしまいます

なので、自分に合う育毛剤を見つけて、長期間使い続けれるよう、値段などのプランを立てることが大事です。

ここではおすすめの育毛剤を3点紹介します。

プランテルEX

まずご紹介したい育毛剤は、AGA専門のプランテルEXです。

プランテルEXの最大の特徴として、リデンシルと独自成分ペブプロミンαを配合しているところが挙げられます。

リデンシルは、ミノキシジルよりも高い育毛効果を発揮する成分で、5%という高濃度での配合が実現しました。

また独自成分ペブプロミンαはAGAの原因である5αリダクターゼを阻害する働きに期待ができます。

他にも、3種類の有効成分、23種類の植物成分、16種類のアミノ酸を配合。

更にはパラペン、シリコンなど、6種類の添加物を排除しているので、敏感肌の方でも安心して使用することができます。

定期便で購入すると単体価格が安くなるだけではなく、全額返金保証もついてくるので、お得感がいっぱいですよ。

プランテルEXは2018年のリニューアル直後から予想を大幅に上回る売れ行きのため、商品の生産が追いついていない状態が続いていました。

現在では復旧していますが、いつ再び同じ状況に陥ってしまうのかわかりません。

使用を検討される方は公式サイトをご覧の上、早めの購入をオススメしています。

AGA通信スタッフ

公式サイトはこちら

チャップアップ

ネット販売での育毛剤の中で、かなりの人気を誇っているのがこのチャップアップです

その人気の秘密を見ていきましょう。

チャップアップの有効成分は、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCです。

どれも頭皮の環境を整える効能のある成分で、これらがバランスよく配合されています。

そして一番の特徴は公式サイトの定期便利用者には30日の返金保証制度が永久返金保証制度になるというもの。

また、2017年から3年連続で世界的な商品の品質品評機関である、モンドセレクション金賞を受賞しています

チャップアップの品質の確かさが証明されていますね。

初めて育毛剤を使う方は試してみてはいかがでしょうか?

公式サイトはこちら

ブブカゼロ

ブブカゼロは過去4回に渡るリニューアルを経ており、そのたび性能を高めてきました。

最大の特徴は、ミノキシジルと同等の効果があるとされている、M-034という有効成分の含有量です。

最初に比べて、今やその含有量はなんと200%増となっています。

しかもM-034は海藻由来の自然成分なので、副作用の心配がないので安心して使えます。

その他、血流促進に定評のあるセンブリエキスをはじめとする有効成分が頭皮環境を整えてくれます。

さらに使用アルコール量をギリギリまで減らすことで頭皮に優しい育毛剤に仕上がっています。

定価が16,200円と育毛剤にしては高額ですが、公式サイトから定期便利用だと77%0FFで購入できますよ。

公式サイトはこちら

末期かどうかを検査する方法がある!?

クリニックで検査ができる?

AGAクリニックなどでは、血液検査や遺伝子検査を受けることができます。

検査により薄毛の原因や状態などを調べることができます。

血液検査で調べる方法

血液検査を受けると、健康状態や髪に必要な栄養状態、血液中の男性ホルモンの量などを確認することができます。

そのため血液検査でM字ハゲかどうか、ある程度は判断することができます。

またM字ハゲの末期状態かどうかの正確な判断は難しいかもしれませんが、クリニックでのカウンセリングである程度判断して貰えるでしょう。

遺伝子検査で調べる方法

AGAクリニックで行うことができる遺伝子検査では、遺伝によって薄毛になりやすい状態であるかなどを確認することができます。

遺伝子検査とカウンセリングで、M字ハゲの末期状態であるかをある程度判断できるかもしれません。

M字ハゲが末期の人は要注意!

ハゲには早めの対策を

今回はM字ハゲの末期症状と、その対策について解説してきました。

M字ハゲは、進行すると回復にも時間が掛かります。

また末期段階のM字ハゲは、元の状態に回復できない可能性もあります。

早期発見と早期治療が、M字ハゲには大切です。

M字ハゲの早期発見には、AGAクリニックなどでカウンセリングを受けることが確実です。

初回のカウンセリングを無料で行っているAGAクリニックも多いので、M字ハゲの治療方法などで迷っている人には是非おすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です