ハゲが前からやってきた?その理由と克服する方法を調査

前からくるハゲはどう対処するの?

自分の髪が薄くなる…という現象は、初めて気付いた時は恐怖すら感じるものです。

初期の頭頂部からくる薄毛は、真上から見なければわかりません。

他人からは気付かれにくいですが、 自分で気づくことも遅れて対策が遅くなってしまいます。

しかし前からくるハゲの場合はさすがに隠しようもなく、その進行は徐々に確実に進んで行きます。

  • このようにM字にハゲていく原因はなんなの!?
  • 兆候を見極める方法は?
  • ハゲる前に対策を打つことはできるのか?

といった「M字ハゲ」の悩みを克服する方法、またカバーする方法を模索してみましょう。

前からハゲるのは「M字ハゲ」

前からやってくるハゲは、主にM字ハゲと呼ばれています。

では、M字はハゲとはどんな症状なのでしょうか?

どのような特徴があるのでしょうか?

それらについて、まずは確認してみましょう。

M字ハゲとは何か?

そもそも「M字ハゲ」とは何か。

前からM字型にハゲてくるからM字ハゲということは知っているかと思います。

そのM字ハゲの原因はAGAと言われています。

簡単に言うと、

「AGA」:

正式名称「Andoro Genetic Alopecia」=「男性ホルモン型脱毛症」が主な原因で起こる男性の薄毛の症状のひとつです。

もちろん他の原因で前からハゲてきていることも十分に考えられます。

自分は何が原因でハゲてきているのかを知ることが改善の鍵になるでしょう。

M字ハゲの特徴的なポイント

M字ハゲはひたいの左右生え際が前から徐々に髪が後退していき、最終的にアルファベットの「M」のようにハゲてしまうことからネーミングされました。

生え際がM字に見えることが大きな特徴ですね。

白人男性に多く見られていた薄毛の症状ですが、近年では日本人男性にも多く見られるようになっています。

また最近では、M字ハゲが発症する年齢が若年化しており、まだまだ若い10代、20代のうちから始まる場合もあります。

またその割合が年々増加傾向というのが問題になっています。

M字ハゲに年齢や性別は関係ある?

このAGAは女性にも発症するって知っていましたか?

女性の場合は「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれます。

これは女性にもわずかに分泌される男性ホルモンが影響するため起こります。

女性の場合前からハゲてくるというより全体的に薄くなるという症状の方が多いようですね。

大抵は「M字ハゲ」というと男性に多い薄毛の症状ですが、女性でも「M字ハゲ」に悩む方はいます。

このように年齢や性別問わずM字ハゲになる可能性はあります。
でも、年齢や性別によってその主な原因は変わってくるのです!

前からハゲる原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか?

前からハゲるメカニズム

でもそもそもなんで前からハゲてくるのでしょうか?

髪の毛が生えているところならどこからハゲてもいい気がしますよね。

そういえば後ろだけハゲているという人はあまり見たことがありません。

なぜ前からハゲてくる人多いのでしょう?

M字ハゲのメカニズムに理由が隠されていました!

ハゲの根源ジヒドテストロンとは?

そしてこのメカニズムの鍵を握っているのが、AGAの元となる男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」です。

このDHTは、男性ホルモンのひとつである「テストステロン」が、頭皮に存在する酵素「5αリダクターゼ」と結合することで生成されます。

通常の男性ホルモン(テストステロン)と違ってこのDHTという男性ホルモンが前からのハゲに関係しているのです!

前からのハゲの原因がAGAの場合、このDHT(ジヒドロテストロン)が原因でハゲているということを覚えておいてください。

ジヒドテストロンが働くハゲの作用

さて、問題はどうして前からハゲる人が多いのかでしたね。

その理由はDHTを作る酵素である「5αリダクターゼ」に隠されています。

この5αリダクターゼという酵素は、主に前頭部と頭頂部の毛乳頭内に存在しているのです。

5αリダクターゼは良質な男性ホルモンのテストステロンをハゲの原因である悪性の男性ホルモンのジヒドロテストロンに変えるという性質を持っています。

5αリダクターゼと結合し、DHTとなった男性ホルモンがハゲの原因になるのです。

この5αリダクターゼがちょうどM字の部分に多いため、前からハゲる人が多いのです。

前からハゲるその他の原因

前からのハゲはいろんな要因が複雑に絡み合っておこっています。

つまり、原因が一つではないのです。

そのため何が原因かわかっていないと対策をしていても効果が出にくいということがあります。

だからハゲ対策は難しいと言われているのですね。

では、このようなM字ハゲになってしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?

これから探ってみましょう。

過度なストレス

まず考えられるのは過度なストレスです。

ストレスによって前からハゲる!?

