20代前半のM字ハゲの対策方法【完全版】若いのにハゲる理由とは

20代前半のM字ハゲをどうにかしたい…

男性の薄毛に多いM字ハゲ

M字ハゲといえば、中年以降の男性に多いイメージがありますが、実はそうではありません。

まだまだ若い20代前半の方でもM字ハゲに悩む方が増えているのです。

M字ハゲは治りにくいイメージがありますが、20代前半の方の場合まだM字ハゲの初期段階であり、改善の見込みは十分あります。

今回は20代前半であらわれるM字ハゲの特徴とその原因、そして今すぐできる対策方法についてご紹介していきます。

20代前半でM字ハゲになる理由

まだまだ若いと言われる20代前半の方にも、M字ハゲの症状があらわれる人が増えています。

なぜ、M字ハゲで悩む20第前半の男性が増えてきたのでしょうか?

20第前半からm字ハゲになるのはどうして…?

そもそもM字ハゲとは前髪の生え際が後退していく症状です。

前から見た時に生え際がM字のような形をしていることからM字ハゲと呼ばれています。

この症状はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる症状の一種です。

AGAの一種にM字ハゲというハゲ方があるのです。

年をとってからならまだしも、20代前半のうちから自分がM字ハゲになると想像していた人は少ないのではないでしょうか。

しかし、しっかりと対策をすれば若ければ若いほど改善の可能性が見込めるのです。

正しい対策をするために、まずはM字ハゲになってしまう理由からみていきましょう。

M字ハゲの原因DHTとは?

M字ハゲ(AGA)になってしまう原因にDHTという男性ホルモンがあります。

DHTによる薄毛のことをAGA(男性型脱毛症)と呼び、実は薄毛の男性の多くがAGAによる薄毛と言われているんですよ。

M字ハゲの原因であるDHTについて知るために、AGAによってM字ハゲが進行するメカニズムを説明します。

生え際のM字部分には、アンドロゲンレセプターという器のようなものがあります。

その器に男性ホルモンであるDHTが入ると髪の毛がうまく成長できずに抜けてしまうのです。

この症状をAGAと呼びます。

つまり、M字ハゲの原因はDHTがアンドロゲンレセプターに入ることなんです。

DHTを生成する5αリダクターゼ

M字ハゲの原因は、DHTとアンドロゲンレセプターでしたね。

しかし、アンドロゲンレセプターは生まれつき持っている器なので改善することができません。

m字ハゲを改善するにはDHTの数を減らす必要があります。

ここでDHTについてもう少し詳しくみてみましょう。

DHTはテストステロンという男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が結びついて作られます。

テストステロンは男性らしさを形成する大事な男性ホルモンです。

なのでDHTを抑制するためには、
・5αリダクターゼを抑制する
・テストステロンと5αリダクターゼが結びつくのを防ぐ
の2つのやり方があります。

後々紹介しますが、これに役立つのが育毛剤です。

育毛剤は薄毛の原因のDHTの生成を防ぐための薬なんですよ。

M字ハゲはストレスが原因かも?

20代前半など若いうちでのM字ハゲはAGA以外の原因が考えられます。

それはストレスです。

20代はまだ容姿や学業、人間関係など、さまざまな評価に悩まされストレスを感じやすい年代です。

どうしてストレスが原因でm字ハゲになってしまうのでしょうか。

過度なストレスには、自律神経を見出し血管を収縮させる作用があります。

この血管を収縮させる作用がM字ハゲの原因になっているんです。

実は、栄養は血液によって体中に運ばれています。

そのため血管が収縮してしまうと髪の毛に必要な栄養素を頭皮まで運ぶことができなくなってしまうんです。

特に生え際は血管が細くなっているため、十分な栄養素が届かなくなってしまいます。

そのためストレスが原因でM字ハゲになってしまうことがあるのです。

20代前半でもこの4つに当てはまればM字ハゲ!?

生え際が薄くなってきたかもと思う20代前半の男性は多いです。

しかし、まだまだ若いので本当にM字ハゲになってしまったのか判断が難しいのではないでしょうか?

