片方だけM字ハゲができた!その対処法について調査!

片方だけM字ハゲが…どうすればいいの?

片方だけハゲになるの!?

最近、左と右のこめかみのうち、片方のみがまるで剃り込みを入れたように後退してきたということはありませんか?

もしかしたら、それはM字ハゲと呼ばれる薄毛の症状かもしれません。

M字ハゲといえば、左右均一にバランスよく、生え際が後退していくかのようなイメージがありますが、必ずしもそうなるとは限りません。

M字ハゲには、両端のうち片方のみの薄毛が進行していく、への字のような進行の仕方も存在しているからです。

今回は、このように片方の生え際のみが後退していくM字ハゲの症状と、片方だけ薄毛が進行する理由、そして片方のみのM字ハゲの対処法についてご紹介していきます。

すぐに対策方法が知りたい方はコチラ

そもそもM字ハゲの正体とは

さて、そもそもM字ハゲとはいったい何なのでしょうか?

ここからはM字ハゲの正体に迫っていきます。

M字ハゲはAGAの一種

M字ハゲは、最近認知度が高まってきたAGA、つまり男性型脱毛症のひとつのパターンと言われています。

このため、女性にも薄毛に悩む方はいるものの、M字ハゲのように生え際が後退するようなハゲ方は、どちらかと言えば男性に多いことが特徴です。

またAGAは、男性ホルモンが体内の酵素と結びつき、活性化することが引き金となって症状があらわれます。

活性化した男性ホルモンは、髪の成長に関係している毛母細胞の分裂を阻害するため、髪が太く長く成長する前に抜け落ちてしまうのです。

このようにAGAでは、髪の成長期が極端に短くなってしまうため、放置しておくと次第に細く短い髪が頭皮を覆うようになり、地肌が目立つようになってしまいます。

M字ハゲの特徴

最近抜け毛が増えた、またはこめかみ周辺の髪が細くなった、または前髪のセットが決まりにくくなったと感じている方は要注意です。

M字ハゲは、AGAの一種ですから、放置しておくと進行していくことが特徴として挙げられます。

このため最初は前髪の生え際が薄くなってきたと感じる程度でも、次第に生え際は後退していくことに。

さらに進行すると頭のつむじ部分、つまり頭頂部にも抜け毛の症状があらわれます。

最終的には両者がつながって、髪は側頭部と後頭部にしか残らなくなってしまう可能性があるのです。

これがM字ハゲ、つまりAGAは早期対策と治療が大切と言われる理由です。

薄毛が進行する前にしっかりと対策をすれば、薄毛の進行を遅らせ、豊かで健康的な髪を維持できるようになるからです。

片方M字ハゲになりやすい傾向の人

どういう人か片側M字ハゲになりやすいの?

実際のところM字ハゲの中でも、片方のみ生え際の薄毛が進行しやすい人はいるのでしょうか?

そもそも人間の体は、完全に左右均等というわけではありません。

身近な例を挙げれば、左右の視力が違っていたり、眉毛の形が左右では少し違っていたりします。

また立っているときや座っている時に、知らず知らずのうちに左右どちらかに体重をかけているという人も多いのではないでしょうか。

このような姿勢の歪みは、体の一部に余計な負担を与え、血液の流れを悪くする要因となります。

このため、頭皮の血行が悪くなっている片側から薄毛の影響があらわれることは、十分にありうることなのです。

 

片方だけM字ハゲになりやすい人の特徴のほかに、M字ハゲ自体になりやすい人の特徴についても紹介していきましょう。

食事が偏っている人

体と同じように、髪も栄養素を受け取って成長しています。

このため何気ない毎日の食生活が、薄毛にも影響を与えているのです。

特にカロリーが高く、脂っこい食事は、頭皮の皮脂分泌を過剰にして毛穴を詰まらせ、髪の成長を邪魔してしまいます。

また皮脂を栄養分に繁殖した雑菌によって、頭皮が炎症を起こし抜け毛の要因となることもあるのです。

さらに髪はケラチンと呼ばれるタンパク質でできています。

このためタンパク質やタンパク質を合成するのに欠かせないミネラルが不足した食事もM字ハゲの要因となります。

睡眠時間が不足がちな人

さらに睡眠が不足すると、そのこと自体がストレスとなり、自律神経が影響を受けて血管が収縮してしまいます。

その結果頭皮の血行が悪くなって、髪の成長に必要な栄養素が毛母細胞に届きにくくなってしまうのです。

また人間の体は眠っている間に成長ホルモンが分泌され、昼間のダメージを修復するとともに、新陳代謝が活発に行なわれています。

この時間帯に髪が作られているため、睡眠不足が長期間継続すると、M字ハゲになる可能性があります。

片方M字ハゲの放置はNG!

片方のみのM字ハゲを放置しておくと、どうなってしまうのでしょうか?

まだ薄毛の症状が片方のみだから、気にするほどではないと思っていませんか?