ストレスによる薄毛は重要で根深い問題で、ストレスを溜めやすい人が薄毛傾向にあります。

特に若い人はこのストレスが大きな原因で前からハゲてきている、という人が多いようです。

思春期頃は人間関係や、部活と勉強の両立でストレスもたまりやすいかと思います。

過度なストレスは「血行不良・頭皮の栄養不足」を招き、m字ハゲの原因になってしまうようです。

また、原因になるだけでなく、m字ハゲの進行を加速させる要因にもなってしまいます。

暴飲暴食など食生活の乱れ

前からのハゲにかかわらず乱れた食生活は、あらゆる薄毛を加速させる要因になります。

暴飲暴食も前からのハゲの原因に!

薄毛を促進させる最も際たる食物成分は「脂質(アブラ)」です。

男性に限らず最近は女性も脂質の多い食べ物をよく食べていますよね。

日々のストレスから暴飲暴食してしまったり、忙しさのあまりファストフードで食事を済ませているとどんどん前からハゲてきてしまいますよ!

食生活を見直すことはハゲの対策の最低限のレベルです。

食生活を改善せずに育毛剤を使っても効果が出ないことがありますから注意してくださいね!

睡眠の極端な不足

そしてまた睡眠不足も前からのハゲを促進します。

毛母細胞という1つの細胞が分裂を繰り返して髪の毛は成長していきます。

髪の毛の成長に必要な成長ホルモンは、眠ることで分泌されるものなのです。

健康で丈夫な毛髪を育てるためには十分な睡眠無くしては不可能と言えるでしょう。

また睡眠は量だけでなく質も重要です。

睡眠の質を上げるために寝る15分前からはスマホの画面を見ないなどの工夫をするといいですよ!

前からハゲるかも…心配な人はセルフチェック!

前からハゲてきても最初はなかなか気付きにくいものです。

本当に徐々に…じわじわとまるで身長が伸びるようにm字ハゲは進行していきます。

普通にしていたら気付けませんよね。。

そこで早い段階で発見し対策を施すためには、日頃のセルフチェックが必要不可欠になってきます。

m字ハゲの進行をチェックする方法はいくつかあると思いますが、比較的簡単にできる方法を3つ紹介します!

→ すぐに対処法が知りたい方はこちら

前髪の頭皮は硬くなっているか?

前からハゲてきた!!なんてことが始まる前には必ず予兆があるはずです。

その予兆を見逃さないようにするにはチェックポイントがあります。

そのポイントのひとつが頭皮のチェックです。

頭皮の硬さをチェックしましょう

頭皮チェックは頭皮が硬いか、柔らかいかです。

この違いは今後の薄毛の進行に大きく関わってきます。

ある美容師によると、
大勢の客の頭髪をシャンプーしてきて「頭皮のブヨブヨな人と岩のようにカチカチの人」がいることに気付くそうです。

頭皮のカチカチの人に共通するのが、いずれも(男女問わず)「髪が細くて少ない」ということ。

このことから、頭皮が硬く弾力のない人は将来m字ハゲになる確率は高い、ということが言えます。

頭皮が硬いということは、血流が滞っている証拠なのです。

カチカチで、まるで頭蓋骨を触っているかのような感触の頭皮の場合、すぐに改善策が必要ですよ。

前髪が以前より後退してないか?

次に、日頃から前髪や生え際などをチェックしておくことでも前からハゲていることに早く気づけます。

前髪が後退しているか、していないかの判断基準として病院などで活用されている方法をご紹介します。

m字の最も深い部分(いちばん剃り込んでいる所)と耳の真上の延長線上の間隔が2㎝以下の場合、m字が進行して前髪の後退が進んでいるとみなすという判断基準で行う方法です。

もちろんこの間隔には個人差があります。

自分の過去を今を比べて間隔が狭まっていたら前からのハゲが進行していると判断して間違いなさそうですね。

前髪の髪は痩せ細ってないか?

さらにチェックポイントとして重要なのが、毛髪そのもののチェックです。

前髪の毛の状態を観察すること。

気になる部分の毛を1本抜き、その毛根部分をチェックします。

チェック項目は以下の2つです!

1, 毛根が痩せてないか:

正常な毛根はマッチ棒のようにポッコリと膨らみがあります。
毛根部分の形がいびつだったり、白い膜のようなものが付着していたり、痩せていたりしている場合は危険度大。

2, 毛自体が細い・短い:

髪の毛周期サイクルが正常に機能していない可能性があります。
このように痩せ細ってしまっている状態も危険度MAXです!

克服①前からのハゲに育毛剤を利用!?

チェックをしてみてどうしたか?