20代前半であれば、たとえM字ハゲであっても、早期に発見して対策をすることで進行を食い止める期待ができます。

そこで、M字ハゲの特徴を説明していきます。

M字ハゲの特徴に当てはまるかどうかで自分がM字ハゲが判断しましょう。

髪の毛が細く短くなってきた

AGAによるm字ハゲの場合、DHTの影響によって、髪の成長期が極端に短くなっています。

本来健康な髪は2年~6年の期間をかけて、太く長く成長していくのですが、AGAの影響を受けていると、毛母細胞の分裂が抑制されるため、髪が太く成長できません。

このため髪の成長期間は、数ヶ月~1年程度と短くなり、AGAによるm字ハゲの場合、細く短い髪が次第に増加していくことになるのです。

毎日100本以上の髪がぬける

続いて毎日の抜け毛の量が変化していないかどうかをチェックしましょう。

毎日100本以上抜け毛がある場合もM字ハゲかもしれません。

AGAが発症すると、髪の成長期が短くなるため通常ではまだ成長途中の髪でも、細いまま抜けるようになります。

このためAGAの兆候があらわれはじめると、抜け毛の量が増えるのです。

健康な人の抜け毛は多くても約100本ほどと言われています。

それ以上抜け毛があると、M字ハゲの兆候かもしれません。

また、抜け毛が短い、細い場合もM字ハゲの可能性があります。

抜け毛が短い場合成長途中の髪の毛が抜けていると考えられるので、生え際などをチェックするようにしましょう。

放っておいても抜け毛が改善されることはありません。

次第に生え際が後退し、薄毛が進行してしまうかもしれませんよ。

抜け毛が痩せ細くなっている

またM字ハゲは、抜け毛の量だけでなく、抜け毛の状態を観察することでも判断することができます。

同じ抜け毛であっても、健康な髪が自然に抜け落ちた場合、その抜け毛は毛根から毛先までの太さがほぼ同じで、かつ髪の根元の毛根部分がふっくらと丸くなっています。

一方AGAによるM字ハゲの場合、DHTの影響によって、髪が太く成長する前に髪が抜け毛になってしまいます。

このため細く短い毛、または毛根も小さく細い抜け毛が増えることになるのです。

抜け毛の状態を見てM字ハゲかどうか判断してみましょう。

M字ハゲ部分がやたらかゆい

実は、M字ハゲ部分にかゆみを伴う場合、AGAではなく、脂漏性皮膚炎による抜け毛が考えられます。

脂漏性皮膚炎とは、頭皮の皮脂分泌によって、マラセチア真菌が繁殖し炎症を起こす病気です。

マラセチア真菌が皮脂を分解して、頭皮に刺激の強い遊離脂肪酸を作り出すため、頭皮が炎症を起こし、抜け毛の要因となるのです。

この症状による抜け毛の場合、頭皮の炎症が治ることで抜け毛も無くなります。頭皮がかゆく炎症があらわれている人は、皮膚科を受診するのが良いでしょう。

20代前半のM字ハゲにも段階がある?

さて、自分がM字ハゲかどうかを判断してもらいましたね。

M字ハゲかもしれないと思った人はどのくらい症状が進行しているのでしょうか。

M字ハゲは進行度合いで対策の方法が変わってきます。

自分がどのくらいM字ハゲを進行しているのかを知って効果的な対策をしたいですよね。

続いては、症状の進行度合いを判断してみましょう。

少しおでこが広いと感じるのは初歩

AGAによるM字ハゲの場合、まずは前髪の生え際から薄毛の影響があらわれ、少しずる生え際が後退することによっておでこが広がっていきます。

つまり、いきなり薄毛によって生え際がM字型になるわけではありません。

M字ハゲの初期では、まだ前髪の抜け毛が気になる程度、少しおでこが広くなったと気になる程度なのです。

この時点で、治療や対策を開始すると進行を予防し、薄毛を改善できる期待が持てるのです。

M字ハゲを隠すのが難しいのは進行が進んでいる証拠

AGAは進行していきます。

そのため放置しいると、どんどん抜け毛が増え薄毛が目立つようになります。

気づいた時には、少しずつ生え際のM字型がはっきりと浮き出てくることになります。

このため、M字ハゲを隠すのが難しいくらいの生え際が後退していると、すでにAGAがある程度進行している状態とも言えるのです。

また、なかなか気がつきにくいことですが、実はAGAによるM字ハゲの場合、生え際だけでなく頭のつむじ部分、つまり頭頂部からも薄毛の兆候があらわれる可能性があります。