そのままにしておくとM字が鋭角になる

M字ハゲは、AGAの一種ですから、放置しておいて自然に治ることはありません。

むしろその薄毛の部分は少しずつ後退し、角度が鋭角になっていくことが予想されます。

このため片方しか症状があらわれていないからといって、決して油断することはできないのです。

最後には全体的なハゲに発展

AGAは進行していくことが特徴ですから、時間の経過とともに、生え際が後退するだけでなく、次第に頭のつむじ部分、つまり頭頂部にも薄毛の兆候あらわれることになります。

そして最終的には、薄毛がどんどん進行して生え際と頭頂部がつながり、髪は側頭部と後頭部にしか残らなくなってしまうのです。

このまま放置すると、側頭部や後頭部の髪も無くなってしまう可能性があります。

髪の前髪の生え際ばかりに気をと取られていると、なかなか頭のつむじ部分の薄毛には気がつきません。

このため、時々手鏡を使用して、後頭部に薄毛の症状があらわれていないか、確認するようにしましょう。

実はAGAの進行の速さには個人差があるため、一概にどの程度の期間で、最終的なハゲに至るのかを言うことはできません。

早い人の場合、数ヶ月程度で一気に髪が薄くなったことに気がつく人もいます。

一方、進行が遅い人の場合、数年間かけて髪が減っていく場合もあるのです。

しかし、いずれにせよ言えることは、AGAのまま放置しておけば、自分の髪はどんどん減少していくということです。

このためできるだけ早い段階で対策をすることが大切なのです。

片方M字ハゲはどう判断するか?

片方のみにあらわれている薄毛の症状が、本当にM字ハゲなのかどうかについて、どのようにして判断すれはいいのでしょうか?

もちろん、片方しかなくても、M字ハゲかどうかは判断することができます。

片方のみの場合、生え際がM字の形にならなくても、への字のように角度がだんだん鋭くなっていくことで、判断をすることができます。

また気になる生え際部分の抜け毛が増えたり、産毛のような短く細い髪が増えているとしたら要注意と言えるでしょう。

生え際の髪が柔らかくコシが無くなったといった特徴の変化でも判断できます。

またM字ハゲはAGAの一種ですから、遺伝も影響していると言われています。

このため自分の祖父や父など血縁関係の方に薄毛の方がいると、薄毛になりやすい体質が自分に受け継がれている可能性があります。

したがって、外見上の特徴に加えて、血縁関係に薄毛の方がいる場合、片方のみでM字ハゲが進行中の可能性は十分にあると言えるでしょう。

迷ったら病院を受診して判断しよう!

病院やAGAのクリニックに行こう!

自分で以上の条件で判断してみても、片方のみのM字ハゲかどうかよくわからないという方は、1度病院を受診してみるのがおすすめです。

皮膚科などの病院の他に、毛髪外来やAGAクリニックなど薄毛の症状を治療の対象にしている病院は、たくさん存在しています。

クリニックによっては、検査の実施によってAGAの進行度を調べてくれるクリニックもあります。

また医師によって直接毛髪や頭皮を診断してもらえるため、自分の薄毛の原因がはっきりわかることもメリット。

薄毛が一時的な症状なのか、今後進行していく可能性が高いAGAによるものかが明確になります。

原因と対策が解明されることで、将来への薄毛の不安から解放され前向きな気持ちになれることも、病院受診をおすすめする理由のひとつです。

片方M字ハゲの対処法をチェック!

片側だけのM字ハゲとわかった時は、その後具体的にどんな行動を取ればよいのでしょうか?

まずおすすめなのは、やはり病院やクリニックに通うこと。

病院・クリニックで治療する

クリニックや病院などで診てもらう!!

M字ハゲはAGAのひとつのパターンですから、放置しておけば、やがて進行していきます。

病院で医師から処方された薬を正しく服用して、これ以上薄毛が進行しないようにこころがけることが大切です。

一方AGA治療は、効果が期待できる半面副作用のリスクもあります。

実際のところ、AGA治療薬として有名なプロペシアでは、性欲減退や勃起不全などの副作用が報告されているのです。

このような副作用のリスクが心配な方は、手軽にできる育毛剤の使用がおすすめ。

AGAヘアクリニック

まずご紹介するのはAGAヘアクリニックです。

AGAヘアクリニックの魅力は、
・通院の必要がない
・料金が安い
の2点です。

AGAヘアクリニックは、家にいながら電話で診療をしてくれるのでクリニックにいく必要がありません。

そのため、近くにAGAクリニックがないや忙しくてクリニックにいく時間がない人でも気軽に診療を受けることができます。

さらに、診察料は無料です。かかるのは薬代だけ。

そのため料金が安いのもこのクリニックの魅力です。

初めてAGAクリニックに通ってみようという人におすすめのクリニックとなっていますよ。

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックは、月々3,400円~薄毛治療がはじめられるクリニックです。

