【ハゲてきた!】生え際の対処法を紹介

生え際が薄くなってきた?

生え際が気になってきたら…

歳を重ねるにつれて気になるのが、髪の毛の生え際の後退ですよね。

どんな時にハゲてきたことに気づくことができるでしょうか?

シャンプーをした後、寝起きの枕など、抜け毛を目の当たりにするポイントはいくつかあります。

しかし、事前に自分の生え際の状態を記録している方はそんなにいらっしゃいません。

したがって、ハゲてきたかな?いや、気のせいだろう、とその場の判断で見過ごしてしまうことが、ほとんどといえます。

特に若い方であれば、まだハゲる年齢ではないと、見てみぬふりをしてしまう場合もあるかもしれません。

気のせいであればいいのですが、薄毛は早期発見、早期治療が何よりも大切です。

今回はAGAの初期症状である生え際のハゲをどのように見抜けばいいのか、ポイントをご紹介したいと思います。

また生え際がハゲてきてしまった場合、どのように対処すればいいのかについても解説していきます。

まずは生え際のハゲの特徴を3つ確認!

生え際薄毛とは、おでこが広くない人が、だんだんとおでこが広がっていくことを意味します。

最近、ここ数年でおでこがハゲていきたと感じてはいませんか?

あるいは、生え際の髪の毛が弱弱しくなってはいませんか?

生え際の薄毛は、AGAの初期症状のひとつです。

進行性なので、放置すると更に後退して、同時につむじハゲもみられるようになり、頭髪全体に広がっていきます。

もともとおでこが広いからと安心している方も注意が必要ですよ。

ここでは、生え際がハゲてきた時の特徴を3つご紹介したいと思います。

m字ハゲとも呼ばれる

m字ハゲとも呼ばれる

生え際がハゲてきた状態は、M字ハゲと呼ばれています。

M字ハゲは、前頭部の両側の薄毛が著しく進行し、生え際がM字のように見えてしまうことから名づけられました。

M字ハゲのごく初期段階は、あまり目立たないので気づかない場合が多いといえます。

しかし、進行するにつれて、髪型が不自然になっていったり、剃りこみを入れたような形になってしまうのです。

あまり知られていないところとして、M字部分は、左右平等に進行していくわけではありません。

もし血行不良の部分がどちらかに偏っていれば、どちらか片方の生え際だけが薄毛になってしまうのです。

このようにM字と言ってもバランスの良いM字ではなく、不自然なバランスに進行するケースが多いので注意が必要です。

若い人にも多く見られる

若い人にも多く見られます

M字ハゲは、高齢の人よりも若い人に多く見られます。

高齢な人になると、もはやM字ハゲが進みすぎて、頭全体のハゲになってしまっている人が多いといえます。

AGAを発症する平均年齢、実は20~30代が多いとされているんですよ。

しかし現代ストレス社会、中高生から薄毛になる方も多くいらっしゃいます。

このように、若いからといって見て見ぬふりしては、症状を進行させてしまう原因となります。

そのまま放置すると、同時に頭頂部のつむじハゲも進行して、気づいた時には育毛剤では手遅れになることもあります。

薄毛かな?と気になった時には、すでにハゲの初期症状だととらえて対処法を検討してみましょう。

早期治療が大事

なによりも早期治療が大事です

M字ハゲは、一気に抜け落ちるなど、極端に進行するものではありません

特に初期段階は、前髪などに隠れながら、気づかないうちに少しづつ進行していくものです。

そして、ふと気づくと前よりも明らかに前頭部の左右の毛がハゲてきたことで、症状が判明することが多くなっています。

このような進行状況では、目立たない時期から治療を開始することはなかなか難しいですよね。

この時期に治療を開始していくことができれば、見た目の変化も少なく、早めに改善できるメリットがあります。

とにかく薄毛・ハゲは早期発見、早期治療が大切です。

早めに治療を行えば行うほど、改善の可能性は高くなるんですよ。

この記事を読んだ時が、治療のはじめ時かもしれませんよ。

生え際が薄くなる理由

生え際が薄くなる理由とは

生え際が薄くなる理由については、AGA(男性型脱毛症)が大きく関係しています。

そもそもAGAは、男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結びつくことからはじまります。

これらが結びつくことで、強力な男性ホルモン・ジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。

このDHTが正常なヘアサイクルを乱れさせ、脱毛を引き起こすのです。

それではなぜ、前頭部や頭頂部からハゲはじめるのでしょうか?