M字ハゲばかりに気を取られ見落としがちとなるので、定期的に手鏡などを利用して後頭部もチェックしておくことがおすすめです。

M字ハゲだけでなく全体的に薄いのは末期

さらにM字ハゲが進行していくと、つむじハゲの部分とつながってしまいます。

この状態まで進行すると、いくら治療を開始してもボリュームのある髪の状態まで回復するのは難しくなります。

これは、いったん毛穴から髪が生えなくなると、その期間が長ければ長いほど、再びその毛穴から髪を生やすことが難しくなるためです。

このため、AGA治療では早期発見と早期の治療が重要視されています。

薄毛対策をいますぐ知りたい方はこちら→

若くしてM字ハゲになってしまった有名人

まだ若さを謳歌できる20代前半で、自分がM字ハゲかもしれないと思うと、本当に落ち込んでしまいますね。

しかし、若いにもかかわらずM字ハゲになってしまうことは、決して珍しいことではありません。

ここからは、若いのにも関わらずM字ハゲになってしまった有名人についてご紹介します。

山本耕史さん

まずご紹介するのは、人気女優の堀北真希さんと結婚したことでも話題の山本耕史さんです。

演技力も高く、またかっこいいルックスで人気の山本耕史さんもまた、若くしてM字ハゲの症状があらわれた有名人のうちの一人です。

現在ではM字ハゲをカバーするために、前髪の生え際を隠して、前髪をふんわりとさせていることがわかります。

このように工夫することで、前髪の生え際が一見するとわからなくなります。

M字ハゲで生え際を隠したい方は、山本耕史さんの髪型を参考にすると良いでしょう。

ダンスユニットのISSAさん

ISSAさんは、1996年から活動するボーカルユニットDA PUMPのボーカルとして、現在も活躍を続けています。

そんなISSAさんは、男らしい顔立ちとワイルドな雰囲気で女性にも高い人気を誇り、数々の浮名を流してきました。

その一方で、人気バラエティー番組に坊主頭で登場したとき、ISSAさんの前髪の生え際がかなり後退していたことから、M字ハゲであると噂が広まったのです。

しかしその後のISSAさんが後悔した自分の画像では、しっかり生え際部分に髪が生え揃っていたことから、地毛植毛したのではないかとの憶測が広まっています。

現在では、髪を伸ばしさまざまなヘアスタイルを楽しんでいるISSAさん。

このような前向きな活動からも、M字ハゲになったからといって、決してあきらめる必要が無いことがわかります。

北島康介さん

北島康介さんと言えば、アテネオリンピックや北京オリンピックで平泳ぎの金メダルを獲得した競泳選手です。

そんな華麗な経歴を持つ北島康介さんですが、実はM字ハゲ疑惑が存在しています。

北島康介さんの若い頃からの写真を時系列で見比べて見ると、生え際が少しずつ後退し、M字型に近づいていることがわかります。

現在北島康介さんは、ヘアスタイルを刈り込みの多いツーブロックにして、額を出す髪形をしています。

前髪にボリュームがあるため、おでこの印象が薄くなりおしゃれに見えます。

M字ハゲが気になる方は、北島康介さんのヘアスタイルを取り入れてみると良いでしょう。

①M字ハゲには頭皮環境を良好にするヘアアイテムを!

これ以上抜け毛を増やさないためにも、すぐにできる対策は無いのでしょうか?

一番手軽にできる脱毛予防は、育毛剤を活用することです。

育毛剤で頭皮環境を改善

育毛剤を使用することで頭皮環境を改善する効果が期待できます。

M字ハゲで抜け毛が増えている方は、頭皮環境が悪化している可能性があります。

頭皮環境が悪化していることで、頭皮の炎症やかゆみなど、健康な髪が育ちにくくなっていることが考えられます。

また度重なる緊張やストレスなどで、頭皮の血行が悪化し、髪が栄養不足に陥っている可能性も否定できません。

そういった場合は、育毛剤で頭皮環境を改善することがお勧めです。

育毛剤には、

  • 頭皮のかゆみや炎症を鎮めて頭皮環境を安定させるタイプ
  • 頭皮の血行を促進することで毛母細胞への栄養供給を増やして髪を育ちやすくするタイプ
  • AGAの要因である体内酵素5αリダクターゼを阻害することによって、DHTの生成を抑制して抜け毛を予防するタイプ