高額な治療のイメージが強いですが、効果の高い内服薬の治療もジェネリック薬品があります。

また、AGAスキンクリニックオリジナルの発毛薬は、ドクター自ら効果を実感した自信作。

1カ月14,000円からはじめられるので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

無料相談はこちら

ヘアメディカル

ヘアメディカルは、内服薬と外用薬で薄毛治療をするクリニック。

月に32,000円以上の治療費はかからないので、そんなにお金をかけたくない人にも安心です。

他のクリニックと比べて治療法は少ないものの、無理な勧誘もなく治療費の上限も決まっているので通いやすいですよ。

それに、ただ薬を処方して終わりではなく、副作用や他の病気の有無、食や生活習慣などもドクターによる治療が徹底されています。

親身になった治療が行われており、実績豊富なクリニックです。

無料相談はこちら

銀座総合美容クリニック

患者満足度1位を目指すクリニック。

通院する側の一番の負担は、やはり金銭面ですよね。

銀座総合美容クリニックは、患者さんの負担を理解した治療価格を提示しています。

初診費、診察費、血液検査費用は8,740円とリーズナブルな価格です。

また、再診は無料なので、お薬代のみにしかかかりません。

そのお薬も、7,020~18,900円なので継続しやすいお値段ですよ。

また、片方のM字ハゲなら、部分的な治療のノーニードル育毛メソセラピーもおススメです。

無料相談はこちら

育毛剤を使用する

育毛剤は片方のハゲにも効果あり!!

最近販売されている育毛剤には、育毛効果があると厚生労働省が認定した有効成分が、定められた濃度で配合されている医薬部外品の育毛剤が登場しています。

医薬部外品の育毛剤は、医師が処方する薬ほど高い効果は期待できないものの、副作用の心配が少なく、穏やかな薄毛の予防、改善効果が期待できます。

育毛剤は薬局やドラッグストア、インターネット上で購入できるため、自分に合った育毛剤を選ぶのがおすすめです。

プランテルEX

1つ目にご紹介したいのが、AGA専門育毛剤プランテルEX

プランテルはもともと男性のM字ハゲに特化した育毛剤でした。

そんなプランテルが2018年6月にリニューアルしたのです!

これによりM字ハゲ以外の方でも高い効果を実感できるよう成分配合が生まれ変わりました。

もちろん引き続きM字ハゲの方には効果が期待できる商品となっていますよ!

お値段は、9,700円と少し高いですが、プランテルにしか配合されてない成分もあるのでチェックしてみてはいかがでしょうか?

もちろん30日間の全額返金保証制度も整っていますよ。

ただし、プランテルEXは予想を大幅に上回る売れ行きのため商品の生産が追いついていないようです。

下記のボタンからアクセスし、公式サイトが問題なく表示されれば現在は注文可能ですが、ここ数ヶ月間は表示されない状態が続いています…

もしかすると今は買えるかもしれないので、ぜひ一度アクセスして確認してみてくださいね。

AGA通信スタッフ

公式サイトはこちら

ポリピュアEX

2つ目にご紹介するのは、ポリピュアEXです。

シリーズ累計450万本突破するなど、若い人から年配の方まで愛用者の多い育毛剤です。

ポリピュアには長年の研究の結果開発された、海洋由来の酵母エキスが配合されているのが特徴。

ナノサイズの成分なので頭皮の奥までしっかりと浸透し、乾燥しがちな肌を潤しつつ頭皮環境を整えてくれるでしょう。

そこに3つの育毛有効成分がM字ハゲへアプローチし、髪の毛の成長をサポート

定期コースは6,800円と、今回ご紹介する育毛剤の中では最安値。

45日間の全額返金保証もついているので、一度試してみてはいかがでしょうか?

公式サイトはこちら

フィンジア

最後にご紹介する育毛剤はフィンジアです。

フィンジアは話題の2つの育毛成分を配合していることでも知られていますね。

それが「キャピキシル」と「ピディオキシジル」。

キャピキシルは、M字ハゲを引き起こすAGAを抑制する作用があると言われ、海外を中心に実際に治療に使っているクリニックもあるそうです。

またピディオキシジルは、発毛成分のミノキシジルと似た構造をしており、髪の毛の成長を促す効果が期待できますよ。

発毛を促したいけど、クリニックや発毛剤には抵抗がある…という男性にはフィンジアをおすすめします!

公式サイトはこちら

片方M字ハゲを正しく判断

いかがでしたか?

今回はM字ハゲの中でも、片方のみ薄毛の症状があらわれるM字ハゲの特徴についてご紹介しました。

M字ハゲといえば、左右均等に生え際が薄くなるイメージがありますが、必ずしもそのように進行するとは限りません。

いずれにせよ、M字ハゲは進行していくことが特徴なので、片方しか薄毛の兆候があらわれていないからといって安心できるわけではありません。

自分が片方M字ハゲとわかったら、生活習慣の改善とともに、育毛剤を使用してみる、または病院を受診するなど、早期の対策をすることで、薄毛の進行を予防しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です