自分は確実に前からハゲてきている!と気づいた方もいるかと思います。

安心してください!早期発見で治る確率が高まりましたよ。

改善には、原因の改善と、育毛剤の使用などのプラスαの努力必要となってきます。

原因の改善はわかるけど、育毛剤はいっぱいあってどれを使えばいいのかわからない。

そんな方のために1本!自信を持っておすすめできる育毛剤を紹介します!

育毛剤の効果を試そう

育毛剤を試す上で、成分のチェックは重要です。

特に前からハゲてきている場合、「DHT」を抑制できる成分を配合した育毛剤を選びたいですよね。

このDHTに対抗するためには、

  • オウゴンエキス
  • ヒオウギエキス
  • センブリエキス

などの優秀な成分が配合されていることが条件となります。

これらの成分が配合されているおすすめの育毛剤とは一体なんなのでしょうか?

AGA男性に人気の薬用プランテルEX

そのおすすめの育毛剤がAGA専用育毛剤のプランテルEXです。

2018年にリニューアルして以来、現在も予約注文でしか買うことができないほど人気のプランテルEX。

そんなプランテルEXはもともとM字ハゲ専用の育毛剤でした。

そのためもちろんM字ハゲに効果的な成分がたっぷり含まれています。

上記で紹介した成分だけでなく、プランテルEXにしか配合されていない特許出願成分のペブプロミンαもDHTを抑制する成分の1つです。

成分にこだわっている、プランテルEXですが、実は製薬会社、毛髪診断士、ヘアサロンと共同で作られているのです。

これだけの専門家が団結して作った育毛剤なので高い効果が期待できますね。

通常購入 13,800円(税込)
定期購入 9,700円(税込)

定期購入で買ったほうが断然安いですね。

定期購入で買ったとしても、1回で辞めることもできるので定期購入で買うことをおすすめします。

さらに、定期購入で買うと30日間全額返金保障制度がついてきますよ。

肌に合わないなどもう使わないと思ったら返金してもらえますよ。

ただし、プランテルEXは予想を大幅に上回る売れ行きのため商品の生産が追いついていないようです。

下記のボタンからアクセスし、公式サイトが問題なく表示されれば現在は注文可能ですが、ここ数ヶ月間は表示されない状態が続いています…

もしかすると今は買えるかもしれないので、ぜひ一度アクセスして確認してみてくださいね。

AGA通信スタッフ

公式サイトはこちら

克服②前からのハゲに栄養素のある食事を摂取

前からのハゲはいろんな原因が絡まって起こっていました。

この原因の1つに偏った栄養バランスがあります。

毎日摂る食事に気を使うことによって改善していきましょう!

すべての食事に気を使うことはなかなか難しいですが、将来の髪のためを思って少しでもAGAを食い止める食生活を心がけましょう!

ハゲの改善には栄養素が欠かせない理由

前からのハゲを改善するには十分な栄養が不可欠です。

髪の毛を作るのは育毛剤ではなく栄養です。

まずは乱れた食生活を整え、栄養状態をしっかりとしたものにする必要があります。

食事による頭皮への栄養の供給が滞りなく正常に行われれば、頭皮の環境が健康になり、健康な髪が育つ環境も整うのです。

代表的な栄養素はイソフラボン

前からのハゲに有効な栄養素は、まず髪と同じ成分からなるタンパク質です!

その中に含まれる「必須アミノ酸」は食物からしか摂ることができません。

髪のためには、タンパク質の摂取が第一なのです!

タンパク質の代表的な食材として「イソフラボン」で有名な「大豆製品」です。

大豆イソフラボンにはAGAの原因となる男性ホルモンを作り出す酵素(5αリタクターゼ)を抑制する作用があるのです。

その他にも、重要な成分としては「亜鉛」があり、ナッツ類(アーモンドやピーナッツ)に多く含まれます。

さらに鶏肉・ワカメ・緑黄色野菜・レバー・フルーツなどをバランスよく摂取するよう心がけましょう。

克服③ハゲ対策に有効な有酸素運動

前からのハゲ ・薄毛の改善には生活の中に適度な運動を取り入れることも大変有効です。

肝心な部分は「有酸素運動」であることです。

意外と知らない有酸素運動の定義。
どんな運動のことを有酸素運動というのでしょうか?

有酸素運動とは?

そもそも有酸素運動とは何なのでしょうか?
フツーの運動とどう違うのでしょう?

有酸素運動とは、ジョギングやウォーキングなどのゆっくりした動作で、会話をしながらできる程度の運動で、長時間続けられることが特徴です。

酸素をたくさん使って運動するため「有酸素運動」と呼ばれています。

有酸素運動は主に脂肪を燃焼させることが目的なためダイエットなどにも有効です。

他には「サイクリング・水泳・ヨガ・ストレッチ」なども有酸素運動として挙げられます。

有酸素運動がハゲの改善につながる理由

有酸素運動をすることは、前からくるハゲの改善に役立ちます。

有酸素運動自体は身体に良さそうですが、どのようにしてハゲ改善の役に立つのでしょうか?