などがあります。

入浴後や出勤前など、1日1回または2回程度で育毛対策ができるので、毎日の生活に手軽に取り入れることができる点が、大きなメリットと言えるでしょう。

育毛剤は直ぐには効果はでない

手軽に始められる育毛剤ですが、効果を実感するまでにはある程度時間がかかるようです。

早い人で3ヶ月普通の人だと6ヶ月ほど効果を実感するまでに時間がかかると言われています。

これは髪の毛のヘアサイクルの周期に関係しています。

育毛剤は、頭皮環境を改善することで乱れたヘアサイクルを元通りにする効果が期待できます。

そして、M字ハゲの人は髪の毛の成長期が短いなどヘアサイクルが乱れています。

ヘアサイクルが乱れていたうちの髪の毛が抜け毛、新しい健康な髪の毛が生えてくるまでに6ヶ月ほどかかるのです。

そのため育毛剤を使用してもすぐには効果を実感することはできないのです。

AGA通信おすすめの育毛剤!

育毛剤が効果的と話をしましたが、どんな育毛剤を使用すればいいかわからない方も多いと思います。

そこで、M字ハゲの方におすすめの育毛剤をご紹介します!

M字ハゲで悩んでいる方にはこれしかないと言えるほどおすすめ育毛剤ですよ。

M字ハゲにおすすめのプランテルEX

M字ハゲに評判の高い育毛剤はプランテルEXです。

プランテルはもともとM字ハゲ専用の育毛剤として販売されていました。

そのプランテルが2018年6月に製薬会社と共同開発のもと、AGAに効果が期待できる育毛剤へと生まれ変わったのです。

注目の成分は「リデンシル」と「ペブプロミンα」です。

これらの成分のおかげで、薄毛の原因をブロックし、発毛を促す効果が期待できるんですよ。

ペブプロミンαはプランテルEXの特許出願成分のため、プランテルEXでしか効果を体感することができません。

気になった方は、公式サイトを確認してみてください。

公式サイトはこちら

②20代前半のM字ハゲには適切な栄養バランスを!

20代でこれ以上M字ハゲを進行させないためには、栄養バランスという視点も大切です。

髪も体と同じ栄養素を受け取って成長をしているため、栄養素が不足することは、抜け毛や薄毛につながるだけでなく、傷んだ髪に見える原因となるからです。

髪にとって必須の栄養素とは?

髪にとって必要な栄養素は、髪を構成している原料から読み取ることができます。

髪はおもにケラチンとよばれるタンパク質でできています。

そしてこのケラチンを構成するアミノ酸のうち、メチオニンと呼ばれるアミノ酸は、体内で合成することができないため食事から摂取することが不可欠

このため鶏胸肉チーズ大豆製品などからメチオニンを摂取することが大切なのです。

また食事から摂取したアミノ酸は、ミネラルを使用してタンパク質に合成されることになります。

このため健康的な髪を育てるにはケラチンの材料となるアミノ酸だけでなくミネラルを摂取することが大切なのです。

ミネラルの一種である亜鉛には、ケラチンを合成する働きがあります。

また抜け毛を促進させる酵素を抑制する効果も期待できます。

亜鉛豚のレバーパルメザンチーズなどで摂取することができますよ。

栄養素はサプリメントでも取れる

本来ならば食事から栄養素を摂取することが理想的ですが、仕事や学業、つきあいなどに忙しく、なかなか栄養バランスまで考えて料理をする時間が無いという方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、サプリメントを活用して髪に必要な栄養素を摂取することです。

日常の食事では摂取しにくい栄養素をサプリメントで補うことで、無理の無い育毛対策をすることができるでしょう。

③20代前半のM字ハゲには質の良い睡眠を!