その理由としては、5αリダクターゼの受容体がその部分に集中して存在しているからなのです。

そのため、生え際の薄毛が気になる方は、AGAの影響を受けている可能性が高いといえます。

そして、同時に頭頂部の薄毛も進行している可能性も考えられるので、注意しましょう。

また、頭皮環境が悪化し、血行不良を引き起こしている場合も、薄毛を招く原因とされています。

生え際のハゲは「指4本」が危険のサイン!?

生え際のハゲは「指4本」が危険のサイン!?

それでは、どのように生え際の薄毛の初期段階を見分ければいいのでしょうか?

まず、一番簡単な方法としましては、眉毛と生え際の間に「指4本」が入るのか試してみましょう。

もし、すっぽりと指4本が入ってしまった場合は、M字ハゲの可能性を疑ったほうがよいとされています。

あるいは、それ以上の指が収まった場合は、何らかの対処法を早めに行った方がよいと言えるでしょう。

しかし、もともとおでこが広い方に関しては適応しないこと、ご承知おきくださいね。

これはあくまでも、一番簡単な方法です。

更に正確にハゲの進行を調べたい場合は、定期的に生え際の写真を撮影してみることをお勧めします。

生え際がハゲてきたらすぐ行動するべき!?

生え際がハゲてきたら早めの対策を!

上記では簡単な判断方法をご紹介しました。

もしかしたら薄毛の初期症状かな?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

また前髪だけではなく、全体的にボリュームが落ちたと感じていらっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

抜け毛の数は少なくても、一本一本の髪の毛が不健康に細くなって、ボリュームが落ちている可能性もあります。

特に、パーマをかけている方や、短髪の方は気づきにくいかもしれませんね。

自分で判断できない場合は、専門クリニックなどに受診されることも一つの手だと思います。

ひとまず、ハゲてきたかな?と生え際に違和感を覚えたらAGAを疑い、対策をはじめてみましょう。

もちろんハゲる前に、予防として対策を行うことも有効的だといえます。

生え際がハゲてきな人がやるべき3つのこと

ここまで、気がついたら早めに対策を行うことをお伝えしてきました。

生え際のハゲを初期段階で見つけることができれば、それだけ早く対策を行なうことができますよね。

生え際のハゲはAGAの影響を受けている可能性が高いので、場合によっては専門的な治療を受けるという選択もあります。

しかし、クリニックでのハゲ治療は基本的に保険適応外になります。

できることならば、クリニックに受診する前に段階で、自分でできることを行っておきたいですよね。

それでは自分でできる対策として、どのようなことを行えばいいのでしょうか?

そこで、ここでは、生え際のハゲの対策方法についてご紹介していきたいと思います。

生活習慣を見直す

生活習慣を見直してみましょう

まず薄毛の改善のために一番大切なのは、生活習慣を改善するところです。

しかし生活習慣を見直そうといっても、何からはじめれば良いか戸惑ってしまうかもしれません。

生活習慣には食事睡眠運動などがあり、これらを総合して見直していく必要があります。

まず食生活について説明したいと思います。

栄養バランスを考えた食事を摂取していますか?

高脂質なものばかり食べていませんか?