心肺機能を高め、血管の柔軟性が上がるため血流が改善する

血行が良くなれば、あらゆる末梢神経へも血の巡りが良くなるので、当然頭皮の毛細血管までもが活性化されます。

ストレス発散

少なからずAGAにも影響を与えるストレスも、ただひたすら体を動かすことで適度な爽快感や満足感を得られるので、溜まっていたストレスも発散されることがあります。

DHTの抑制

有酸素運動で体を動かすことでテストステロン自体は増加しますが、筋肉や骨の生成に使われるため5αリダクターゼとの結合が抑えられます。

つまり、有酸素運動をするとDHTの生成を抑えることができるのです。

またDHTは汗や尿によって排出されるため運動&水分補給で代謝を増やすことで、よりDHTを体内から追い出すことができますよ。

克服④睡眠はハゲの改善の必須事項

慢性的な寝不足は明らかにハゲを加速させます。

なぜなら、毛髪は寝ている間に育成されるから。

眠ることで髪の成長ホルモンがたっぷりと分泌されるのです。

寝不足は髪の成長ホルモン分泌を阻害

寝不足が続いたり毎日の睡眠の質が悪いと、交感神経が優位になり自律神経のバランスが崩れます。

自律神経のバランスが崩れると血流障害が起き身体機能が低下。

慢性疲労や倦怠感など、体のあらゆる部分に影響を及ぼすことになります。

しかも髪を成長させる成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため、睡眠自体がなくなれば当然成長ホルモンが分泌されることはありません。

薄毛を改善するためには、何が何でも睡眠時間を確保して髪のための成長ホルモンを分泌させることが大切なのです!

睡眠のゴールデンタイムはいつか?

さらに言えば、成長ホルモンが最も多く分泌される時間帯は、午後10時から午前2時までの4時間とされています。

この時間を「ゴールデンタイム」と呼ぶのだそう。

どんなに睡眠時間が短い人でも、せめてこの4時間だけは睡眠を確保するように努力を!

しかしただ単に睡眠時間を長くしたからといって薄毛が改善されるわけではなく、眠りの質も重要になってきます。

なぜなら成長ホルモンが多量に分泌されるのは、寝てから最初に始まるレム睡眠中、つまり深い眠りの時なのです。

よって ただ眠ればいいというわけではなく、必ず1度は深い眠り(レム睡眠)の時間がなければ意味がないということになります。

克服⑤ストレスを発散する方法

ストレスは前からのハゲの原因になるだけでなく、体のあらゆる部分の機能を低下させます。寝不足だけでなく、このストレスによっても交感神経は活性化されます。

交感神経などの自律神経系は、自分の意思では制御することはできません。

このようなストレスは、できるだけ発散する方向で自分なりの発散方法を見つけておくことが重要です。

ストレスはそもそも体に悪い

交感神経が活発になると興奮状態になり脳が覚醒した状態が続き、筋肉の緊張・発汗・心拍数の増加・血圧上昇などの症状が見られ、血管は収縮します。

「心臓がドキドキする」「手汗がひどい」「暑くもないのに冷や汗が出る」といったような状態を1度は経験したことがあると思います。

このようなストレスは、髪だけでなくそもそも体にとっても悪影響を及ぼします。

交感神経が活性化され続けると、当然自律神経のバランスがおかしくなり体に様々な症状となって現れます。

肩こり・冷え性・頭痛・倦怠感・胃腸不全・不眠症・注意力散漫・精神病 など。

精神を病むほどの重篤な症状にならないよう、くれぐれも溜め込まない努力を!

体を動かしストレス発散

ストレスを軽減し自律神経の乱れを正常に戻すには、副交感神経を優位にする生活を送ることが大事です。

その場合に有効なのが、適度な運動。

自分の意思で行う運動は精神的に達成感や満足感を生み「良いストレス」となり体に影響します。

これは「悪いストレス」への免疫力を高め、ストレスホルモン(コルチゾール)の分泌を抑えることにつながります。

前からくるハゲ対策を考えるのであれば、運動がもたらす「血行促進効果」は見逃せません。

前からのハゲについてまとめ!

前からくるハゲはもう治らない。と決めつけて諦めてしまったら、もうそこから改善する道は閉ざされてしまいます。

諦めつつ希望を捨てず、何事もポジティブにいけば活路は開けるものです。

まずは髪のための生活習慣改善から始めて見てはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です