実は睡眠不足によっても、M字ハゲなどの薄毛が進行すると言われています。

これは人間の体が夜眠っている間に、成長ホルモンが分泌されて、日中受けたダメージを修復するとともに、古くなった細胞を新たな細胞と入れ替える新陳代謝が行なわれているためです。

髪や頭皮もまたこの新陳代謝の影響を受けているため、睡眠不足になると、スムーズに髪や頭皮の新陳代謝が行なわれなくなってしまいます。

その結果抜け毛や薄毛の要因となってしまうわけです。

また睡眠不足は、それ自体がストレスとなってしまいます。

ストレスは自律神経に影響を与え、血管を収縮させるため頭皮の血流の悪化による毛母細胞が栄養不足に陥ってしまいます。

結果的にヘアサイクルが乱れて、M字ハゲなど薄毛が進行する要因となってしまうのです。

軽い運動でぐっすり睡眠

M字ハゲ改善①適度な運動

以上の理由から、睡眠の質を高めることは、M字ハゲの改善に役に立ちます。

睡眠の質を高めるためには、毎日の軽い運動習慣を心がけるのが効果的。

適度な運動は心地よい疲労感を与えてくれるため、夜の寝つきを良くします。

睡眠の質が高まり、成長ホルモンの恩恵を受けやすくなりますよ。

睡眠2時間前は口に物を入れない

M字ハゲ改善②夜食はやめましょう

食事をすると、その食事を胃腸は消化しなければなりません。

このため眠る前に食事をすると、胃腸が活発に動き始めるため、睡眠の質が浅くなってしまうのです。

いったん胃腸が消化を始めると3時間はその作業にあてられることになります。

このため夜眠る前に食事をすると、胃腸が働いているため、その指令を出す脳も完全に休むことができなくなってしまいます。

また胃腸が働くことで体内の深部温度が上昇してしまうことも、睡眠の質を下げてしまう理由です。

人間の体は、夜21時以降自然に体温が下がるメカニズムとなっています。

そしてこの体温の低下とともに眠気が訪れるため、夜眠りやすくなるのです。

夜寝付きが悪い人に睡眠前に入浴をすすめる理由も、同じ理由によるものです。

入浴によって体温をいったん上げておくことで、体温が下がるとともに眠気が訪れることを利用して、眠りにつきやすくできるからです。

以上から眠る2時間前には、食事をするのを控えるのがおすすめです。

④20代前半のM字ハゲには適度な運動を!

まだまだ若い20代前半のM字ハゲの場合、毎日の生活に運動習慣を取り入れることもおすすめ。なぜなら運動不足の生活は、筋肉を衰えさせることで、体内の血流を悪くしてしまうためです。

頭皮にある毛母細胞は、毛細血管から酸素や栄養素を受け取って分裂することで髪を作り出しています。

このため体内の血行を良くすることは、頭皮の血行を改善することにつながるのです。

とくに体のふくらはぎや太ももといった大きな筋肉は、心臓から送られてきた血液を送り返すポンプの役割を果たしています。

このため適度な運動によってこれらの筋肉を鍛えると、血行を改善する効果が期待できるのです。

ジョキングやストレッチで代謝アップ

毎日手軽に実践できる運動と言えば、ジョギングストレッチでしょうか。

ジョギングは、週末などの休みの日に実行することもできますし、通勤前や帰宅後の時間に行なうこともできます。

またストレッチなら雨などの天候に左右されず運動したいタイミングでいつでも行なえるのが魅力ですね。

このように適度な運動習慣を身につけることで、筋肉が鍛えられ血液の巡りが良くなります。

その結果、酸素や栄養素がスムーズに運ばれるようになるため、代謝がアップしてエネルギー消費量が増え、痩せやすくなるといったメリットも期待できます。

汗をかいて不純物を排出

適度な運動をすることで汗とともに、AGAの原因であるDHTが体外に排出されるというメリットも見逃せません。

DHTは毛母細胞の分裂を阻害し、抜け毛を加速させる原因物質ですから、できるだけ少なくしたいものですね。

運動習慣によってDHTを減らすことができるのであれば、やってみる価値は十分あると言えるでしょう。

20代前半のM字ハゲについてまとめ!

いかがでしたか?

今回は20代前半の方にも起こりうるM字ハゲの要因と、今すぐにでも実践できる対策についてご紹介しました。

まだ若い盛りの20代でM字ハゲかもしれないという事実はショックなものですよね。

でもまだ若いだけに早めの対策をすることで、その進行を食い止め髪のボリュームを維持することも十分期待できます。

まずは自分のM字ハゲの進行がどの程度なのかを、ご紹介した方法でしっかりと確認しましょう。

そして自分に合った方法で対策をすれば、まだ十分に間に合うことが20代の特権と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です