仕事で追われ忙しい時、ファーストフードやカップ麺だけで食事を済ませてしてしまう方も多くいらっしゃるでしょう。

しかし、高脂質でバランスの偏った食事ばかり行っていると、血液はドロドロになります。

すると血行不良となり頭皮に栄養を運ぶことができず、薄毛を進行させてしまいます。

また皮脂も過剰に分泌されて、頭皮トラブルの原因にもなってしまいますので、注意が必要です。

睡眠をしっかりとりましょう

それから睡眠も、薄毛にとっては大切な部分になります。

質の高い睡眠を、毎日十分に取れていますか?

人間の成長ホルモンは、就寝後に分泌されて、昼間受けたダメージを修復してくれるのです。

また質の高い睡眠は、体内の消化吸収排泄作用を高めていくことや、新陳代謝を正常に保つために必須といえるものです。

また、精神的に落ち着いた状況をつくりあげることにも影響していきます。

しっかりと睡眠をとるために、就寝前にリラックスができる状況をつくりことを心がけましょう。

また、適度な運動も薄毛対策には大変効果的です。

その際は筋肉トレーニングなどの、激しい無酸素運動は必要ありません。

ウォーキングやストレッチなどの、適度な有酸素運動を行うことをお勧めします。

普段ならエレベーターを使用するところを、階段を利用するなど、簡単にはじめることができますよね。

上記のことを、すべて行うのは無理かもしれませんが、できることからはじめてみませんか?

きっと、いい効果があらわれることでしょう。

ストレスがないかチェック

ストレスがないかチェックしてみましょう

この現代のストレス社会、ストレスを切り離して生活するのは難しいですよね。

薄毛対策には、ストレスの影響を受けていないかのチェックも大切です。

ストレスを自分で測ることは難しいですが、自分を客観的に見るよう心がけると、比較的チェックはしやすくなります。

仕事でミスが多い、眠れない、疲れやすいというのはネガティブな情報と捉えがちです。

しかし、自分のストレス状態を明確に表している信号でもあるので、しっかりとチェックをして、ストレス解消につなげることが大切です。

ストレスを溜めてしまうと頭髪のみならず、心身に大きな悪影響を及ぼす可能性があります。

できるだけストレスを溜めないよう、心がけながら日ごろの生活を送ってみましょう。

育毛剤を使う

ハゲてきた時、あるいは将来のハゲを予防したい時に最も有効的なものは育毛剤を使用することです。

といっても、いざ育毛剤を購入しようとなると、多くの商品が存在しているので迷ってしまいます。

そこでご紹介したいのは、人気の育毛剤チャップアップです。

チャップアップはモンドセレクション金賞を2年連続で受賞した、高品質の育毛剤です。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミン塩酸塩の3種の有効成分を配合。

ほかにも55種類の天然成分、15種類のアミノ酸が、血行を促進し、頭髪環境を整える働きをしてくれます。

しかも無添加無香料なので、敏感肌の方でも安心して使用することができますよ。

さらにチャップアップは返金保証制度も整っているので、初心者の方にもお勧めです。

気になった方は一度、公式ホームページをご覧くださいね。

公式サイトはこちら

まとめ

早期治療で生え際を守りましょう

生え際のハゲを早期治療で改善していくことは、将来のハゲをも予防することになります。

ハゲ治療を始めるということは、ハゲを認めることにもなるので、抵抗を感じることがあるかもしれません。

しかし、現在では多くの若い方がハゲや薄毛に悩み、薄毛治療のハードルは低くなっているといえます。

また、インターネット通販などでは、中身を知られることなく購入することもできるので安心ですよね。

ハゲてきたのに、見て見ぬふりをしていたら、最終的に育毛剤では手遅れになっていたということも、しばしば。

そして結局、高額な治療費と時間がかかることになってしまいます。

とにかく、生え際に違和感を感じた時点で、育毛剤の使用を検討しましょう。

インターネット通販などでは、中身を知られることなく手軽に購入することができます。

それと同時に習慣の改善を心がければ、より早い薄毛の改善に期待することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です